ナイロビから南へ! 2020年1月28日 781日目(Nairobi→Kajiado)

  • 2020.01.28 Tuesday
  • 23:45

日付:2020年1月28日(火) 天気:くもり時々雨

移動距離:73km 総移動距離:31,873km

本日の移動:Nairobi→Kajiado

 

ナイロビでお世話になった宿のオーナーはBerdonという青年。
一緒に買い物に行ってくれたり、
細かいところまで面倒を見てくれたりした。
不安で心配なくせにあまり下調べをしないぼくにとっては
彼のような存在は本当にありがたい。
気をつけなければいけないことを教えてもらえただけでなく
過度の心配を取り除いてくれた。

 

そんなBerdonの本職(何が本職なのかわからないけど)は教師。
以前はルワンダで教師として働いていて
母国のケニアに戻ってきた後に
特別な支援を必要とする子どもたち向けの学校を設立した。
学校というよりも財団という感じ。
教えてもらったホームページを見ると

そこで利益を得ているというわけではないようだ。
日本語にすると非営利団体となるのかな。

 

仕事の関係で宿にいたのは最初の2日間だけ。
その後は泊りがけで仕事に行っていた。
宿にいる時も朝早くから夜遅くまで仕事をしていて
昼間はぼくの買い物に付き合ってくれていてた。
もちろん不在中も困った時は彼に連絡することができた。
 
宿泊を延長したので数泊分の支払いが出来ていなかった。
支払いをどうするべきかと尋ねると
鍵のかかっている部屋にドアの下からお金を入れておいてとの返信。
それでいいの本当にいいの!?
もちろんお金はしっかり滑り込ませたけど
そのまま宿を出ていってしまうこともできたわけで。
こうして最後まで彼に甘えてナイロビを出発することになった。
 
と、走り出そうと思ったら前のタイヤが柔らかい。
数日前に空気を入れたばかりなのになぜ!?
パンク修理をしてやっと走り出すことになった。

 

荷物をつけて走るのは約2週間ぶり。
久しぶりの重たい自転車に苦労する。
そして、それよりも違和感があるのは左側通行だということ。
カナダからずっと道路の右端を走ってきたわけで
走り出しや交差点で曲がった後は
気を抜くと右側にするすると向かってしまう。

 

朝方は雨が降っていたが走り出すころにはやんでいた。
この先の天気予報を見ても毎日のように雨マークがある。
雨が多いシーズンだから仕方がない。
それでも1日中降り続くことはないらしい。

車の多い幹線道路を進んでいく。
背後からはバスやトラックもすごい勢いで走ってくる。
合流地点やラウンドアバウトでは慎重にならなければいけないが
あまりに慎重になりすぎていては先には進めない。
時に大胆に車の前に入るしかない。
 
ナイロビの町から離れて車の数が落ち着いてきたところで
進路を大きく南に変えた。
そこまでは下りが多かったが道は上りに変わる。
そんなタイミングでこれまで小雨程度だった雨が
本格的に降り始めてしまった。
半袖ハーフパンツで走っていたが
さすがにレインウェアを着込むことにした。

 

しばらく降り続いた雨も上がり
目的地まで半分をきったところでレストランがあったのでお昼休憩にする。
ここでは気温が高いのであまり食料は持ち歩かず
レストランがあるならそこで食べるようにしていくつもり。
何があるのかよくわからなかったので適当に注文して出てきたのがこちら。

肉とじゃがいもの煮込みとほうれん草。
白いのはウガリと呼ばれるアフリカの伝統的な食べ物。
穀物の粉を練って作られている。
コーンやキャッサバの粉が多いが
地域によって差はあるようだ。
そして、これを手で食べていく。
さすがに慣れるまでは時間がかかりそうだ。
 
ナイロビで入ったレストランでもそうだったが
食事の前後には水と石鹸をテーブルまで持ってきてくれて
風呂おけのようなものの上でしっかり洗わせてくれる。
色んな感染症の恐れがあるからなのか
これまで訪れた国の中でも食前食後の手洗いは
こういったレストランではしっかり意識されているようだ。

 

食事を終えてからは天気が回復し青空も見えてきた。
この辺りは比較的標高が高いがそれでもなかなかの暑さ。
この先が心配になってくる。

 

70kmちょっとを走ってKajiadoという町に入った。
ここには何軒か宿があるのを調べておいたので
町に入ってフラフラと探し回る。
完全にケニアのローカルな町なので観光客なんていない。
ぼくは一目でよそ者だと認識されジロジロと見られることになる。

 

宿を見つけて料金を確認。
フロントの後ろに貼ってある料金よりも高い値段を言うので
もちろん値下げしてもらった。
まぁ、ヨーロッパに比べたらだいぶ安いわけだけど。

 

久しぶりに暑い中走ったのでビールが飲みたい。
スーパーに行ってみたけど見当たらない。
もちろんそんなことで諦めるぼくではわけない。
町をふらふらと歩いて小さな商店も覗く。
が、それでも見つからない。
ケニアでは普通のお店には置いていないのだろうか。

 

やや怪しげなバーの中を鉄格子のある窓から見てみると
冷やされたビールを確認することができた。
周囲にいる人の目線がやや気になるが
ここでしか手に入らないと思われるので入店。
これまた鉄格子のカウンターがあって
そこにいるおばちゃんにお願いすると
冷えたビールを売ってくれた。

 

新しい自転車、久しぶりの走行、交通量の多い道、
雨、左側通行、暑さ・・・

多くの要素で疲れてしまった。

 

中でも一番ひどいのは日焼け。
1日でこのありさま。

 

朝は曇っていたし何も気にしておらず
日焼け止めも塗っていない。
やはりアフリカの日差しをなめちゃいけなかった。
 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

 

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

ナイロビ滞在記 2020年1月23〜27日 776〜780日目(Nairobi)

  • 2020.01.23 Thursday
  • 23:53

日付:2020年1月23〜27日 

移動距離:なし 総移動距離:31,800km

現在地:Nairobi

 

自転車の組み立ては問題なく終えることができた。
が、輪行の際にヘルメットに付けていたミラーが
付け根から折れてしまった。
ケニアからは左側通行になるので
どちらにしても付け替えが必要だったが
ガムテープでくっつけることになってしまった。
果たしてこれで大丈夫だろうか。
運転も荒くなるだろうし
この先は絶対になくてはならない必需品だ。
 
 
ナイロビは標高が高いので心配する必要はないが
この先、タンザニア、マラウイと進んでいくと
マラリア感染の危険性が増していく。
出来る限りの対策はとっておきたいので
近くの薬局で薬を購入した。

予防薬として使うのがマラニール。
1日1錠服用するタイプ。
週に1回服用ののメフロキンというものより高額だが
マラニールの方が副作用が少ないらしい。
(もちろん個人差はある。)
 
さらに治療薬としてコアルテムも購入。
マラリア発症が疑われる場合、
少しでも早く病院へ行って検査を受けることが大切。
ただ、自転車で旅をしている場合、
病院が近くにないなんてことも考えられる。
マラリアかどうか判断がつかない場合の緊急措置として、
「スタンバイ治療薬」と呼ばれるものがこのコアルテム。
「疑わしい時は飲んどけ!」という感じ。
もちろん飲んだから治るわけじゃなく
出来る限り早く病院に行く必要はある。

 

それらの薬を飲む前にもっと大切なのは蚊に刺されないようにすること。
強力な虫よけスプレーも購入した。
outdoor&camping用と書いているからきっと強力に違いない。
念のため薬局の兄ちゃんに「これはストロングか?」と尋ねると
ラベルをぼくに見せながら「レベル3だから問題ない。」と言う。
「レベル4のものはないのか?」と
半分冗談、半分本気で尋ねると薬局にいた兄ちゃんは笑っていた。


 
 
リスボンからナイロビまでエミレーツ航空を利用した。
ケニアに入国するときに
出国用チケットの提示を求められる可能性があるとのことで
事前にキャンセルできるチケットを同じくエミレーツで予約していた。
インターネット上でキャンセルの手続きをするもどうもうまくいかない。
電話で問い合わせるもいまいちよくわからないので
エミレーツのケニア支店まで足を運んだ。
数万円のチケットの払い戻しなので
しっかりと確認しておかなければ落ち着いて旅もできない。
結局、手続きが終わるのを待つしかないようで
そのうちメールがくるようだ。
 
 
ケニアに入国するときはビザが必要。
それは事前にチェックしていたわけで
入国の際には何の滞りもなく50ドルを支払って手続きをした。
ところがパスポートを見ると入国スタンプはあれど
ビザを取得したというスタンプみたいなものが存在しない。
ちょっと気になってネットで調べてみると
パスポート1ページ分のシールのようなものを
もらっている人がちらほら存在する。
入国出来ているわけだから問題ないだろうと思う自分もいるが
出国の際に「ビザがないぞ」といちゃもんをつけられるような気もしないわけじゃない。

 

「空港で入国審査を通過した!金も払った!」と言うだけじゃ
通用しないような気もする。
タンザニアとの国境まで行ってから

ナイロビに逆戻りなんてことは絶対にしたくないので
念のため確認できるかわからないけど
ケニアの日本大使館に電話で相談してみた。

オンライン申請をしている場合はスタンプのみらしい。
その申請をしていないわけで
空港で50ドルを支払ったのだけど・・・。
でも、スタンプがあれば大丈夫とのこと。
大使館の人も「ハハハー、適当ね〜」と笑っていた。

 

 
という感じで色々と準備したり確認したりで
1週間近くもナイロビに滞在した。

これからいよいよ旅の再開。
久しぶりの走行に少し緊張気味。
まぁ、この感覚がけっこう好きでもあるんだけど。
 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

ナイロビでお買い物 2020年1月22日(水) 775日目(Nairobi)

  • 2020.01.22 Wednesday
  • 23:18

日付:2020年1月22日(水) 天気:晴れ

移動距離:なし 総移動距離:31,800km

現在地:Nairobi

 
世界三大凶悪都市と呼ばれることもあるナイロビ。
昨日、宿の近くを歩いたが危険なようすはない。

(もちろん日本やヨーロッパとは雰囲気は違うけど。)
このエリアが特別なのだろうか。
それともそこまで心配する必要はないのだろうか。
 
どちらにしてもここから走り出したら
手に入れるのが困難なものも多い。
昨日スーパーまで案内してくれたBerdonは、
ぼくが欲しいものがあると話をすると
ほぼ半日を費やして一緒に買い物に付き合ってくれた。

どこまでいい人なんだ、Berdonよ、、、

 

欲しかったものは飛行機で持ち運びができないもの。
例えばキャンプ用のガス缶、自転車のオイル関係など。
それに東アフリカの紙地図も出来れば手に入れたい。
調べてみると町の中心よりも
町から少しだけ離れたショッピングモールなんかで買い揃えることができそう。

 
移動はUber(配車アプリ)を使いナイロビの町を抜けていく。

朝の時間帯は町の中心に向かう車線は大混雑。
3車線もあるけど車はほとんど進んでいかなかった。

もちろん交通ルールなんてものはあってないようなもの。

交差点やラウンドアバウトなんかでは

どっちが先に頭を出すかが勝負の分かれ目という感じ。

 

最初のショッピングモールで見つかったのは地図のみ。

さらに郊外にあるショッピングモールへ向かうことにする。

 

続いてもUberを使って車を呼んだ。

日本の中古車を使っていてカーナビからは

「ETCカードを挿入してください」という日本語音声が流れてきた。

ぼくが日本人だと知るとカーナビを英語の設定に変えてほしいと言う。

助手席に乗っていじくるがどうやら運転中は設定ができないようす。

その旨を伝えたがその後も何度も「頼むよ〜」と話してきた。

「わかってるちゅうの!停まってからやるから!!」

 

などと言っていたら急に車がガタガタ言い出した。

後ろのタイヤがパンクしている。

ドライバーのおっちゃんは
「5分で直すから安心しろ!」と言って手際よくタイヤを交換。

Berdon(赤いシャツの方)もそれをお手伝い。

 

その間にぼくはナビの設定を英語に変更してあげた。

 

本当に手際よく5分で直しちゃうから驚く。
日本じゃ自分でタイヤの交換ができる人がどのくらいいるだろうか。
ちなみにぼくは自転車のパンク修理は出来るが車は無理。

いや、自転車のパンク修理も荷物がついている自転車だと5分じゃ無理かも。
 
いくつかのショッピングセンターと自転車屋さんを回って
必要なものはある程度揃えることができた。

 

あとは自転車を組み立てて、荷物をまとめて、この先の道のりを確認して・・・。

まだまだやることは多い。 

 
  

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

 

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

ここから本当のアフリカ編 2020年1月21日(火) 774日目(Dubai⇒Nairobi)

  • 2020.01.21 Tuesday
  • 23:51

日付:2020年1月21日(火) 天気:晴れ

移動距離:なし 総移動距離:31,800km

本日の移動:Dubai⇒Nairobi

 
とてつもなく広い空港。
なるべく静かな場所に座って休んでいたが
荷物も気になるし腰も痛いのでなかなか眠ることはできなかった。

 

ちょっとお腹が空いてきたので空港内のカフェで
軽食とコーヒーを買う。
レジにいたのは片言の日本語を話すマレーシア人。
もちろん最初は英語で話をしていた。
その隣にはケニア人の女性。
色んな国の人がここで働いていた。

 

ぼくがいるターミナル3はエミレーツ航空だけが使っている。
それにも関わらずとにかく広い。
搭乗ゲートに行くまでに30分近く歩き続けた。

 

飛行機はほぼ定刻で出発。
ちょっとは眠れたけど
これまた映画が面白くてあまり眠ることはできず。
あっという間に目的地のナイロビにたどり着いた。
飛行機の外に出るとモワっとする暑さ。
赤道の近くまでやってきたことを肌で感じる。
 
すぐに入国手続きとなる。
ケニア入国にはビザが必要。
オンラインで事前に申請しておけば
簡単な手続きで済むことは知っていたが
飛行機のチケットを取ったのが出発直前なので
オンライン申請は間に合わなかった。
 
空港でアライバルビザなるものの手続きをする。
2種類の紙に必要事項を記入して列に並ぶ。
確かにオンラインで申請している人たちより時間はかかるが
そこまで大勢が並んでいるわけじゃない。
長蛇の列を覚悟していたのでこれはうれしい誤算だった。

 

20分ほど待って自分の順番がやってきた。
ビザの取得には50ドルかかる。
お金を渡すといくつか質問をされた。
英語で話しているのはわかるが
早口で発音が独特のためうまく聞き取れない。
係りのおっちゃんはなんだかイライラしてる。
こっちとしてはちょっとビクビクしてしまう。

それでもすぐにスタンプを「ボン!」と押してくれた。
出国する飛行機のチケット提示を求められることもなかった。
(念のため予約をしておいたのだが・・・)
 
荷物検査はX線を通しただけ。
スーツケースをあけて中まで確認されている人もいたけど
自転車もテープでぐるぐる巻きにした袋も開ける必要はなく
そのまま通過することができた。

こうして無事にケニアへ入国した。

 
モロッコで少しだけアフリカに入っていたわけだが
やはりここは別世界だ。

ナイロビの治安はあまり良くないと聞いている。
右も左もわからない状態なので
今日のところはタクシーを利用して
そのまま予約していた宿へ直行した。
 
場所がわかりにくかったけど何とか宿を発見。
マンションの一室を借りるタイプで
そのマンションの入り口にはしっかりとした扉があり
24時間警備員までいるようだ。
それはそれで安心なんだけど、
そこまでしなきゃいけないほどの治安ってことなのかと
不安にもなってくる。

 

部屋は4階。オーナーのBerdonが下りてきてくれて
荷物を一緒に運んでくれた。

荷物をほどいたりするのは明日にして
近くのスーパーまで買い出しにいくことにする。
なんとBerdonはそのスーパーまで案内してくれて
レストランやらATMの場所も教えてくれた。
しかもスーパーでは
「おれがカートを押すからあちこち見てきな。」と。
なんていい人なんだ、Berdon。

 

彼に聞くと付近の治安はいいらしい。
確かに子どもも女性も普通に歩いているし
危険な雰囲気は感じない。
泊まるマンションもきれいでヨーロッパと変わらない。
ただ、道にはごみが散乱していたり
いくつかの露店が並んでいるのを見ると
「おー、ついにアフリカにやって来たな・・・」と
じわじわと実感がわいてくる。

 

夕食はBerdonに教えてもらった近くのレストランへ。
ケニアではこの象のビールが最も人気らしい。

 

明日から何日かかけて出発の準備。
ルートもそれなりに決めていかなきゃいけないな。
 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

 

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • マラウイ湖畔ラストライド 2020年3月11日(水) 824日目(Nkhotakota→Salima)
    yasu (03/27)
  • 帰国の決断
    yasu (03/27)
  • 帰国の決断
    biei (03/25)
  • マラウイ湖畔ラストライド 2020年3月11日(水) 824日目(Nkhotakota→Salima)
    中田 (03/18)
  • のんびりサファリ準備 2020年1月31日(金) 784日目(Arusha)
    yasu (02/14)
  • 飛行機移動はやっぱり苦手 2020年1月20日(月) 773日目(Lisbon⇒Dubai)
    yasu (02/14)
  • のんびりサファリ準備 2020年1月31日(金) 784日目(Arusha)
    中田 (02/07)
  • 飛行機移動はやっぱり苦手 2020年1月20日(月) 773日目(Lisbon⇒Dubai)
    ネコシバ (01/29)
  • 痛みと共に初走行 2020年1月2日(木) 755日目(Sevilla→Huelva)
    yasu (01/28)
  • 痛みと共に初走行 2020年1月2日(木) 755日目(Sevilla→Huelva)
    中田 (01/22)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM