2017年8月20日(日) 70日目(オーストラリア Rockdale)

  • 2017.08.20 Sunday
  • 23:04

日付:2017年8月20日(日) 天気:晴れ

移動距離:なし 総移動距離:3,839km

本日の移動:なし

 

昨日からブルーマウンテンズへロッククライミングに行っているベンは、

結局、キャンプをするということで帰ってこなかった。

ルームシェアをしているルーカスも、遅くにラグビーの試合を観に行くとのことで、

結局、大きな家をぼくがほとんど占領するかたちになっていた。

ビールを片手に今後の予定を考えて、だいぶリラックスすることができた。

 

起きてから買い物もかねて散歩に出かけた。

オーストラリアをこうやってのんびり歩くのも今日で最後になる。

不思議なことに「海外」という感覚がほとんどない。

いまだに旅をしている実感がないのか、

それとも2ヵ月以上をこっちで過ごして慣れたからなのだろうか。

自分の家の近くをふらっとしている感覚とさほど変わらない。

何度もお世話になったスーパーのWoolworthsとALDI。

今日で最後になるだろう。

マクドナルドはどこにでもあった。これからもきっとそうに違いない。(ほとんど行ってないが。)

 

ここ数年、シドニーでは地価や住宅の値段が上がり続けているという。

つまり住みたい人が増えているということ。

確かに走っていてもマンションを建設している場所がかなり目に付いた。

比例するように車も増えていて、渋滞が慢性化している。

道路工事もあちらこちらで行われていた。

 

この国に住んでみたいという気持ちはよくわかる。

本当に穏やかで優しい人が多い。時間もどこかゆっくりと流れているような気がする。

家のテラス、ベランダには必ずいすが置かれていて、そこで家族とのんびりと過ごしている人が多い。

町で会った人と陽気に会話を楽しむことも、当たり前の光景だった。

しかし、そんな光景はシドニーの中心に近づくほど、見る機会が減っていってしまった。

もちろん、ビジネスの中心でお金や人や物が大きく動く場所だから仕方ない。

それはわかっている。

でも、やはり、ちょっと寂しい気もする。

 

素晴らしい国であるオーストラリア。

その中心であるシドニーを作っているのは人間なんだけど、

住みにくくしているのも、これまた人間で。

この先、この都市はどうなっていくんだろうか。

 

と、少しわかったようなことを書いているが、

ぼくが見てきたオーストラリアはこの国のほんの一部でしかない。

ただ、東側の海岸を少し走っただけ。

この広大な国をもっと詳しく知るためには、まだまだ時間が必要だ。

パースとかダーウィンとかウルルとか、行ってみたい場所は山ほど。

それは、また、いつか。機会があれば。

 

   

  

 

午後、無事にパッキングが完了した。

自転車が重たくて、制限ギリギリになっているのがちょっと気がかり。

袋の方は、最後にもういちどテープでぐるぐる巻きにして補強しよう。

   

夜になって、ベンもルーカスも帰宅した。

3人で夕食を共にするのは初めて。

ベンはオーストラリア人、ルーカスはポーランド、そして日本人のぼく。

ビールとワインを飲みながら、スポーツの話から、食の話になり、最後は文化や歴史に関しても。

ほとんど聞いているだけだったけど、それでも割と理解できて面白かった。

ぎりぎり話についていけていたので、つたない英語で会話に入っていくこともできた。

成長したな〜と一瞬思ったが、それは勘違いで。

ルーカスもネイティブじゃないからそこまで難しい単語を使わないし、

ベンもぼくらに合わせて簡単な単語に置き換えて話してくれていた。

(それに彼はジェスチャーと効果音が多い。)

  

最後の夜は遅くまで盛り上がった。

 

こちらお気に入りのビール。タスマニアの会社?らしい。

  

 

明日は、昼過ぎに空港へ向かい、夕方の飛行機でオークランドに入ります!

 

TV出演情報

千葉テレビ

 8月22日(火)21:30〜「NEWSチバ930」内

        準備から出発当日までの様子 

 8月23日(水)21:40

         可能であればスカイプ中継の予定

 ※ニュース番組なので変更の可能性あり

  

 

ランキングに登録しました。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 

2017年8月19日(土) 69日目(オーストラリア Rockdale)

  • 2017.08.19 Saturday
  • 23:28

日付:2017年8月19日(土) 天気:晴れ

移動距離:なし 総移動距離:3,839km

本日の移動:なし

  

朝からニュージーランド行きの準備に取り掛かった。

まずは、ここまで約4,000km走ったので、チェーンを交換することにした。

新しいものと古いものを比較してみると古い方はわずかに伸びていた。

走りそのものに全く問題はなかったが、やはりこのタイミングで交換して正解だ。

 

その後、ペダル、前輪、ハンドルを自転車から外した。

実は段ボールは2種類準備されている。

幅が広くて背が低いものと、幅が狭くて背が高いもの。

ぼくの自転車は、いわゆるツーリング用の自転車なので、

ロードバイクよりも重たいし、荷物をつけるキャリアや泥除けもついている。

安定した収納を考える。

自転車をさかさまに入れたり、タイヤの位置をずらしたり。

でも、どうしてもどっちを使っても入りきらない。

 

試行錯誤の結果、幅が広くて背が低い方の段ボールに、

もう片方の段ボールを切ってつぎ足すことにした。

これならなんとかなるかな。

    

他の荷物もある程度まとめられた。というか、詰め込んだ。

  

ちなみに作業していたのは大きなガレージ。

今日も風が強かったけど、そんなことは関係なく作業することができた。

そんなガレージには大量に自転車が並べられている。

  

  

  

夕方になり、大きな袋とテープを買うため歩いて10分のショッピングセンターに出かけた。

しかし、目的のお店はすでに閉まっていた。

オーストラリアでは土日は早めに閉まるお店が多い。明日の午前中に出直しかな。

  

  

TV出演情報

千葉テレビ 8月22日(火)21:30〜「NEWSチバ930」内

        準備から出発当日までの様子 

      8月23日(水)21:40

         可能であればスカイプ中継の予定

 ※ニュース番組なので変更の可能性あり

 

 

ランキングに登録しました。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

2017年8月18日(金) 68日目(オーストラリア Rockdale)

  • 2017.08.18 Friday
  • 23:53

日付:2017年8月18日(金) 天気:晴れ

移動距離:なし 総移動距離:3,839km

本日の移動:SydneyのCityまでサイクリング

  

ニュージーランドへ行くための準備を始める。

まずは、自転車を入れる大きな段ボールを準備せねば・・・

と、思っていたら、なんと、Benが事前にもらってきてくれていた!

けっこう心配な部分だったから本当にありがたい。

 

というわけで、箱をお店から持ち運ぶ必要がなくなったので、

電車を使ってお店まで行く必要がなくなった。

SydneyのCityまでいけばサイクルショップがいくつかあるというので、

そこまで自転車で行ってきた。

今日は風がすさまじく強く、ビルの間を抜ける時には、

普通に立っているのも難しいほど。

あちらこちらに木の枝が散乱していてた。

 

結局、4店舗を見たがほしかったタイヤは見つけることができなかった。

これまで一度もパンクしてないし、やはり同じやつがいい。

注文するしかないかな〜。

とりあえずオークランドで探してなければ考えよう。

 

たった40kmしか走ってないのに、強風と人と車の多さに疲れてしまった。

帰宅後は少しだけ荷物の整理。

パッキングは明日から開始!

 

 

連絡!

千葉テレビでぼくの特集放送をしてくれる日が決まりました!

8月22日(火)21:30〜「NEWSチバ930」の中で放送予定です。

(ニュース番組なので変更する可能性はあります。)

準備の様子や、出発前のインタビューも流れるはずです。

ぼくもどんなかたちになっているのかわからないのでちょっと不安・・・。

 

また、翌日8月23日(水)21:40頃には、
可能であればスカイプでの中継も予定しています。

 

ぜひ見てください!

 

 

ランキングに登録しました。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

2017年8月17日(木) 67日目(オーストラリア Rockdale)

  • 2017.08.17 Thursday
  • 23:54

日付:2017年8月17日(木) 天気:晴れ

移動距離:75km 総移動距離:3,781km

本日の移動:Wilberforce→Rockdale

   

Ryanは6時前に仕事に行くというのでぼくも早めに起きた。

彼には合計で3泊もお世話になった。

昔から知っている友達のような感覚。

本当に楽しい時間を過ごすことができた。

  

彼は土曜日から3週間の休みをもらってニュージーランドへ帰国するらしい。

ひょっとしたらまたどこかで会えるかもしれない。

  

 

今日はシドニーの空港の近くのお宅へ向かう。

車が多くなるから走りにくいだろうと思っていたら、

なんと、その7割くらいは自転車道を走ることができた。

ここには、探せばわりとたくさんあるみたいだ。

少し遠回りしたり、途中で道がわからなくなったりすることもあるが、

やはり、車を気にしない方が圧倒的に走りやすい。

羊の牧場を発見。ここはまだオーストラリアのはず。

 

マンションが立ち並ぶエリアもいくつか過ぎていった。

最後の約20kmは川沿いに自転車道が整備されていた。

日本でも川沿いの自転車道をよく走ったな〜と、そんなことを少し思い出す。

少しずつ飛行機のエンジン音が近づいてきた。

もうオーストラリアもおしまいか〜。

もうちょとゆっくりすることもできたけど、まぁ、最後に慌てたくないしいいか。

とにかく広大な国だった。広すぎる牧場がやっぱり印象的。

道も広かった・・・んん!?

サイクリングロードが一か所狭くなっていた。ぎりぎり通過。

  

空港まで約5kmほどのところにあるBenjaminのお宅に4時頃到着した。

彼の帰りは夜9時とのこと。

でも、昼間にメールをもらっていた。

「鍵を隠しておいたから家の中でくつろいで!」と。

そ、そんなことしちゃっていいんですか!?

 

近所の人から不審人物だと勘違いされないように、

あまりきょろきょろせず、胸を張って堂々と玄関のカギを入手した。

  

明日からニュージーランド行きの準備!!

  

  

連絡!

千葉テレビでぼくの特集放送をしてくれる日が決まりました!

8月22日(火)21:30〜「NEWSチバ930」の中で放送予定です。

(ニュース番組なので変更する可能性はあります。)

準備の様子や、出発前のインタビューも流れるはずです。

ぼくもどんなかたちになっているのかわからないのでちょっと不安・・・。

 

また、翌日8月23日(水)21:40頃には、
可能であればスカイプでの中継も予定しています。

 

ぜひ見てください!

残念ながらぼくはニュージーランドにいるので見られません!

 

 

ランキングに登録しました。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

2017年8月16日(水) 66日目(オーストラリア Wilberforce)

  • 2017.08.16 Wednesday
  • 23:24

日付:2017年8月16日(水) 天気:晴れ

移動距離:58km 総移動距離:3,706km

本日の移動:Winmalee→Wilberforce

  

朝から風が強い。
キャンプしていたら結構大変だった。
Taniaの家で良かった。もはや自分の家のようにリラックスしている。
朝食をすませて、職場に行くTaniaと共に走り出した。
  
風は追い風。しかも下り坂。ぐんぐん進む。
今まであまりなかったヘアピンカーブもあったので慎重に走った。
坂道の途中に見通しのいいポイントを発見した。
危うく猛スピードで通り過ぎるところだったが、
(慎重に走っていたのでは!?)
ブレーキを思いっきり握って立ち寄ってみる。
  
  

池というか、湖というか。
数日前に走った道を見渡すことができた。
そこからは一気に下りきって畑の中をのんびり走った。
  
すると、素敵なものを発見!
そう!虹!!

もっときれいに見えないかな〜と思い、しばらく観察することに。
風が強いから雲のスクリーンが刻一刻とかたちを変えていく。
  
最初は少しだけだった虹が、徐々に長くなり始めた。
気が付けば反対側も見えている。
もういいかな〜と思って少し走ってみる。
でも、気になってちらちら。さらにきれいな虹になっている。

こ、こりゃ動けないな。
約1時間後、ついに左右の虹がつながった!
美しい。
さらによく見ると、もうひとつ虹が!

強風の中、自転車も一緒に写そうと悪戦苦闘。
何度も倒されながら、なんとか撮影に成功。

ブルーマウンテンズといい、この虹といい、
オーストラリアは最後にとっておきの風景を見せてくれた。
  
そして、今日もブルーマウンテンズに入る前にお世話になったRyanのお宅へ。
合計3泊もお世話になるので、
途中でビールを購入しかばんに詰め込んで持っていくことにした。
家に着くと、まだ帰ってきていない。
ん〜家の前のテラスで飲んじゃえ。
2本を飲み終えたところでRyanが帰ってきた。
再会を祝福して(と言っても別れたのは数日前だけど)乾杯!!

今日は夜にボードゲームをするということで友達がやってきた。
そして、Ryanがとっておきのピザを作ってくれた。
前回泊まった時に食べさせてもらったんだが、これがめちゃくちゃうまい!
彼はベジタリアンなので肉や魚介類は一切使わない。
トマト、バジル、オリーブ、にんにく、そして大量のチーズが乗っかっている。
ぼくを入れて4人。大きなサイズのピザが4枚。
食べても食べても満たされないぼくの胃袋も限界まで膨れ上がった。
  
その後、ボードゲームが始まった。
CATANというやつ。
ルールブックを見せてもらったがさっぱりわからない。
一緒に進めながらやり方を聞く。
どうやら囲碁と将棋とすごろくを混ぜたような感じだ。
ボード上の島を開拓していって、より多くの町を作った人の勝ちというもの。
囲碁や将棋ほど複雑ではなく、すごろくほど運だけでは勝てない。

  

要領がわかってくるとかなり面白い。

他のメンバーと交渉があったり、戦略が必要だったり。

2時間近くやり続け、なんだかんだでぼくが勝ってしまった。

まぁ、運もかなり良かった。

 

オーストラリアの仲間と楽しい時間は遅くまで続いた。

 

 

 

連絡!

千葉テレビでぼくの特集放送をしてくれる日が決まりました!

8月22日(火)21:30〜「NEWSチバ930」の中で放送予定です。

(ニュース番組なので変更する可能性はあります。)

準備の様子や、出発前のインタビューも流れるはずです。

ぼくもどんなかたちになっているのかわからないのでちょっと不安・・・。

 

また、翌日8月23日(水)21:40頃には、
可能であればスカイプでの中継も予定しています。

 

ぜひ見てください!

残念ながらぼくはニュージーランドにいるので見られません!

 

 

ランキングに登録しました。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 

2017年8月15日(火) 65日目(オーストラリア Winmalee)

  • 2017.08.15 Tuesday
  • 23:07

日付:2017年8月15日(火) 天気:晴れ

移動距離:23km 総移動距離:3,706km

本日の移動:Katoomba近く→Winmalee

 

オーストラリアで最後のキャンプ。
車中泊の人は何組かいたけど、広いキャンプサイトにテントはひとつだけ。
隣にはテーブルとベンチがあってとっても便利だった。

  

6時前に目が覚め動き出した。
夜中に風の音が少し気になったけど、わりとゆっくり眠ることができた。
今朝はそんなに寒くない。
でも、雲がいつもより多いみたい。  

  

  

朝食をゆっくり作り、その後、コーヒーをいれる。  

 

ニュージーランドにもたくさんキャンプ場があるみたいだから
また楽しめるだろう。
  
ここのところ体調がいまいちだったので、
無理して走らず少しずつシドニーに向かうことにした。
そんなわけで、今日の宿泊地はブルーマウンテンズに入る前にお世話になった
Taniaの家に再びお邪魔する。
厚かましいお願いも快く了承してくれた。ありがとう!!
下り坂、しかも距離は短いのでSpringwoodの図書館で日記を書き、
その後ニュージーランド行きの航空券の予約をした。
  
21日(月)の夜の便でニュージーランドへ!

  

  

ランキングに登録しました。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

2017年8月14日(月) 64日目(オーストラリア Katoomba)

  • 2017.08.14 Monday
  • 23:17

日付:2017年8月14日(月) 天気:晴れ

移動距離:54km 総移動距離:3,683km

本日の移動:Mount York→Katoomba近く

  

真っ暗な山の中に一人でのキャンプになった。
標高も1,000mを越えているので気温は低い。
それでも凍るほどではなかった。
春に向かって少しずつ暖かくなっているんだろう。
  
今日も移動は少なめ。
また、近くのキャンプ場へ向かうことにした。
しかもほとんど下り坂。
よくもこんなに重たい荷物をつけて、
ここまで上ったな〜と自分自身に感心してしまう。
  
せっかくなので、行っていないLookoutも見に行った。
平日ということもあって人が少ない。

この写真は青い森をきれいに写すことができた。

それにしても、カメラがないのが本当に残念…。
  
オーストラリアでのキャンプはこれが最後になるかな。
残った食材を投入して豪華な夕食を楽しんだ。

 

ランキングに登録しました。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

2017年8月13日(日) 63日目(オーストラリア Mount York)

  • 2017.08.13 Sunday
  • 23:28

日付:2017年8月13日(日) 天気:晴れ

移動距離:48km 総移動距離:3,629km

本日の移動:Hartley vale→Mount York

 

昨晩、今後の道のりを考えた。
最終的にはシドニーに戻るわけだが、もう少しのんびりしたい。
電波がなかったので、Martinにあれやこれやと聞きまくった。
そして、今朝も早くに出発。
ここの家族もシドニーに行かなければならないとのことで7時に走り出した。
  
まずはLisgowというわりと大きめの町を目指した。
そこにたどり着くには山をひとつ越えていくという。
Martinは、そんなに大変じゃないさ〜と。
笑顔でペダルをシャカシャカ回すボディーランゲージまでつけてくれた。
  
走り出してすぐに丘を越えた。
昨日の疲れが太ももに残っている。少し足が重たい。
なんだ、ここのことだったのか?
確かにこれなら余裕。これなら上り坂に入らん。
やはり2カ月も走ってきたから上り坂にも慣れてきているんだな。
筋肉もだいぶついただろう。ニュージーランドの山だって簡単に越えていけそうだ。
 
と思っていたら、本当の試練はその後に待ち受けていた。凄まじい上り坂が現れた。
思いっきり踏み込み最初の大きなカーブを過ぎる。
すると、さらに急な勾配が目に飛び込んできた!
全く終わりは見えない。
息を切らしながらなんとか進んでいったが、それも限界。
進めることが出来なくなってしまった。
  
仕方なく自転車から降りる。
ブレーキを握っていないと自転車は落ちていってしまう。
ブレーキとは速度を落とすためだけの装備ではなくて、
勝手に坂道を下がっていく重たい物体を支えておくためのものでもあるみたいだ。
    
全身に力を入れて一歩ずつ歩く。10数歩が限界。
はぁはぁはぁ…。息が上がる。汗が噴き出す。
道の標識には、皮肉にもDO NOT STOPの文字が。
岩が落ちてくるから止まるなということか。
こっちだって止まりたくて止まっているんじゃない。
  
Martinよ!!
これのどこが簡単な道なんじゃ!?
あの笑顔で手をシャカシャカ動かしていたのは何だったんだ!?
そんなペースでペダルは回せない。
それどころか自転車に乗って走ることすらできないじゃないか!
と、思ってはみたが、たぶんそうなるだろうと予想していたのも事実で。
  
たった5kmの道に1時間を費やした。
Lithgowという町で本日2回目の朝ご飯を食べ、この先の道のりを考えてみた。
さらに内陸に進んでもいいが、この先待ち受けているのはさらなる坂道の連続。
それも悪くはないけど、シドニーに戻っていくためには、
同じ道を逆走しなくてはいけない。ということは、下った分だけ、上るということ。
それはつまり、
2日酔いになるのに飲みすぎる誰かのような、
体調を崩すのにコタツで寝てしまうこれまた誰かのようで、
ちょっと気が乗らない。
  
そもそも、メルボルンまで走らずにこっちに来たのは、
ブルーマウンテンズを見たいってこともそうだが、
急がずにゆっくりしたいっていうのも大きな理由。
いろいろ考えて、これ以上内陸には進まず、
ブルーマウンテンズの近くでキャンプをすることにした。
  
昨日通らなかったハイウェイでシドニー方面へ走っていく。
再び長い上り坂を進んでいかなければならない。
昨日の疲れと、今日の朝一番のハードワークで足はかなり悲惨な状態。
でも、ハイウェイなので少しでもふらつくと横を走っている車にぶつかってしまう恐れがある。
今朝の坂道まではいかないまでも、
かなり急な上り坂を意地になって走り切った。
  
坂の頂上近くからハイウェイをそれ、Mount Yorkというエリアに向かう。
そこにはLookoutがあり、しかも近くでキャンプが可能。
崖の上を走っていく。眼下に見えるのは、昨日、今日で走ってきた町並み。
   
家や車がはるか下の方に見え、米粒ほどの大きさの牛や羊たちがかすかに動いているのがわかる。
大自然の圧倒的な風景も好きだが、
こうして人と自然が共存している風景も悪くない。というか、かなり好き。
キャンプ場を確認し、自転車を停め、辺りを散策した。
反対側は切り立った断崖。こっちは迫力満点。
  
  
  
  

崖のギリギリまで足を進めることができた。
下の方から声がすると思ったら、ロッククライミングで上ってきている人を発見。
崖にくっついたまま手を振ってくれた。見ているこっちが怖い。
右下に小さく黄色い服の人が。見えるかな・・・。  
崖の上に座ってみる。かなり怖い。これが限界。
  
そろそろキャンプ場に戻りテントを張ろうかな。
いや、でも待てよ。ここから見る夕日ってなかなか素晴らしいんじゃないだろうか。
せっかくなら日没まで堪能しよう。
2時間ほど日記を書いたり、今後の予定を立てたりして日没を待った。
傾いていく太陽が、景色を少しずつ変えていった。
    
  
  
  
  
  

  

  

ランキングに登録しました。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 

 

2017年8月12日(土) 62日目(オーストラリア Hartley vale)

  • 2017.08.12 Saturday
  • 23:08

日付:2017年8月12日(土) 天気:晴れ

移動距離:83km 総移動距離:3,581km

本日の移動:Winmalee→Hartley vale

 

早起きして散歩に出かけるというTania夫妻。
ぼくも誘われたが、今日は長い上り坂があり、時間が読めないのでお断りした。
そして、ぼくも2人が散歩に出かけるのと同じ7時過ぎには出発することにした。
  
朝の7時だとまだけっこう寒い。標高が上がってきている証拠。
上り坂で必死に自転車を進めていると少しずつ暖かくなってくる。
しかし、顔や手と足の先っちょは冷えたまま。
だからと言って冬装備にするほどでもないかな。
  
勾配はそこまで急ではない。
車はすぐ隣をものすごいスピードで走っていくし、
大きなトラックも上っていく。さらに道の横には電車も走っている。
そう。シドニーから電車で来ることも出来るのだ。
2階建ての電車が時々ぼくの横を通り過ぎていく。
中の様子は見えないけど、きっと観光で来ている人がたくさん乗っているんだろう。
だったら電車で来ればよかったのでは?と思うかもしれないが、
そんなことは決してない。
その場所がどこにあって、どんなところなのか、
より感じられて、より楽しめるのは、間違いなく自転車の方である。
ただ、そんなこと考えてはみるものの距離が長い。
どこまでも上り坂が続く・・・。
  
出発してから約4時間かかってKatoombaという
ブルーマウンテンズ観光の中心となる町に到着した。
これまで木々に遮られていて全く景色は見えていなかったが、
Lookout(日本でいう展望台みたいな場所)がいくつか出てきた。
Taniaからおすすめのコースを聞いていたので、
ハイウェイをそれてそっちに向かった。
  
さてさて、どんな場所なんでしょうか。
自転車で上る時間が増えてくる分、その景色に対する楽しみは増していく。
テーブルみたいに大地がドンと一段高くなっているという話は聞いている。
写真も少しは目にしている。でも、写真ではわからない部分の方が多い。
シドニーから日帰りできる場所なだけに、
ただ単にアクセスがいいから有名になっているのかもしれない。
わくわく。
  
遠くの方に茶色い大地がむき出しになった崖が見えてきた。
ほほーう。確かに見ごたえのある景色。
眼下にユーカリの森も広がっている。
  
きれいなビーチをたくさん見てきて素敵だな〜と思うことも多かったが、
個人的にはやはり山が好き。
Echo Pointでは、有名な(ここに来るまで知らなかったけど・・・)スリーシスターズが見られる。
岩がもこもこっと3つ並んでいるところ。
父の魔法により3姉妹が岩に変えられたというアボリジニの伝説があるらしい。
    
その岩よりも遠くの景色の方がよっぽど素晴らしい。
はるか遠くの森のあたりはぼんやり青みがかっている。
ブルーマウンテンズという名前の由来でもある。
ユーカリの木から揮発されるオイルが太陽光に反射して青く霞んで見えるという。
残念ながらぼくが持っているスマホのカメラではうまく写すことができないが、
確かに空の色と森の色が近い。

でも、ここにはたくさんの観光客がいてどっぷりと楽しむことが出来なかった。
  
もう少し人が少ない場所を求めてさらに先へと進んだ。
Katoombaを抜けて、10kmほど走ると新たなLookoutにたどり着く。
長い坂道を下っていく。あ〜ここを戻っていかなきゃならないのに。
その道の終わりが崖になっていた。
さっきのEcho Pointとは反対側の景色が楽しめる。
  
おおー!こっちの方がはるかにいい!
眼下に広がるユーカリの森。
  
  
遠くに大地がにょきっと浮き出ている。
しかも、崖の隙間からさらーっと流れ落ちる滝まで見ることができた。
水の量が多くないからだろうか、風に吹かれてさらーっと揺れ動いている。
しばし景色を堪能。人もそこまで多くないからのんびりできる。
カメラがスマホしか使えないのが返す返すも残念である。
  
と、ゆっくりしていたら14時を過ぎていた。
でも、ここからは少しだけ上って、あとは目的地まで下り坂。問題ないはず。
地図を確認し走り出した。
  
ちなみに今日の目的地はHartley valeというところ。
Mount Victoraからハイウェイを外れていく。
車が一気に減って走りやすい。この道は左右に崖がある。
つまり、さっき遠くから見ていた崖の上を走っていくような感じだ。
木々に遮られて基本的には見通しは悪いが、
ところどころで迫力のある岩場を目の前にすることができる。
今走っている道を左に曲がって約15kmで目的地。
  
その曲がり角まで来て、一気に不安が押し寄せてきた。
道幅はせまく、ブレーキを思いっきり握らないと危険なほどの下り坂。
しかも両サイドは完全なる森。
  
  
これまでの経験上、この雰囲気の道はダートになると予想できる。
いや、もはや間違いない。ただ、引き返しても道はない。
ブレーキを強く握りながら下り始める。
道には折れた木の枝が散乱している。
そして、案の定舗装されていた道は終わり、ダートが始まった。
果たして、家までたどり着けるのだろうか。
  
15時半をまわって少しずつ日が傾いて気温も下がってきている。
不安が膨らみ始めた時、ついに下り坂が終わった。
そして、そこには素晴らしい牧場が広がっていた。
  
カンガルーが見える。
町中じゃなくて、こういったところにいるのが正しい姿である気がする。
今までもたくさん牧場を見てきたが、
丘や山と一緒に見えるこんな牧場が最も美しく感じる。
  
しばらくするとダートも終わり家がぽつぽつと現れだした。
さらに10kmほど走って無事にMartinの家にたどり着いた。
いや〜一時はどうなるかと思ったよ〜と伝える。
できればもう少し事前情報がほしかった・・・。
  
広い牧場の中にあるお宅。
もっと年上かと思っていたMartinはぼくと大して変わらない青年(?)。
普段はシドニーに住んでいて、いわゆるここは実家らしい。
両親のお友達が遊びに来ていて、週末だけ彼もこっちに来ていた。
お風呂の準備ができているという。
お風呂?基本的にこっちはシャワーなので、旅が始まってから一度も入っていない。
こんなところでお風呂に入れるなんて、思ってもみなかった。
しかも!そのお風呂は外に設置されていて、
森と山を見ながら入ることができる。つまり露天風呂!
さらにさらに、そのお湯はまきで炊いたものだ。
まきで炊いたお湯は柔らかいとよく言う。
柔らかいのか固いのか、それはよくわからないが、確かに少し特別な感じがした。
場所とタイミングがそうさせているのだろう。
まきの匂いがほんのりと漂っているのが、これまた気分を盛り上げた。
  
ニュージーランドやアメリカ、ヨーロッパを走ったことがある彼と、
しばらし自転車トーク。
自転車旅好きは、やはり同じような感覚を持っている。
彼は、ぼくがWarmshowersの自己紹介文に載せているこの文章が本当に良かったと言ってくれた。
“Why do I travel by bicycle?”
Not too fast, not too slow.
I can reach somewhere on my own. What is important in journey is on your way to the destination. It’s not to get to the destination.
I can stop anywhere I want for as long as I wish.
There is not lines between me and others there. It’s not like cars.
After riding, beer and foods really taste good.

 

ランキングに登録しました。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 

2017年8月11日(金) 61日目(オーストラリア Winmalee)

  • 2017.08.11 Friday
  • 20:02

日付:2017年8月11日(金) 天気:晴れ

移動距離:68km 総移動距離:3,498km

本日の移動:Wilberforce→Winmalee

  

2日間泊めてもらったRyanとHanaの農場を見に行った。
ハイドロポニックスという方法で、
土で育てるのではなく、水を流し続けて育成している。
日本では、この製法がかなり進んでいるというが。あまり知らない・・・。
どうなんでしょうか?
想像していたよりも大きな農場で、そこにさまざまな種類の野菜が並べられていた。
  
  
  
  
  
  
Ryanはこの仕事をする前は、大学で先生をしていたという。
いろいろ考え、一から農場経営を学びなおし、今にたどり着いた。
英語をなかなか理解しないぼくに、
なるべく簡単な単語を使ってさまざまなことを説明してくれた。
将来はニュージーランドに戻り、そこで農場を経営していこうと思っているという。
家にいてもあまり多くを語らない彼。
仕事に情熱を持ってぎらぎらとしているという感じではない。
でも、そこでの仕事を楽しんでいる。
太陽の下で作業するのが好きなんだ〜と笑顔で話してくれた。
2人に別れを告げて走り出した。
今日はあたたかくて、穏やかでのんびりとした空気が漂っている気がする。
それはあまり先を急ぐ必要がないからだろう。
スプリンクラーの水に虹ができているのも、そんな気分だから見つけられたのかもしれない。
  
奥に見えている丘みたいなやつが、ブルーマウンテンズの端っこの方。
いよいよブルーマウンテンズを目指して坂道を上り始める。
いくつかある道のうち、車が少ない道を選んだ。
ほとんど車は走らない。いい道。でも、何かがおかしい。あまりに少なすぎる。
こ、これは、この先、道が舗装されていないんじゃないだろうか。
舗装はされていたが、どうやら下り専用みたい。
仕方なく大きな道を進むことにした。
しかし、その道はモーターウェイという標識がある。
モーター・・・?
ぼくが乗っているやつにモーターってあるのでしょうか・・・。
いや、ないよね。どう考えても。ここ走っていいのかな?
途中まで走ってここはダメと言われても。
むしろパトカーがきて、罰金!!とか言われたらどうしよう。
「この足がモーターさ!」という冗談は通じるだろうか。
なんてくだらないこと考えていたら、
すさまじい速さでロードレーサーが追い越していった。

どうやら走っていいみたいだ。

  

最初こそ勾配がそこそこ急で苦労したが、

途中からは大した勾配じゃなくだらだらと続く坂道という感じ。

 

Warmshowersで宿泊をお願いできたので、

今日は一気に上まで行かずにWinmaleeという町で宿泊。

 

明日はさらに上っていきます!

 

 

ランキングに登録しました。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

PR

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • いや、それちょっと違う 2019年7月1日(月) 570日目(サンタクルス)
    yasu (07/06)
  • いや、それちょっと違う 2019年7月1日(月) 570日目(サンタクルス)
    yasu (07/05)
  • いや、それちょっと違う 2019年7月1日(月) 570日目(サンタクルス)
    ササヤン (07/04)
  • いや、それちょっと違う 2019年7月1日(月) 570日目(サンタクルス)
    マサシ (07/04)
  • 2度目のSoldadura 2019年6月26日(水) 565日目(サンタクルス)
    yasu (07/03)
  • 2度目のSoldadura 2019年6月26日(水) 565日目(サンタクルス)
    似里 (07/02)
  • レインボーブリッジではないので簡単に封鎖される 2019年6月18日(火) 557日目(サイピナ→ロス ネグロス)
    yasu (07/02)
  • レインボーブリッジではないので簡単に封鎖される 2019年6月18日(火) 557日目(サイピナ→ロス ネグロス)
    中田 (06/25)
  • ウユニ塩湖は夜がいい 2019年5月31日(金) 539日目(ウユニ塩湖上 北側→東側)
    yasu (06/13)
  • ウユニ塩湖は夜がいい 2019年5月31日(金) 539日目(ウユニ塩湖上 北側→東側)
    中田 (06/06)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM