しばし空の旅 2019年11月13日(水) 705日目(ウシュアイア⇒ブエノスアイレス)

  • 2019.11.13 Wednesday
  • 23:49

日付:2019年11月13日(水) 天気:晴れ

移動距離:なし 総移動距離:29,822km

本日の移動:Ushuaia(ウシュアイア)⇒Buenos Aires(ブエノスアイレス)

 

5時に目を覚まして荷物を運び出す。
昨日のうちにお願いしていたタクシーは
時間通りにやって来てくれるだろうか・・・。
「6時に宿の前。自転車があるから大きめで。」と
宿の人がぼくの目の前でリクエストしてくれている。
 
6時ちょっと前に宿の前に荷物を並べた。

 

ほぼ同じ時間に飛行機に乗るカリンというおっちゃんも
ぼくがお願いしたタクシーに便乗することになった。
こちらとしてもお金の節約になるのでありがたい。

 

6時を過ぎた。やはりと言うべきかタクシーはやって来ない。
10分待って来なかったら宿の人にお願いして
もう一度Telしてもらうしかないか。
そう思いながらカリンと待機する。
既に太陽は上り、町は昼間のように明るい。
でも、しーんと静まり返っていて
タクシーが来る気配は全くない。

 

6時10分を過ぎたところでしびれを切らしたカリンは
「おれはどっかでタクシーを拾う。いい旅を。」と言い
荷物を持って歩き出した。
そ、そんな薄情な・・・。
タクシーを拾うならそのタクシーをここまで回してくれても

いいんじゃないでしょうか・・・。
と思ったところで1台の車がやってきて目の前に停まった。

 
遅れていることを微塵も気にしていないであろう

とっても陽気なドライバーが降りてきた。

「自転車があるから大きめの車で」とリクエストしたものの
やってきたのは完全に普通車サイズだ。
「この段ボールは積めるのか!?」と聞くと
「まーったく問題ない!」と陽気に答える。

 

結局、トランクに段ボールを突っ込み、
半分は外に出た状態で走り出すことになった。

おいおい、大丈夫か、これで。

助手席に乗り込み
「ゆっくり走ってくれ!」とおっちゃんに訴える。
「大丈夫、大丈夫。」と言いブーンと勢いよく走り出した。

 

何とか無事に空港にたどり着いた。
カリンとは別の飛行機なので彼とはここで別れ、
ぼくは荷物の重量チェックを行う。
誰もいないカウンターがあったので
荷物を一つずつ載せて重さを確認。
全ての荷物を23kg以下にしておく必要がある。
自転車を入れいている段ボールがやや重たかったので調整し、
テープで段ボールと袋をぐるぐる巻きにした。

 

その頃にはカウンターには長蛇の列が出来上がっていた。
段ボールをカウンターの近くに置いて
他の荷物をカートに積んだ状態で列に並ぶ。

 
4ヵ所くらいで手続きを行っているがなかなか進んでいかない。
時計を見ると7時半を過ぎている。
8時半の飛行機なのでちょっと急ぎたいところ。

 

周囲の人の会話を聞くと
ほとんどがぼくと同じ飛行機のようなので問題はないはず。

ぼくの順番まであと10人ほどというところで
突然専用レーンが設けられて後ろにいた多くの人たちが
そっちに流れ込んだ。
時間がギリギリだからぼくと同じ飛行機の人は
優先的に手続きをすることにしたようだ。

 

「な、なんて雑なやり方なんだ・・・。」
ぼくの近くにいた人たちは「どうなってんだ!?」と苛立っている。
専用レーンにカウンターの半分を使いだしたので
進みはさらに遅くなってしまった。
これだから飛行機はストレスがたまる。

 

無事に手続きを終えて搭乗口へ。
時間がギリギリでけっこう焦ったけど
飛行機そのものが遅れていて
結局ゲートの前で1時間以上も待機することになった。

そうならそうと先に言ってほしい。

みんなソワソワしている。

乗り継ぎ時間が短い人は落ち着かないだろう。

 

 

1時間半ほど遅れて飛行機はブエノスアイレスに向けて飛び立った。
フエゴ島周辺の島々を見下ろす。

 

 

こちらは走ってきた道がはっきりと見える。

こういう景色を見ているとすぐにでも自転車で走り出したくなる。

 

しばらくすると海の上になってしまったのでしばしの睡眠タイム。

ブエノスアイレスに近づくと再び大地が見えだした。
広大な牧場や畑と思われる緑の四角が広がっている。

 
中にはセンターピボットの円い場所もある。
まるでパッチワークのよう。

 

海沿いにはこんな広大な干潟のような場所も。

 

 

雲はにょきにょきとのように縦にのびていてマイタケみたい。

 

午後1時頃、ブエノスアイレスの空港に到着。
ここでの乗り継ぎ時間が12時間ほど。
軽く食事を済ませてベンチに座って読書。

 

余裕を持って出国手続きを済ませて飛行機へと乗り込んだ。

これで本当にアメリカ大陸は終了。
明日からまた新たな場所で旅が始まる。
 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

ウシュアイア滞在記 2019年11月10日(日) 702日目(ウシュアイア)

  • 2019.11.10 Sunday
  • 23:21

日付:2019年11月10日〜12日 

移動距離:なし 総移動距離:29,822km

現在地:Ushuaia(ウシュアイア)

 
10日(日)
13日にウシュアイア発の飛行機を予約しているので
少しずつ荷造りを開始する。
一番気がかりだったのは自転車を入れる段ボール。
入手できるかどうか心配だったが
数日前に出会った自転車旅人が使った箱を
譲ってもらえるようにお願いしていた。
というわけで彼らがお世話になっていたというお宅にお邪魔して
難なく段ボールをゲット。
パッキングは前日でいいかな。

  

 
11日(月)
ここのところパソコンの調子が良くない。
充電がうまくできないので近くで修理をお願いする。
夕方になって取りに行くと
修理は出来なかったと告げられた。
それなら早めに教えてほしかった・・・。

というわけでパソコンもなかったので
博物館に行ったり町なかをふらふらしたり。

 

 

 

アルゼンチンの牛肉をたっぷり食べておきたいが
手持ちの食材がいくつか残っていたので
それらを使いきった。
 
 
12日(火)
明日、朝の8時半の飛行機に乗る。
気持ちにゆとりを持つために
サイクリングがてら空港の下見。
小さな空港だから問題はなさそう。

早朝でもタクシーは来てくれるとのことなので
宿で荷造りをしておくことにした。

 

朝の6時にタクシーをお願いしたけど
果たして時間通りに来てくれるのだろうか。

 

 

 

 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

 

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

最果ての街へ 2019年11月9日(土) 701日目(森の中→ウシュアイア)

  • 2019.11.09 Saturday
  • 23:12

日付:2019年11月9日(土) 天気:雪のちくもり

移動距離:38km 総移動距離:29,822km

本日の移動:Ushuaia(ウシュアイア)手前の約30kmの森の中)→ウシュアイア

 
雪は断続的に夜も降り続いていて
朝になってもテントをパチパチと叩いていた。
早めに目を覚ましたものの
なかなか準備に取り掛かれず、
寝袋にくるまって天気が回復していくのを待った。 
ここからウシュアイアまでは約30km。
ゆっくりと出発しても全く問題はない。

 

9時を過ぎたところで少しずつ雲が減ってきた。
そのタイミングでテントを撤収し走り出した。
ペダルと自分の足がうまく合わさってくれない。
それは決して寒さのせいではない。
南米大陸のゴールがすぐそこに迫っているからだと思う。
少しだけ気持ちが浮ついている感じ。

 

近くの山は真っ白に染まっていた。

遠くの雪山を眺めつつ湿地帯を抜けていく。

 

 

 

道ばたで写真を撮っていたら
近くで元気のいい鳥の鳴き声が聞こえた。
よく見るとこいつが口を大きく広げて鳴いていた。
こんな鳥からも「もうちょっとだぞー!」と
声をかけられているような気がする。

 

 

最後に小さな峠を越えるとその先に海が見えた。
そこにあるのがアメリカ大陸最南端、
「最果ての街」と呼ばれるウシュアイアだ。

 

静かな漁村のような場所を想像していたが
実際の「最果ての街」は人も車も多い
ちょっとオシャレな観光地だった。

 

国道3号線の終点(起点?)となる場所で写真撮影。

 

もうちょっといい撮影ポイントを求めて周辺をふらふら。
そして見つけたのがこちら。
「fin del mundo」は日本語にすると
「世界の終わり」とか「最果て」となるのだろう。

 

この看板の裏側にはライダーやサイクリストのシールが
びっしりと隙間なく貼られていた。
みんなここを目指して走ってきている。

 

カナダのバンクーバーから走り出して約1年半。
途中で飛行機やバス、フェリーなんかも使ってはいるものの
ほぼ自転車でここまで走ってくることができた。
フレームがポッキリ折れた時にはどうなるかと思ったが、
なんとか相棒も耐え抜いてくれた。

近くのベンチに座って朝淹れておいたコーヒーを飲む。
もうちょっと感動するもんかと思ったが
達成感みたいなものはほとんどない。
いつもと同じように1日の終わりに
寝床にたどり着いたという感じだ。


 
宿にアメリカ大陸の地図があった。
出発前ははるか遠く、
全く別の世界に感じていた場所。
でも、今その地図を見ると多くの人々の顔が浮かんできて
一緒に色んな話をしたこと、笑ったこと、酒を飲んだことが
ひとつひとつ思い出されてくる。
 
ぼくの旅はまだ終わったわけじゃない。
これから旅はまだ続いていく。
でも、ここウシュアイアはひとつの区切り。
再スタートの準備は明日からにして
今日はいつもよりちょっとだけ高いビールと
たっぷりの牛肉を買ってお祝いにするとしよう。

 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

 

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

南米最後のキャンプは雪の中 2019年11月8日(金) 700日目(トルウィン→森の中)

  • 2019.11.08 Friday
  • 23:07

日付:2019年11月8日(金) 天気:晴れ時々雨(雪)

移動距離:71km 総移動距離:29,784km

本日の移動:Tolhuin(トルウィン)→Ushuaia(ウシュアイア)手前の約30kmの森の中

  

いつもより多めのパンを購入して
かばんに押し込んでから走り出した。
やはり本物のパン屋さんだけあって
いつも買っているスーパーのものとは違う。
パンの味に深みを感じる。

  

町を出るとウシュアイアまで約100kmという看板。
もう南米大陸のゴールがそこまでやってきている。

 

向かい風ではあるがそこまで強くはない。
雪を被った山々を眺めながら湖に沿って進んでいく。

 

お昼休憩はもちろんパンを頬張る。
パン屋さんのビニール袋には顔写真。
こんなもんまで作っているのが面白い。

 

時々、風に乗ってきた雲が雨や雪を落としていく。

ウシュアイアまであと50kmというところから
久しぶりに長めの峠道となった。
湖を右手に見てゆっくりと上っていく。

 

 

すれ違う車のドライバーの多くが
ぼくを見ると手を振ってくれる。
ここを走っていればもうすぐでゴールが近いことが
彼らにもわかっているんだろう。

 

山の中を走ってくのは久しぶりだ。
重たい自転車での坂道は大変ではあるが
景色はやはりこっちの方が楽しめる。

遠くまで続く湖を眺めながら峠を越えていった。

  

 

 

峠の反対側はさらに雪が残っていた。
厚手の手袋にしたけれど指先は冷たい。

 

ウシュアイアまでは約30kmほど。
この先に大きな上りはない。
今日は旅の700日目という節目であり
そんな日にウシュアイアにたどり着くってのもいいもんである。

と、そんなことを考えるぼくではなく、
16時を過ぎたところで道沿いにある
キャンプができそうな森の中へと
自転車を運び入れていた。

 
早くたどり着くことよりも
南米最後のキャンプを楽しむことを優先させた。
(あとはお金の節約。ウシュアイアは宿代が高い。)

ところが、テントを設営しだしたら雨が降り出してしまった。
そしてその雨はすぐに雪へと変わっていた。
最後のキャンプが雪の中なんて
なかなか素敵なプレゼントをしてくれる。
と呑気に考えていたのは最初だけ。
勢いを増していく雪に「そろそろ勘弁して」と
心の中で呟いていた。


 

 

 

(テントの中はこんな感じ。真ん中にマットを敷いて、
左右にパニアを並べている。)

 

ゆっくり走っても明日にはウシュアイアにたどり着く。
いよいよゴールの地。
今のところ全く実感はない。
 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

 

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

ゴール目前で小休止 2019年11月7日(木) 699日目(トルウィン)

  • 2019.11.07 Thursday
  • 23:06

日付:2019年11月7日(木) 天気:晴れ

移動距離:なし 総移動距離:29,723km

現在地:Tolhuin(トルウィン)

 

実はウシュアイアからの飛行機をすでに予約している。
時間に余裕があるのでここのパン屋さんに
もう1泊させてもらうことにした。

 

デンマークからやってきている2人を見送る。
ゆっくり起きてきて、お昼前に出発していった。
最近会う旅人はのんびり型が多い。
それも太陽が出ている時間が長いってことが
大きな要因であろう。

 

バナナを括り付けるのはぼくも一緒。

 

泊めてもらっているのはパン屋さんの裏手。
1階部分が住居になっていて
その地下部分を開放してくれている。

 

 

 

トイレやシャワーはこの倉庫みたいな場所を使わせてもらう。

 

ちょこっと町なかを散歩。
雪山がもうすぐそこまで迫っている。

 

東京ははるか遠く。

 

パン屋さんに入ると人でごった返していた。
大きな観光バスも停まるほど有名なお店。

 

 

 

創業者?と思えるこちらの人形と
一緒に記念撮影する人が次から次へと出現する。

 

今日は新たな旅人はやって来なかったので
ひとりで牛肉をじゅーじゅーして
買ったパンと一緒に堪能した。

やっぱりアルゼンチンの牛肉はうまい。

これを堪能できるのもあとわずか。

 

ウシュアイアまであと100km。
アメリカ大陸のゴールもすぐそこだ。
  

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

 

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

目的地はパン屋さん 2019年11月6日(水) 698日目(リオグランデ→トルウィン)

  • 2019.11.06 Wednesday
  • 23:43

日付:2019年11月6日(水) 天気:晴れ

移動距離:106km 総移動距離:29,723km

本日の移動:Rio Grande(リオグランデ)→Tolhuin(トルウィン)

 

町なかにいても強い風が吹き荒れていることがわかる朝。
ウシュアイアまで200kmちょっとだけど
ここから進行方向が少しずつ西向きになっていくので
風の影響をもろに受けそうな気がする。
そんなわけで今日も早めに走り出すことにした。

 

町を出て10kmほど道が西向きにのびている。
前方やや左側からの爆風に悪戦苦闘。
真っすぐ走ることが出来ないどころか
そもそも自転車に乗ることすら難しい。
反対車線までハンドルを取られてはみ出していってしまいそう。

 

止まったり押して歩いたりしながら何とか最初の10kmの終わりが見えてきた。

この先で大きく左にカーブ。
右手前方から受けていた風が
カーブを曲がっていくと徐々に背中を押していく向きへと変わっていった。
ギアを重たくしてぐんぐんと進んでいく。

 

風が強いことを示す標識。

木の絵だと思うけど幹は左に曲がっていて
葉は右に流されているという摩訶不思議な現象が起きている。

 

この道は意外に車が多い。
大型のトラックを頻繁に見かける。
こんな辺境の地で何を運んでいるのか。

大型の工場のような場所もちらほら。
地下資源があるのかもしれない。


そんな工場の近くにもグアナコは生息している。

 

しばらく進むと道ばたに木が生えていることが多くなってきた。
多くの木には緑色の糸のようなものが大量に絡まっている。
これは別の植物なのか、それともこの木の葉っぱなのか・・・?


 

 

アップダウンが増えてきて遠くには雪山を見ることもできる。


西からの風が山(丘)によって少し遮られて
爆風がただの強風くらいになっていった。
それと同時に向かい風となってしまったが・・・。

 

冷たい風に抗いながら走っていると道ばたにパン屋さんの看板を発見。


実は今日の目的地はこのパン屋さん。
サイクリストを無料で泊めてくれるということで
旅人の間では「超」がつくほど有名な場所だ。

 

グアナコを眺めながら坂道を走り切り
トルウィンという小さな町に入っていった。

 


パン屋さんはどこかな〜とキョロキョロしながら走っていると
こちらから聞いてもいないのに
「パン屋はあっちだぞ。」と通りすがりのおっちゃんが教えてくれた。
この町に来たサイクリストが目指す場所は
そこしかないと誰もが知っているようだ。

 

パン屋の近くまでやってきたところで
たまたまおかみさんみたいな人がお店から出てきて
「お!泊まるのかい?」と言い
そのまま店の裏手へ案内してくれた。

デンマークから旅をしている2人の若者も来ていて
3人で買い出し、夕食を共にした。
彼らはここからエクアドルを目指して進んでいく。

 

無料で泊まらせてもらうので
感謝の気持ちを込めてパン屋さんでエンパナーダを購入。

 

お店には田舎町とは思えないほど
いつもたくさんのお客さんがやってきていた。

 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

風と共にリオグランデ 2019年11月5日(火) 697日目(サンセバスチャン→リオグランデ)

  • 2019.11.05 Tuesday
  • 23:28

日付:2019年11月5日(火) 天気:晴れ

移動距離:82km 総移動距離:29,617km

本日の移動:San Sebastian(サンセバスチャン) アルゼンチンイミグレーション→Rio Grande(リオグランデ)

  

簡易キッチンをありがたく使わせてもらい
しっかり朝食をとってから走り出した。

  
今日も強風、いや爆風である。
ここがパタゴニアでなければ外に出ることすらも躊躇するレベル。

 

いよいよウシュアイアまでの距離が出てきた。

 

周囲に何もない場所に1本の道が続いている。

 

追い風でぐんぐんと進んでくれる。

もちろんちょっと進行方向が変わると
信じられないくらいの横風になってしまう。
風が冷たいので風よけにレインウェアを着ているが
バタバタと激しい音をたてながら踊り狂っている。

写真だと穏やかなんだけど。

ウシュアイアまでこんな状態が続くのだろうか。

 

 

 

これまで逆方向に走ってきた旅人に何人か会ったけど
この風に抗って進んできたのか・・・?
考えたくもないんだけど。

と思っていたら旅人発見。
アルゼンチン人の旅人。
ウシュアイアを走り出してコロンビアを目指しているところ。
ちょっとした坂道なんだけど
あまりに風が強いので乗ることが出来ずに
フラフラと押して歩いていた。

 

ぼくの方はあっという間にリオグランデの町に到着。
思っていたよりも大きな町で
安宿もあったので使うことにした。

この風の状態ではテントを張ることが出来る場所を
見つけられる気がしない。

 

ちょっとだけ町歩きをしたけど
町なかも風が強くて全く楽しめない。

この時計台?が町のシンボルらしい。

 

宿にはキッチンがなく部屋で自炊も厳しそうなので
小さなテイクアウトのお店で
よくわからないものを購入。
豆がたっぷり入った煮込み料理なんだけど
柔らかい牛肉がゴロゴロ入っていて最高にうまかった。


  
そうだ。ここは牛肉の国アルゼンチン。
飽きるほど牛肉を食いまくろう。
 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

 

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

いま、ふたたびのアルゼンチンへ 2019年11月4日(月) 696日目(ポルベニール東60km→サンセバスチャン)

  • 2019.11.04 Monday
  • 23:20

日付:2019年11月4日(月) 天気:晴れ

移動距離:101km 総移動距離:29,535km

本日の移動:Isla Grande del Tierra del Fuego(フエゴ島) Porvenir(ポルベニール)の東60km→San Sebastian(サンセバスチャン) アルゼンチンイミグレーション

 

夜になれば風は弱まると思っていたが
いつまでも爆風が吹き荒れていた。
幸い、使わせてもらった小屋は
しっかり建てられていて、
揺れることもすきま風が入ってくることもなく
快適に眠ることができた。
これがテントだったら・・・いやいや、考えたくもない。

 

あっという間に準備を終えて走り出した。
あと44km走れば舗装路に変わる。

昨日苦しめられた道を横目に
追い風に背中を押されて東へ進んでいく。


フレームに負担をかけないよう慎重にゆっくりと。

風のおかげでほとんどペダルに力を入れなくていい。
軽くシャカシャカと回すだけで
エンジンを積んでいるかのように
ぐんぐん進んでいってくれる。

むしろ停まって写真を撮るのに苦労する。
カメラは揺れるし自転車は勝手に進みだす。

 

 

警戒心が強いグアナコはぼくがある程度の距離まで近づくと
サーっと逃げていく。
道路脇には牧場の柵が続いているが
それを美しいフォームで華麗に飛び越えていく。

 

でも、まだ子どものグアナコは柵を越えられなくて

しばらくぼくの斜め前をひたすら走り続けていた。

 

草原の中にポツンと1本の木が生えていた。
風を受けながらも必死に耐えている。

こいつには自分で動く手段がないから

根を張ったらそこで生きていくしかない。

建物があった痕跡があるので

以前は風よけがあったのかも。 

  

約45kmを走り切って舗装路に変わるところで
2つの小屋が並んでいた。

一つは昨晩使わせてもらったやつと同じタイプで
もう一つはそれよりも古いもの。

  


多くの旅人たちが夜を明かした場所で
中には色んな人のメッセージ(落書き)が残されていた。
日本語もちらほら。

 

ここから先がきれいな舗装路となった。
100kmの未舗装路をなんとか耐え抜いたといわけだ。
路面を気にしてブレーキを握る必要はない。
風に乗ってぐんぐんと加速していく。

 

車で旅をしているご夫婦から声をかけられた。

追い風に乗っていたこともあって

止まらずに並走しながら話をする。

ツールドフランスでチームカーと会話をする選手みたい。

と勝手にそんな想像をしていた。

最後にこちらの差し入れを頂いた。

プロテインが必要だろうとのこと。

  

サンセバスチャンという小さな集落の
小さな商店で余ったチリの小銭を使い果たし、
先にあるイミグレーションでチリ出国の手続きを済ませた。
 
そう、何を隠そうフエゴ島の半分はアルゼンチンなのである。
島のほぼ真ん中で南北に真っすぐ国境の線が引かれている。
全く人間は面倒なことをするもんだ。

そこから道は未舗装路となってしまった。
ぼくを追い越すトラックが砂埃を舞い上げる。
風に乗ってどこまでも飛ばされていくので
背中にバチバチと激しくぶつかってきた。
 
しばらく走ったところでアルゼンチン入国。

 
これがアメリカ大陸最後の国境越え。
イミグレーションはもうちょい先のようなので
そのまま走り続ける。

風はさらに勢いを増してきた。

何もしていなくても恐怖を感じるレベル。
突風というよりは空気全体が勢いよく動くような感じで
常に強い風が吹き続ける。

 

未舗装路を10kmほど走って
アルゼンチン側のイミグレーションにたどり着いた。
手続きは簡単に終了。
カウンターの後ろの窓ガラスには
旅人たちのステッカーが隙間なく貼られている。

麻薬探知犬と思われる犬は
係員が投げたおもちゃを嬉しそうにくわえて尻尾を振っていた。

あ〜なんだか、アルゼンチンって感じがする。

 

そんなちょっと緩い雰囲気のあるイミグレーションは
ぼくのような旅人が泊まることができる部屋があると教えてもらっていた。
時間は16時過ぎ。
まだまだ明るいから走ってもいいんだが
この爆風じゃしっかりとした風よけを見つけなきゃ
テントを張ることは不可能なので
泊まらせてもらえないかとお願いした。

 

待合室となっているその場所には
少しだけイスが並んでいて簡単なキッチンもある。
風が吹き付けないだけでもありがたいのに
暖房まで完備されていた。

  

 

のんびり日記を書き、のんびり料理をする。

床がやや冷たいのでテントのグラウンドシートを敷き
その上にマットを広げた。
ドアの下から入り込んでくる冷たい空気は
パニアでガードすることに。

 

海外を旅する者にとってイミグレーションってのは
入国のスタンプをすんなり押してくれるかな、
賄賂を要求されたりしないかな、などと
かなり気を使う場所だが、
ここは何とも旅人に優しい場所で
ぐっすりと休むことができた。
 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

 

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • マラウイ湖畔ラストライド 2020年3月11日(水) 824日目(Nkhotakota→Salima)
    yasu (03/27)
  • 帰国の決断
    yasu (03/27)
  • 帰国の決断
    biei (03/25)
  • マラウイ湖畔ラストライド 2020年3月11日(水) 824日目(Nkhotakota→Salima)
    中田 (03/18)
  • のんびりサファリ準備 2020年1月31日(金) 784日目(Arusha)
    yasu (02/14)
  • 飛行機移動はやっぱり苦手 2020年1月20日(月) 773日目(Lisbon⇒Dubai)
    yasu (02/14)
  • のんびりサファリ準備 2020年1月31日(金) 784日目(Arusha)
    中田 (02/07)
  • 飛行機移動はやっぱり苦手 2020年1月20日(月) 773日目(Lisbon⇒Dubai)
    ネコシバ (01/29)
  • 痛みと共に初走行 2020年1月2日(木) 755日目(Sevilla→Huelva)
    yasu (01/28)
  • 痛みと共に初走行 2020年1月2日(木) 755日目(Sevilla→Huelva)
    中田 (01/22)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM