Xunantunichってどう読むの? 2019年2月6日(水) 425日目(サンイグナシオ)

  • 2019.02.06 Wednesday
  • 23:35

日付:2019年2月6日(水) 天気:晴れ

移動距離:なし 総移動距離:21,423km

本日の移動:San Ignacio

 

泊っているのはバルコニー付きの小さな部屋。
一応個室だけど、隣の部屋との壁はベニヤ板みたいに薄い。
でも物価が高めのベリーズで30ベリーズドル以下で
宿泊出来ているんだから文句はない。
それにバルコニーには椅子があってそこでゆっくりとくつろげる。

 
目の前のお宅には大きな木があって昨日の夕方から鳥たちが集まり出していた。
最初は鳥たちの声が素敵と思っていたが、
その数は徐々に増えていき、最終的には騒々しさすら感じていた。
しかし、とあるタイミングを過ぎると鳥たちは急に静まり返った。
彼らもお休みモードへ入ったんだろう。

翌朝になると日の出前からピーチクと大合唱。
移動しないのでのんびりしていようと思ったが、
彼らの歌声で早朝から目を覚ました。

 

朝食を求めて周辺を散策。
道ばたでテーブルを広げていたおばちゃんがいたので
ミートパイと何やら得体の知れないパンを購入した。

 

中には味付けされたひき肉と玉ねぎが詰まっていてなかなかうまい。
名前を何度も確認したけど日記を書いている今はやはり忘れている。

 

この町からベリーズの国境までは約15km。
その途中にマヤの遺跡があることを知った。
きのう、おとといの疲れがやや残っているけど、
せっかくなので行ってみることにした。

準備をして自転車を1階に降ろそうとしたところでパンクしているのが発覚。
汗をダラダラ流しながら修理をし、10時を過ぎたところで走り出した。

 

荷物がないからすいすい走れると軽い気持ちでいたが、
走り出してすぐに激坂が待ち受けていた。

この坂、明日は荷物をつけて走るんだよね・・・?

とりあえず今はそのことは考えないでおこう。

 

アップダウンを繰り返して先へと進み、
Xunantunich(シュナントゥニッチ)遺跡へ向かう道までやってきた。

 

ここで川を渡る必要がある。
川幅たったの50m弱だがそこに橋はない。
こんな風にして船で渡っていく。

 

しかも、この船の動力は人の手。
おっちゃんがハンドルをぐるぐると回して進んでいた。

 
この船を2つ繋げたら橋になりそうなのに・・・。
遺跡に行く人の人数を制限したいのだろうか。

自転車ごと船に乗って2分もかからずに対岸へ。
料金はかからない。
ただお金儲けをしたいから船を残しているわけじゃないようだ。

 

船を降りてから一気に丘を上っていく。
舗装されていると聞いていたが、
勾配がかなり急なので荷物ありの自転車だったら走り切るのは不可能だった。

 

徐々に開けていくあたりの景色を見ながら進み、入場ゲートが見えてきた。

 

中へと入りさらに坂道を登るとジャングルが途切れて遺跡群が広がっている。

 

 

 

 

特に目立つのは高さ40mのエルカスティージョというピラミッド。

何も知らずに来たけど、あまりに大きくて驚いた。

 

 

正面階段が途中までしかないのは珍しい。
ピラミッドの中腹には別の神殿みたいなものがあるようだ。

 

観光客向けに階段が作られているのでそこから上っていく。

 

中腹部分。柱が並んでいるのでやはり神殿みたいなのがあったんだろう。

 

装飾が復元されていた。メキシコで見てきたものに近い。

 

 

 

こちらが頂上からの眺め。
小高い丘の上に作られているので遠くまで見渡すことができた。

ここはベリーズとグアテマラの国境が近いので
グアテマラの町もすぐそこに見えている。

 

メキシコで見てきた遺跡よりも修復が進んでいない
ありのままの姿って感じの遺跡。

こうして土を被っているものも多かった。

 

ここに来るまで名前も知らない遺跡だったけど見応えは十分。
特にピラミッドからの眺めは素晴らしかった。
それに人が少ないってのもゆっくり見て回るにはちょうど良かった。

 

帰りも船で橋を渡りもと来た道を戻っていく。
川は遠くから見ると緑がかっているけど透き通っていてとてもきれい。

上流はグアテマラへと続いている。

小魚が泳いでいるのがよく見えた。

 

 

宿に戻ってからはスーパーにて買い出し。
出国する時に40ベリーズドル必要だと教えてもらったので
そのお金を残すためにバルコニーにて自炊する。

 

もちろんビールは欠かせないので購入するも
ベリーズのビールは高くて量が少ない。

ビンでの販売がメインで缶ビールはほとんど見かけなかった。

 

ビンそのものが重たいので缶に慣れてしまっているぼくは、
ベリーズに入ってからビールを飲むたびに
「え!?もうなくなっちゃったの!?」と空になったビール瓶を見つめていた。

 

今日はゆっくりするつもりだったが気がついたらわりと動き回っていた。
あっという間だったけどベリーズは明日で終わり。
中南米で唯一の英語圏だったけど頭が英語に切り替わるほどの時間はなかった。
咄嗟に出る言葉は「グラシアス」「シィー」「クアントクエスタ?」だった。
明日から再びスペイン語圏だからまぁいいか。
 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

 

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

昨日の敵は今日の味方だったけど・・・ 2019年2月5日(火) 424日目(ベリーズシティ→サンイグナシオ)

  • 2019.02.05 Tuesday
  • 23:48

日付:2019年2月5日(火) 天気:晴れ

移動距離:114km 総移動距離:21,423km

本日の移動:Belize City→San Ignacio

 

早めに起床して出発の準備を整えた。
走り出してからどっかで朝食を見つけようと思っていたら、
宿のおばちゃんがサンドイッチとフルーツを持ってきてくれた。


サービスというよりそもそも朝食がついていたみたい。

 
昨日はあまり話せなかったんだけど、
話してみるととっても面白い大阪のおばちゃんみたいな人。
昨日とはまるっきり印象が違う。
会った時はなんだか怖いおばさんだな〜と思っていたが、
完全にぼくが作り上げたイメージだったみたいだ。
あまり良くないと感じた町の雰囲気に、ぼくの気持ちが流されていたのかもしれない。

 

出発してすぐにいい匂いが漂っていたので、小さな店に引き寄せられた。

ミートパイのお店みたいだ。

ミートパイ、なんだか懐かしい響き。
オーストラリアやニュージーランドでけっこう食べていた。
一口サイズだったので4つほど購入し、1個だけその場で食べてあとはかばんに押し込む。
その1個だが、中身がとにかく凄まじい熱さで思わず叫んでしまった。
 

ベリーズシティはベリーズ最大の都市だというけれど、
走り出したらあっという間に抜けてしまった。
湿地帯のような草地が広がっている。

 

そんなところにある家は庭が広くて高床式が多い。

 

 

写真を撮っていたら反対車線の車に乗っていた男女が声をかけてきた。
実は、彼らも自転車旅の途中らしい。
ベリーズシティで自転車を修理に出している間、
車であたりをふらついているんだとか。

メキシコを走ってきたようでしばらく話が盛り上がった。
差し入れにジュースやらフルーツやらお菓子やらいろいろと頂いた。

もらったジュースと一緒に朝買ったミートパイを。

 


冷めちゃったけど悪くはない。ただ、ちょっと小さいけど。

 

その後は気温がぐんぐん上昇。かなり暑い。
道ばたで売っていたフルーツジュースを購入。

完全に100%のグレープフルーツ。こういうのが一番うまい。

最近は出来るかぎり砂糖を控えるようにしている。

飲み物もこういったフルーツジュースか、甘くない炭酸水をよく飲んでいる。

サトウキビだらけの国でそんなことをするのはおかしな気もするが・・・。

砂糖が大量に入った飲み物を摂取すると、

直後はいいのだが、しばらくすると眠気やちょっとした疲労を感じることが多い。

果糖やはちみつは大丈夫だと自分の中で勝手に決めつけている。

 

暑いけど今日は予想通り追い風。
東からの風に押されてぐんぐん進んでいく。
昨日は風が止んでくれ〜と願ったが、
今朝は強い風が吹いていることがわかりひとりニヤニヤしてしまった。
自転車で旅をするぼくにとって風向きはとっても重要なポイント。
  
これなら一気にサンイグナシオという町まで行けそうだ。
風や道の状況次第で途中にある首都のベルモパンで終わりにしようと思ったが、
安いホテルが多そうなのはサンイグナシオ。
お昼過ぎに首都ベルモパンに入ったが、
「ここが首都!?」と思うような小さな町。
特に何か見どころがあるわけじゃなさそうなのでそのまま通り過ぎた。

 

が、そのベルモパンを過ぎてから道が一変した。
工事中らしくガタガタ&ひどい砂ぼこりの道が永遠と続く。

 

しかも、少しずつアップダウンが増えてきた。

しばらく走ると何と道が通行止め。


回り道をしなければならない。
道の先を見るとなにやら険しい山へと続いていた。

おいおい、マジかよ・・・。勾配はどんどん急になっていく。

道は一応舗装されているものの、石がボコボコと飛び出ているので走りにくい。

自転車をガタガタ揺らし、汗を流しながらなんとか山を越えていった。


久しぶりの山道がこの険しさってのはけっこうつらい。
この先、グアテマラはさらに厳しいと聞く。
果たして越えていけるのだろうか・・・。
今後は追い風だからって100km以上を走る計画はしないほうがいいな。

 

山を越えた先は穏やかな牧場地帯となり、
そこを抜けて川を越えたらやっとサンイグナシオにたどり着いた。。

 

 

 

 

通りかかったおばちゃんが写真を撮ってくれた。

 

 

いくつかの宿で料金を聞いて回ると、
ドミトリーよりも安い個室がある宿を発見した。
部屋自体は狭くエアコンもないけど扇風機はある。
そして、小さなバルコニー付き。
そこの椅子に座ってのんびりとしていれば風が吹き抜けて心地がいい。

 

夕食は近くの食堂へ。一応、ベリーズ料理らしい。

牛肉は柔らかくておいしかった。

 

昨日の向かい風、今日の山道で体がけっこうお疲れモード。
宿代も比較的安いのでここに連泊して近くの遺跡を見に行こう。

 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

 

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

風に向かっていく 2019年2月4日(月) 423日目(オレンジウォーク→ベリーズシティ)

  • 2019.02.04 Monday
  • 23:57

日付:2019年2月4日(月) 天気:晴れ

移動距離:92km 総移動距離:21,309km

本日の移動:Orange Walk→Belize City

 

暑さと湿気のせいでけっこう寝苦しい夜だったが
朝になると一気に気温は下がった。
そのせいもあってテントは朝露でびしょ濡れ。
乾かそうと試みたけど途中であきらめて走り出すことにした。

 

ここ最近、風は東から吹いていて、
今日の道のほとんどは南東へと進んでいく。
つまりほぼずっと向かい風の中を進むしかない。
平坦な道が多かったメキシコの最後の1週間に比べると
ちょっとだけアップダウンがある。
というか、向かい風が強いせいで常に上っているような感覚。

 

おまけに道があまりよくない。
オーストラリアでよく見かけた目の粗いアスファルトである。
大きな段差があるわけじゃないけど、
この細かい粒が自転車の場合はけっこうつらい。

 

エンストしたのがバスが路肩で停まっていた。
乗客は外に出て日陰で出発を待っている。

 
こんな光景、テレビの旅番組でよく見ていた。
海外をバスで旅するのも楽じゃないな〜と他人事だったけど、
そんな国に自分がいるってのが今でも時々不思議になる。

 

道ばたにある家は昨日に続いて広い庭が目立つ。

 

風の影響でスピードが出なかったが日没前にベリーズシティへ入っていった。
ここ、ベリーズ最大の都市だが首都ではない。
ハリケーンの影響を受けることが多いため
1970年に内陸のベルモパンへ首都は移動している。

ベリーズシティはカリブ海に浮かぶ島々への観光の拠点になっている。
でも、観光客っぽい人はあまり見かけない。
どこを走っても現地の人。
昨日の時点でわかってはいたが、ここベリーズには黒人が多い。
イギリス人が奴隷としてアフリカから黒人を連れてきたことによるらしい。
また、中南米では唯一公用語は英語。
ところが、驚いたことに人々の会話はスペイン語を使っていることが多い。
なんとも不思議な国である。

 

町の中心近くで安宿を探す。何軒か調べていたけどうまく見つからない。
メキシコとはちょっと勝手が違う。
とある宿を探しながら走っていると車に乗っているおばちゃんから声をかけられた。
話をしてみると彼女はぼくが探している宿のオーナーだってことが発覚。
やはり料金はメキシコに比べると高い。
「お金がない!」と言い値段交渉をして、
ちょっとだけ安くしてもらった。
(実際に現金はほとんど持ち合わせていなかった。)

 

ところが宿に行くと予想以上にきれいで広々としていた。
値切ったことがちょっと申し訳ないほどに。

その後、夕食を求めてちょっとだけ外出したが雰囲気がいいとは言えなかった。
店は夕方になると営業を終えてシャッターを下ろす。
だから歩いている人も限られる。
もうちょっといろいろと見て回りたかったがそれは断念した。

 

昨日はうまく寝付けなかったから、
その分今日はゆっくりと広いベッドで眠れるだろう。
 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

 

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

ベリーズ入国! 2019年2月3日(日) 422日目(チェトマル→オレンジウォーク)

  • 2019.02.03 Sunday
  • 23:38

日付:2019年2月3日(日) 天気:晴れ時々雨

移動距離:84km 総移動距離:21,217km

本日の移動:Chetmal→Orange Walk in Belize

 

今日こそ本当にベリーズ入りをする。
外が少しずつ明るくなってきた頃に目覚めた。
ドミトリーなので気を使いながら荷物を外へと運び出す。
珍しく早めに動き出す人が多かった。
どこから来ている旅人かわからないが、
ぼくの上のベッドで寝ていたおっちゃんがまだ寝ている人もいたけど
何の迷いもなく電気をつけた。まぁ、こちらとしてはありがたい。

 

日曜日ってこともあって近くのお店はやっていなかったので、
出発してから途中のスーパーに立ち寄って朝食にする。

ここメキシコでタコスと同じくらい食べてきたのがBolillosというパン。

パン屋さんやスーパーのパンコーナーには必ずあって、
ひとつ約8円ととんでもなく安い。
それでいて味はなかなかのもの。
フランスパンとコッペパンの中間みたいなイメージで
外はカリっとしていて中はふんわり。
特に焼きたての場合は格別だ。

これをトルタスにしたり、さまざまな料理と一緒に食べたりしている。
ぼくはハチミツをかけたり、最近ではアボカドをのっけたり。
時間がたつと表面のカリカリはなくなっちゃうのだけど、
食べられないことはないのでいくつか買ってフロントバッグによく押し込んでいた。

 

お腹を満たしたてから国境へと向かう。
町からは15kmほどなのであっという間にたどり着いた。
情報によるとメキシコでは出国税が取られるとか。
でも、そんなものの要求はなかったという情報も見受けられる。
場合によっては係りの人が懐に入れてしまってんじゃないかと疑われる。
心配だから一応持っていこうかな〜とも思ったが、
いくつか調べてみたところ、お金を払う必要はないという結論にぼくの中で決着していた。
メキシコ側が要求しているのは入国税。
ぼくは入国の時にしっかりと180日滞在の入国税を払っている。
それを払っていない場合、7日以上の滞在の場合出国の際に支払う必要があるようだ。
というわけでほぼ一文無し状態でイミグレーションへ。

 

パスポートと入国の際にもらった書類&入国税支払いのレシートを提示すると
「メキシコに戻るのか?」とだけ聞かれ、
「ベリーズからグアテマラへ抜ける」と答えたら
何の問題もなくポンとスタンプを押してくれた。

 

そこから小さな川を渡ってベリーズに入国した。
いきなり右手には中華料理レストランがあり、
目の前にはCasinoと書かれた看板も見える。
あら?ベリーズ側の手続きはどこじゃ!?
もう普通に町に入っちゃったんだけど・・・。
気がつかずに通り過ぎたかとも思ったが、そんな建物は存在しなかった。
近くにいた係員らしきおっちゃんに聞いてみたら、
「あっちに進んでいきな。」とどう見ても町なかを通るただの道を指さした。

ちょっと不安に思いつつもとりあえず進んでみる。

 

あたりをキョロキョロしていたら

近くの食堂らしきところにいたおっちゃんが声をかけてきた。
入国したばかりだったのでちょっと身構えたぼくだったが、
あら?どっかで見たことがある顔ではないか。
彼は同じ宿にいたおっちゃん。
朝早くからドミトリーの電気をつけたあの人物だった。

「入国手続きはどこでした?」と尋ねると、
「そんなものはベリーズにはないみたいだ。
おれは昨日の午後もこの辺りをふらついたけど見つけられなかった。
ここはメキシコより10倍は適当な国だからな。はっはっは。」と。
う〜ん、そんなもんなのか?
彼はどっかへ行きたいらしくバスだかタクシーを探していた。

 

とりあえず先へ進むか。ここにいても仕方ないし。
気がつかないようなもんなら必要ないってことに違いない。
小さな食堂が並んでいる場所を抜けると大きな看板が見えた。

 

ん?イミグレーションって書いてあるけど・・・。
真っすぐ行くとフリーゾーンとなっている。
免税エリアということだろうか。
案内通りに右へと進んでいくとしっかりと建物があり、
中には空港で見るような入国手続きのゲートが存在していた。
おっちゃん・・・。
あなたが見ていたのはフリーゾーンの中だけみたいだよ・・・。

 

入国カードを記入し、パスポートと共に提出。
いくつか質問を受けて無事にスタンプをもらうことができた。
歩きの場合はそのまま手荷物の検査を受けていたが
ぼくは自転車なのでいったん外に出てそのままチェックを受けずに
料金所みたいなところから外へ出ていった。
これで本当に入国ってことになるかな。

すぐに銀行でお金をおろそうと思ったが、
町がなかったのでそのまま走り出す。
ひょっとしたらフリーゾーンの中にはあったのかもしれない。

 

最初だけかと思ったが、どうやらベリーズの道は狭いみたいだ。
それにハイウェイ以外は舗装されていないことが多い。
本当は最短経路で目的の町へ行くつもりだったが、
未舗装路だったのでそのままハイウェイを進んでいった。

そんなわけで来るつもりじゃなかった最初の町Corozalに到着。
メキシコから一番アクセスしやすい海沿いの町だが、
日曜ってことだからなのか割と静かで寂れている印象を受けた。
ATMでお金をおろしさっさと先へ進む。
一応、海沿いで写真を一枚。

 

そこから小さな集落をいくつか抜けていく。
メキシコと家の雰囲気がちょっと変わった。
メキシコでは家々はぎゅっと密集していた。
また、家の入り口が道に面していることが多かった。
だからメキシコ人は人懐っこいのか、
いや、人懐っこいから家が近いのか・・・。
ここでは芝生の広い庭があって家と家の間隔も広め。

 

 

オーストラリアやニュージーランドに似ているな〜と思ったら
そういえば、同じくここもイギリス領となっていたところであった。

高床式の家もちらほらと目に付く。

 

道は相変わらず狭い上に大型の車も多い。
さとうきび畑がどこまでも広がっているということもあって
メキシコでも見かけた積み込み過ぎのトラックをよく見た。

   

道路にはそこから落下したさとうきびが転がっている。
ふにゃふにゃになっているやつは問題ないけど、
まだ硬いやつが路肩にあるときはちょっと危険。
自転車で越えていく進入角度を間違うと転倒の危険がある。

 

バスはメキシコよりも一段と歴史を感じさせてくれる。

 

のどかな風景が広がっているエリアを進んでいく。

 

今日の目的地として考えていたOrange Walk(オレンジウォーク)に到着。
宿をいくつかあたるもののやはりけっこう高め。
一番安いと教えられたのがこちら。

HOTEL AKIHITO。

その名前、完全に日本人。料金を尋ねると45ベリーズドル。
ちなみにベリーズドルはアメリカドルの2分の1の価値として統一されている。
つまり、45ベリーズドルは22.5米ドル。
1ドル100円で計算しても1泊が約2,200円となる。
昨日まで約700円で泊まっていたぼくにはかなり高く感じる。
とりあえず部屋を見せてもらったが急な階段を3階まで上がるハードな物件。
なぜAKIHITOというホテルなのか、どういう経緯なのか聞いてみたかったが
いったん他をあたることにした。

 

だが、他に安宿は存在しなかった。
入国初日に野宿ってのもなかなかスリリング。
まぁ、雰囲気的に問題なさそうだけど。
そんなわけで消防署にテントを張らせてもらうようにお願いした。
宿を探しながら町なかをふらふらしていたら消防署を発見し、
ハンモックでくつろいでいた署員に声をかけたというわけ。
「狭くて汚い場所でよければ好きに使って。」とのことで、
裏庭にてテントを張らせてもらうことにした。

南下してきているってこともあってカンクンなんかと比較すると
日中の気温はけっこう高い。
陽が沈んでからテントを張ったが風通しの悪い場所だったから
けっこう寝苦しかった。
 
でも、クーラーがガンガンに効いている部屋よりも
こっちの方がぼくには合っているかもしれない。

 

 

明日はベリーズシティを目指す。
 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

 

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 原因はどこにある!? 2019年9月9日 640日目(サンルイス)
    yasu (09/19)
  • 原因はどこにある!? 2019年9月9日 640日目(サンルイス)
    中田 (09/18)
  • 穏やか過ぎる休日〜ナマズと酒とマテ茶〜 2019年8月25日 625日目(パラナ)
    yasu (09/10)
  • 穏やか過ぎる休日〜ナマズと酒とマテ茶〜 2019年8月25日 625日目(パラナ)
    中田 (09/04)
  • 鳥たちの楽園 2019年8月14日 614日目(イトゥサインゴ→ロレト)
    yasu (09/02)
  • 鳥たちの楽園 2019年8月14日 614日目(イトゥサインゴ→ロレト)
    中田 (08/25)
  • パンクというスパイス 2019年8月9日 609日目(サンイグナシオ→コロネルボガド)
    yasu (08/24)
  • パンクというスパイス 2019年8月9日 609日目(サンイグナシオ→コロネルボガド)
    中田 (08/24)
  • 自転車整備記録(随時更新)
    yasu (08/10)
  • 自転車整備記録(随時更新)
    shogo (08/08)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM