2018年9月9日(日) 275日目(米国 ダグラス)

  • 2018.09.09 Sunday
  • 23:43

日付:2018年9月9日(日) 天気:晴れ

移動距離:なし 総移動距離:14,640km

本日の移動:Douglasにて準備

 

今日はメキシコ入りに向けてしっかり準備をする日。
と言ってもフェニックス、トゥーソンの2つの大きな町で自転車は整備しているし、
細々したものは買い揃えているし、実際にやることってそんなにない。
つまり、ぼくがわざわざ連泊をしてやろうと思っていたのは「気持ちの準備」。

泊っているモーテルから外を見れば、ちょっと遠くにメキシコの山並みと
家々が並んでいるのが見えている。
本当にすぐそばにある。

 
人間が作った境目でどこまで世界が変わるんだろうか・・・。

正直言って不安だらけ。
スペイン語の本を持ってきているけど、
ここ数週間でぱらぱら読んでいるだけ。ほとんど身についていない。

この町では英語よりもスペイン語の方が耳に入ってくる。

もちろん全く理解できない。

 
さらに、やはり治安も心配だ。
ここアメリカでさえも、メキシコを目指していると話すと
「気をつけてね」と言う人がほとんどだった。
危険を察知するアンテナはこれまで以上に高く保たなければならない。
でも、そう考えられている国でもきっと素晴らしい景色はあるだろうし、
素敵な人たちにも出会えるはず。それを信じたい。
さらに食べ物は安くてうまいと聞いている。
自転車で旅する者にとって食べ物とビールが安くてうまけりゃ、
それは「素晴らしい国」になるに違いない。

 

明日から始まるメキシコの旅に大きな不安とわずかな期待が頭の中をぐるぐる回っている。
スペイン語の会話集を開いているものの全く頭には入っていかなかった。
 

 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

2018年9月8日(土) 274日目(米国 トゥームストン→ダグラス)

  • 2018.09.08 Saturday
  • 23:28

日付:2018年9月8日(土) 天気:晴れ

移動距離:81km 総移動距離:14,640km

本日の移動:Tombstone→Douglas

 

12時間くらい寝ていたような・・・。
ここ数日は大して走ってないから疲れてないと思うのに。
まぁ、テントでもこうしてぐっすり眠れるってことはいいことだ。

 

ボリューム満点の朝食をごちそうしてもらってから走り出した。
出発前の記念写真。ぼくの向かって右側にいるのがMoe。

このキャンプ場のオーナー。昨日は町の案内をしてくれた。

  

今日は土曜日だからなのか通りでは歴史を感じさせる車のパレードをやっていた。

車にあまり興味はないが写真だけ撮って先へ進む。

 

今日も緑の多いエリアを走っていく。

 

そういえばここ数日は鼻水と目のかゆみに襲われている。
何らかの花粉に反応しているのだろう。
砂漠エリアは心身ともに疲労がたまっていく感じがするが、
こうして緑が多い地域ってのもぼくにとっては考えもんだ。
特に風が強いから花粉がより飛散しているかもしれない。

 

お昼を過ぎて東から南へと進路を変えた。
この道がぼくにとってアメリカ最後の町となるDouglasへと続く。
ついに標識にはMexicoの名前も登場した。

 

遠くに見えている山はメキシコだろう。


15時にDouglasに到着。
目をつけていたモーテルにチェックインした。
料金もそこまで高くないのでここで2泊する。
明日メキシコ入りしてもいいんだけど、いろいろとやっておきたいこともあるし。
いや、というか、完全にびびっているのです。
国境付近の町は危険だということなので、
国境を無事に通過し次に出てくる町までササっと走れるように準備をしておきたい。

 

※久しぶりに日記がリアルタイムに追いついた。いつ以来だろうか。

 というわけで、まさにメキシコ入りの準備中です。

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

2018年9月7日(金) 273日目(米国 ソノイタ→トゥームストン)

  • 2018.09.07 Friday
  • 23:13

日付:2018年9月7日(金) 天気:晴れ

移動距離:62km 総移動距離:14,559km

本日の移動:Sonoita→Tombstone

 

昨日は早起きできなかったが、今朝はしっかりと5時に目を覚まして準備を開始。
トラックの荷台に自転車と荷物を積み込んだ。
昨日荷物のない自転車で走ったSonoitaまで送ってもらった。
3日間+スカイプ授業+車での送迎まで、Stacieには本当にお世話になった。

  

彼女はこのあと仕事。
ガーデニングの仕事をしているのでサボテンのトゲがあっちこっちに刺さるらしい。
長袖・長ズボンは必須だと言う。

 

走り出すと両側には牧場なのか広い草原が続いた。

 

その中を道が真っすぐにのびている。
なんとなくだけど北海道の景色を思い出させる。
アメリカもあとちょとというところでこんな景色になるとは思わなかった。

 

牛がのんびりと移動中。

 

今日は食料も水分も十分に持っているし、道もほぼ平坦なので余裕がある。
自転車の旅はたどり着くことが目的ではなくなる。
たどり着くまでの走っている途中の景色を存分に楽しめることが自転車旅の最大の魅力だ。
でも、昨日のように気持ちや体に余裕がなくなるとそれは一気に苦行へと変わってしまう。
やはりゆとりをもって旅をしなきゃ楽しめない。
そのための準備をしておかなきゃいけないなと改めて実感した。

 

ゆっくりと走って14時過ぎにTombstoneという町にたどり着いた。
ここのRVパークに無料でテントを張らせてもらえるように
昨日のうちにStacieが知り合いに掛け合ってくれた。

管理人のSueとMoeのご夫婦にあいさつをしてから町の見学へ向かった。

 

このTombstoneという町は西部開拓時代の町並みを残す「生きた博物館」
として観光客を集めている。
映画の中でしか見たことないような建物が残されていた。

 

 

 

中でもこの「O.K. Corral」は有名な場所で何度も西部劇の舞台になっている。
今ではガンファイトのショーを行っているようだ。

 
ぼくは見学しなかったが近くを歩いていたら突然「バン!バン!」と
大きな音がしてかなりびっくりした。

 

メインの通りは車の通行を禁止していて馬車がパカパカと進んでいた。
舗装されていないのがいい雰囲気だな〜と思っていたが、
実は以前は舗装されていたのを昔の景観に戻すためにはがしたらしい。

町並みも自然も保存していくってことは決して簡単なことではない。

観光客も目につくが、ここは大きな町のTucsonから車で1時間以上、

Phoenixからだったら3時間はかかる場所。

今は観光業で成り立っている町だが、この先どうなっていくだろうか。

でも、いつまでも残しておきたい景色であることに違いはない。

 

そんな町は30分も歩けばだいたい全てを見てしまえるので、
キャンプ場に戻りつつ見つけたBrewingへと入る。
こんな小さな町にも地ビールを作る場所があるから驚きだ。

オーストラリアを走り出したころはこんなお店に入るのもドキドキしていたけど、
今となってはスッと入って適当に注文しビールを楽しんでいる。
決して英語のレベルが上がったわけじゃなく、
単に英語に慣れただけ。話せなくてもなんとかなるということがわかっただけ。
そんな感じだ。

 

キャンプ場に戻ってテントを設営。
木陰でゆっくりしているとちょっと眠たくなってきた。
運よくテントも木陰に張ることができたので、中もそこまで暑くない。
ちょっとだけ・・・と横になってみたら、次に目を覚ましたのは夜の10時を過ぎていた。
あたりは真っ暗。夕飯を食べてないけどまぁいいか。
というわけで、そのまま寝てしまい、たっぷりと睡眠をとることにした。
 

 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

 

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

2018年9月6日(木) 272日目(米国 トゥーソン→ソノイタ)

  • 2018.09.06 Thursday
  • 23:26

日付:2018年9月6日(木) 天気:晴れ

移動距離:66km 総移動距離:14,497km

本日の移動:Tucson→Sonoita

 
お世話になっているStacieは今日も5時に起きて仕事。
ぼくもそれに合わせて起きるよと伝えていたものの起きたのは6時。
彼女が車で出発していく音で目を覚ました。

別に早起きしなくてもいいよと言われていたので、
気持ちにゆとりがあるとこうしてゆっくりと寝てしまう。
のんびりと朝食をすませて9時過ぎに走り出した。

 

今日もここに泊まるので荷物はなし。
軽い自転車だから約60km先のSonoitaまで走るのは余裕だろう。

朝からやや風が強いのが気になるが、
車の多い町なかはサイクリングロードがあるので走りやすい。

Tucsonの町を抜けて山の中へと入っていく。
ここからは砂漠地帯というよりは緑の多い山の中を走っていくようだ。

けっこう上ると教えてもらっていたが、荷物なしの自転車なので余裕だろうと完全に甘く見ていた。
走っても走っても次から次へと上り坂が出てくる。

出発が遅かったので気温はけっこう高い。
食料も水も少なめにしていたこともあり、軽い自転車でたったの60kmなのにかなり追い込まれている。
きれいな景色なのに、考えているのは「町まであと〇km」ということばかり。

これじゃ全く景色を楽しめていない。

 
やっとの思いで走り切りSonoitaの町にたどり着いた。

飲み物を買って日陰で一気に飲み干した。久々に追い込まれてしまった。
あたりにはのどかな牧場が広がっている。

 

明日はこの山の方へ走っていくことになりそうだ。

 

さて、ここからTucsonまで戻るわけだが、自転車で走って帰るのは過酷すぎる。
どうしたのかと言うと、ここまでStacieが車で迎えに来てくれた。
そもそも、彼女からこの提案をしてくれた。
彼女が徒歩でアメリカ横断をした際にはよくこの手段を使ったらしい。
泊っている場所から軽い荷物で片道を歩き、迎えに来てもらう。
翌日、歩いたところまで車で送ってもらい再び歩くという裏技だ。
つまり、明日の朝一でぼくの自転車と荷物をここSonoitaまで載せてきてくれる。
なんだかちょっとズルをしている感じでもないが、まぁいいか。

 
それに今日の夜には大切な予定があるのだから。
車でTucsonに戻る時には雨もぱらぱらと降ってきた。

大切な予定とは中学校との授業。
StacieはTucson生まれのTucson育ち。
この辺りはスペイン語の会話もけっこう耳にするけど、
彼女は生まれてから英語で育ってきている。
そんな彼女にSkypeでの授業の参加をお願いしており、中学校側とも打ち合わせを行っていた。

 

いつもの流れでぼくが英語で自己紹介。
その後、Stacieに登場してもらって日本の中学生から英語で彼女に質問。
事前に彼女のことを少しだけ伝えており、
その情報をもとに生徒が質問を作っている。
質問する順番を決めてくれていたのでかなりスムーズに進んでいった。
彼女の英語はぼくにとって本当に聞き取りやすい。
ということは、中学生もけっこう聞き取れたんじゃないだろうか。
彼女が南米、ヨーロッパ、アジア、アフリカと各地を訪れていること、
日ごろからスペイン語を母国語にする人と関わっていることが要因だろう。
彼女の方も中学生が話す英語もわりとすんなり理解していた。

 
彼女のアメリカ横断の話や、海外への旅の話なんかもしてくれて、
最後には自分の家を紹介するわと言って家の中をカメラで写しながらウロウロと歩き回った。

Skypeの画面を通してだと子どもたちの反応がそこまではっきりとわからないのが残念。
どこまで聞き取れていたのだろうか。
最後にぼくから話をする予定だったけど、時間がなくなってしまったのでカット。
でも、彼女の話が盛りだくさんだったからむしろなくて良かったかも。

 

彼女が旅をよくする理由がぼくのそれととても似ていた。
海外のことをニュースでしか見ていない。本当の姿を見てみたい。
実際に行ってみると海外は怖いところばかりじゃない。
そう語ってくれた。

ぼくはアメリカに入ってもうすぐで3ヵ月が過ぎる。
人に対して怖さを感じることはほとんどなかった。(まぁ、0ではないけど・・・)
「銃社会」というが、それを目にすることは一度もないし、
家や自転車だって鍵をかけていないことがちらほら。
ニュースなどでその世界の「一部」を見て、それが「全て」だと思ってはいけない。
もちろんぼくだってアメリカのほんの一部しか見ていない。
ぼくが走ったエリアはアメリカでも人口が少ない場所だと言っていいだろう。
(それだけ自然が残っていたということ。)
人が社会を作っている今の時代、そこが安全かどうかは「人」によって決まってくる。

 

と書いているぼくは、1週間もすればメキシコ入りするわけで、
それにかなりびびっている。
 

 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

 

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

2018年9月5日(水) 271日目(米国 トゥーソン)

  • 2018.09.05 Wednesday
  • 23:46

日付:2018年9月5日(水) 天気:晴れ

移動距離:なし 総移動距離:14,431km

本日の移動:Tucson周辺をふらり

 

お世話になっているStacieはガーデニング関係の仕事をしている。
朝の5時に起きて6時には仕事に行くとのことでぼくもそれに合わせて動き出した。

仕事に行く彼女を見送り、ぼくも7時には走り出した。

 
今日も泊まらせてもらうので自転車に荷物は付けていない。
まずはこの町のすぐ近くにあるSaguaro National Parkへ。

この町はサイクリストにとって最高に走りやすい町である。
サイクリングロードがあるだけでなく、
普通の道にもサイクリングレーンが当たり前のように整備されている。

 

家から20分ほどでナショナルパークの入り口にたどり着いた。


約12kmでぐるっとひと回りできる道が整備されている。

ここで見るべきはとにかくサボテンだ。遠くの方までサボテンが育っているのを確認できる。

 

 

でも、山が近いからなのかこのあたりは他の植物も育っていて、
砂漠という印象は受けない。実際に雨がどの程度降るのかはわからないが・・・。

 

また、この道の途中には他では見られない面白い標識があった。

確かにけっこう急な道が多い。荷物をつけた自転車だったら走れなかっただろう。

 

さらにこちら。
道はシェアするべき。それは当たり前だ。車と自転車と歩行者と・・・カメ!?

 

のんびり走っても1時間半ほど。
ビジターセンターを見たかったが朝早くてまだオープンしていなかった。
待っても良かったけど暑くなってきてしまうのが嫌だったので諦め、
町の中心へ向けて走り出した。

 

数軒の自転車屋さんを巡って必要なものを購入。
ここがアメリカ最後の大きな町なのでメキシコの前に細々したものもそろえておいた。
 

 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

2018年9月4日(火) 270日目(米国 オロバレー→トゥーソン)

  • 2018.09.04 Tuesday
  • 23:58

日付:2018年9月4日(火) 天気:晴れ

移動距離:65km 総移動距離:14,431km

本日の移動:Oro Valley→Tucson

 

出発前、大きな家の前で記念撮影。

旦那さんのKurtは数年以内に自転車でアメリカ横断をするつもりだと話してくれた。

こっちでは年齢を重ねてから長い自転車旅に出る人がけっこう多い。

 

ここからTucsonの町まではサイクリングロードがあると教えてもらった。
聞いていた通り川にぞってきれいにきれいに整備された道が続いている。

 

サイクリングやウォーキングをしている人がけっこう多い。
昼間は暑くなるから朝のうちに活動するってことなんだろう。

このサイクリングロードはTucsonの町に入ってからも違う川に沿って続いていた。
道の近くには大きめのスーパーや公園もあって休憩もしやすい。

 

お昼を過ぎたころ、大きめの雲が近づいてきた。
雨になりそうだったので公園の屋根のあるベンチに避難。
そこでおとといの嵐で砂まみれになった自転車をきれいにする。

フェニックスで買ったタイヤは1本を予備にして運んでいる。

また、昨夜、庭を歩いていたらぼくのサンダルに
サボテンのトゲがぶすぶす刺さっているのを目撃され、
新たなものをいただいてしまった。
日本から持ってきていたやつはすでに穴が開いていたので
メキシコに入ったら買おうと思っていたところだったのでありがたい。

 

雨はザーッと降ってすぐに止んだので再び走り出し16時前にStacieのお宅にたどり着いた。
彼女はフェニックスでお邪魔したLauraの友達。
Tucsonに住む友達を紹介してくれていたのだ。

そんな彼女は世界のあちこちを旅している。
家には世界地図やいろいろな国の紙幣や硬貨がきれいに飾られていた。
さらに、数年前には徒歩でアメリカを横断したというから驚きだ。
9ヵ月かけて歩ききったらしい。
しかも、ただ単に歩いただけじゃない。
病気を患っている子どもたちに向けた募金活動をしながら歩いたのだ。
自分の自由で楽しむだけの旅がちょっと恥ずかしい・・・。
  
夕食に町のハンバーガーショップへ行った。
肉がジューシーでめちゃくちゃうまい。チェーン店とはちょっと違う。
これがアメリカの本場のハンバーガーか!


メニューをよく見るとこの肉は「WAGYU」と書いてあった。
 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

 

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

2018年9月3日(月) 269日目(米国 フローレンス→オロバレー)

  • 2018.09.03 Monday
  • 23:00

日付:2018年9月3日(月) 天気:晴れ

移動距離:93km 総移動距離:14,366km

本日の移動:Florence→Oro Valley

 

昨晩はいろいろあって寝るのが遅くなってしまった。
でも、涼しくなってきた朝方にはしっかりと睡眠をとることができた。
遠くで犬の鳴き声が聞こえていたけど、それ以外はとっても穏やかな場所だった。
暗くてよくわからなかったけど、警察の人から案内された場所は広い河川敷のような場所だったらしい。
忠告通りに日の出とともにテントを撤収して走り出した。

 

今日はだらだらとした上りがひたすら続く。

 

道の両側にはさまざまな種類のサボテンが並んでいた。

 

 

花を咲かせていたり、実のようなものをつけていたり。

 

 

 

後で知ったんだけど、このサボテンの実は食べられるらしい。
ジャムにするとおいしいよと教えてもらった。

上りが続くので気温が上がる前になるべく走っておきたかったが、
そんなタイミングで前輪がパンクした。
オーストラリアからずっと同じものを使っているのだがそろそろ限界か?
でも、もうちょっとだけ頑張ってもらいたい。

 

今日は途中に町がない。気温は上がり、道も約60kmの上りが続いた。
14時を過ぎてやっと峠を越えて下りに入った。

今朝は遠くに見えていた山並みが近くに見えている。

砂漠が続くのかと思っていたからちょっと意外な感じだ。

 
標高を上げたおかげだろうか、風を受けるとけっこう心地いい。

今日はTucsonの町に入る手前のOro ValleyというエリアでKurtのお宅にお世話になる。
ここも数日前にお世話になった地域と同じように年齢を重ねて退職した人たちが住んでいるようだ。
近くにはジム、テニスコート、ゴルフ場が並んでいた。
それにしても庭が広い。

 
ファイヤーピットまであって、夕食後はそこで火を囲んで夜空を眺めた。
天体望遠鏡まであったので土星と木星を観察する。
初めて土星の輪っかを生で見ることができた。
 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

 

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

2018年9月2日(日) 268日目(米国 フェニックスの南→フローレンス)

  • 2018.09.02 Sunday
  • 23:51

日付:2018年9月2日(日) 天気:晴れのち砂嵐

移動距離:89km 総移動距離:14,273km

本日の移動:Phoenixの南→Florence

 

お世話になった2人に別れを告げて走り出す。
今日は日曜日だから彼らもサイクリングへ行くらしい。
ばっちりとサイクリングウェアを着込んでいた。

 

ここら辺は55歳以上の人たちが住むコミュニティらしい。
同じような建物が並んでいて、それぞれに大きくて素敵な庭がある。

 
別荘のように夏場はもっと涼しい場所にいて、
秋から冬にかけてかけてこっちに戻ってくる人も多い。
近くにはゴルフコースもあって、のんびりと楽しめるそうだ。

 

しばらくそんなおしゃれな住宅街を走っていたが、
その一画を抜けると急に砂漠地帯が広がった。

朝から風が強いな〜と思っていたが、その風が真正面から吹き付けてくる。
ちょっと先に目をやると、砂が上空へと舞い上がっていて、
つむじ風と呼ぶには大きく、竜巻と呼ぶには小さいようなものが出来上がっているのがわかる。
また、路面があまりよくない。
数メートル間隔で亀裂が入っていて、そこを越えるたびに「ガタンガタン」と
電車のように音を立て、荷物たっぷりの自転車は揺れる揺れる。

 

お昼には町にたどり着いたのでそこで昼食休憩。
こうして町が出てきてくれるだけありがたい。
冷たい飲み物があるし、冷房がある場所で休めると体の熱がひいていく。

今日は風は強かったもののほぼ平坦な道のりだったので、
16時過ぎにはFlorenceという小さな町にたどり着いた。
キャンプ場はないので、町の外れにある野球場が3つもある大きな公園へ。
駐車場から離れたところで道路や民家からも死角になるポイントを発見。
今日はここで野宿かなと考え、夕食やビールの買い出しへ向かった。

 

すると、弱まってきていた風が再び勢いを取り戻し、
徐々に強風へと変わっていった。遠くから大きな雲もゆっくり近づいてきて嫌な感じ。
雨が降り出す前に屋根がある場所へ逃げ込まねば!
そう思っていると風はさらに強くなっていく。
その勢いはもはや普通の風ではない。

タウンホールの入り口に自転車ごと避難すると、
その数分後には立っていられないほどの風が砂を巻き上げて一気に視界を奪っていった。

 

スマホには「サンドストーム注意!」というアラームが届き、
なんだかとっても恐ろしい感じ。
1時間ほど風は吹き続け、その後ゆっくりとおさまっていった。
しかし、遠くには巨大な雲が見えていてまた近づいてきそうな感じもする。
距離があるので雷の音は聴こえないが、稲光が恐ろしいくらいきれいに雲の中を走っている。

こりゃ、公園の野宿はやめた方がいいか?
見つけていたポイントは屋根があるけど地面はコンクリート。
ペグを打っていない状態で強烈な風+雨がきたらけっこう危険だ。
近くに安そうなモーテルがあったので空きがあるか聞いてみるが満室。
隣の町まで行けば空いている場所があると思うと言われたが、
そこはぼくがお昼休憩をした町。自転車では遠すぎる。

その後、何軒かのお宅にテントを張らせてもらえないかとお願いするも全て断られてしまった。

 

もう太陽も沈みかけてきているので、最初に考えていた公園で野宿をすることに。
風もこれからは強くなっていくことはなさそうだし。
夕食を済ませ暑かったのでテントは張らずにマットだけ敷いて横になる。
蚊やカナブン、コオロギなんかがあたりをウロチョロしているが、
長袖、長ズボン、頭にはネットを被っているので問題はない。
が、驚いたことに手のひらサイズのカエルまで登場した。
ここら辺はかなり乾燥してるエリアなのに。
近くに川があるからなのか、それとも公園のスプリンクラーの水に頼って生きているのか・・・。

そんなことを考えながら次第にうとうとと眠りに落ちていった。

 

どのくらいたったのかその時はよくわからなかったが、近くで物音がして目を覚ました。
自転車に乗った若い兄ちゃんが現れたのである。
彼はぼくのような旅人ではなく地元の人間という感じ。
タバコを吸いながらとてつもなく明るく話しかけてきた。
「名前は?」「何しているの?」「どっから来たの?」「名前は?」(同じ質問を何度もしてくる。)
「ひとりで?」「タバコいる?」などなど。
時計に目をやると深夜12時。
ちょっと・・・、いや、かなり怪しい。
そもそもぼくがいるのは公園のかなり奥の方。こんな時間になってから足を運ぶ場所ではないのだ。
とにかく当たり障りのない感じで10分ほど会話をして彼は去っていった。
最後まで「タバコはいるか?」としつこく聞いてきた。

う〜む。ここで寝ていることがばれてしまった。
考えてみると町の雰囲気も決して良くはなかった。
これは移動するべきか・・・?でも、あたりは真っ暗。
テントは張っていないものの自転車から荷物は外しているので、これから移動するのはかなり面倒である。
それにそもそもどこへ移動すればいいのだろうか。

 

考えながらちょっと辺りを見回してみる。
なぜだかさっきの兄ちゃんはまだ公園内にいてふらついている。
これはいよいよ怪しいな。
ひょっとしたら誰か仲間を呼んでいて、合流してから襲いかかってくるのかもしれない。
とにかく移動しよう。
雑に荷物を詰め込み自転車に括り付けて暗闇の中を走り出す。
公園から外の道路に出たところでさっきの兄ちゃんが自転車でふらついていた。
ぼくの姿を見て驚いた様子で飛び出した言葉は「はやいな!」。
彼はぼくがこの時間に「出発」したと思ったのだろうか。
普通はこの時間に出発するなんて思わないだろう。
「どこ行くんだ?」と考えるのじゃないだろうか。
これは考え過ぎなのかもしれないけど、彼はぼくが「逃げる」のが早いと思ったのかもしれない。
ぼくはその言葉に特に反応しないでいると、彼は勢いよく走り去っていった。
  

さて、彼はいなくなったが、ぼくは寝床を探さなければならない。
暗闇の中で向かったのは町の警察署。近くにあるのを夕方に見つけていたのだ。
建物の近くでキャンプさせてもらうか、あわよくばどっか屋内で寝かせてくれたりしないものだろうか。
ところが、そのオフィスの入り口には電話がぽつんと置かれているだけ。
受付の電話だと思って受話器を取る。
が、どうやらその建物には誰もいないようで受話器を通して現状を説明する必要があった。
とにかく、自分の状況を話して近くでテントを張らせてくれと伝える。
向こうも何やら話しているが電話ではうまく理解できない。
これじゃ話にならん。と思ったのか、ちょっとそこで待ってなさいと伝えられ、数分後にパトカーがやってきた。

 

自転車を見せながら再度話をする。
この建物の近くにでテントは張れないとのこと。
でも、テントを張ってもよさそうな広い空き地まで案内してくれた。
本当はキャンプしちゃいけない場所らしく、朝早くに出発しなさいと念を押された。
警察の彼はぼくの敵ではなく、完全に味方だった。

 

暗闇の中、ヘッドライトを頼りにテントを設営。
久しぶりのキャンプはなかなかハードな夜になった。
遠くでは相変わらず稲光に照らされた雲が見えていた。
 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

 

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

2018年9月1日(土) 267日目(米国 フェニックスの中心→フェニックスの南)

  • 2018.09.01 Saturday
  • 23:46

日付:2018年9月1日(土) 天気:晴れ

移動距離:62km 総移動距離:14,184km

本日の移動:Phoenixの中心→Phoenixの南

 

結局、Lauraの家に3泊もしてしまった。
彼女は今頃、グランドキャニオンの崖の下にいるだろう。
自分の家のように好き勝手使っていたので、しっかり掃除をしてから出発した。

 

町の中心を抜けていくのは車が多くて走りにくい。
うまい具合にサイクリングロードを見つけたのでそこを走ることにする。
グーグルマップで道のりを検索するとしっかりサイクリングロードを示してくれるのがありがたい。

 

空港の近くには路面電車も見られた。

 

お昼にIN-N-OUT BURGERへ。
wifiを求めてマックに入ることはよくあるが、このお店は初めて。
実は以前からここのハンバーガーはいいよとすすめられていた。
そこまでたくさんの店舗があるわけじゃないのだが、今日はいいタイミングで発見。
日本語のカタカナ英語で店名を読むと、「イン‐アンド‐アウト バーガー」となる。
こっちではINとOUTの間にあるANDは発音するときに、
前後の単語とつながる。無理矢理カタカナにすると「インナンウト」みたいな感じ。
だからANDが省略されNの一文字となり、それが正式なお店の名前になっている。

注文されてから作るシステムのようで日本のモスバーガーに近いかもしれない。
マックで注文するときの癖でチーズバーガーを2つ頼んでしまい、
なかなかのボリュームの昼食となった。(もちろんその分価格も高め。)

 

今日は距離が短めで時間があったので近くのアウトドアショップや
ウォルマートをふらつく。
ここのところちょこちょことスペイン語を見かけるようになってきた。

トイレのことをバーニョという。 

 

今日お世話になるのはCaroleとEdのお宅。
ガレージにはたくさんの自転車が並んでいた。
アメリカ横断をしたのが最も長い自転車旅らしいが、
それを実行したのはなんとCaroleが60歳になってから。
「もう歳だからな〜」なんて言ってられない。

数年前にEdが大きなけがをしてしまい今はリハビリ中。
再びロードバイクに乗ることを決して諦めないと熱く語ってくれた。

 

 

 

 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

 

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

2018年8月31日(金) 266日目(米国 フェニックスの中心)

  • 2018.08.31 Friday
  • 23:11

日付:2018年8月31日(金) 天気:晴れ

移動距離:なし 総移動距離:14,122km

本日の移動:Phoenixの中心

 

今日も午前中は自転車の整備。
ちょっと前からハンドルがなんとなくガタついている気がしたので
いったん取り外してきれいにしてからしっかりと組みなおす。
その他のねじも再確認。

 
その後、カナダ、アメリカで溜まってきているものを実家に送るためにポストオフィスへ。
ほとんどが地図であとはあまり使わない服がちょっと。
料金を聞くと約3,500円。ん〜それで地図を送るのってなんだかもったいない。
メキシコから送ったらもうちょい安かったりするのだろうか・・・。
まだ持ち歩けないこともないので郵送は断念。

 

Walmartへ行って接着剤、歯磨き粉、ライターなどの細々したものを購入。
メキシコに入ると物価が安くなるのはわかるけど、
旅に必要なものはどのくらい手に入るのだろうか・・・。全くわからん。

 

かる〜くスペイン語の勉強もしたがあまり集中できない。
あと10日ほどでメキシコ入りするっていうのに危機感みたいなのがまるでない自分に驚く。

猫のPisicaも眠たそうなので今日も早めに寝てしまおう。
ここからTucsonというアリゾナ州ではここPhoenixに次いで大きな町を通過し、
メキシコに向かっていきます。
 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

 

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 原因はどこにある!? 2019年9月9日 640日目(サンルイス)
    yasu (09/19)
  • 原因はどこにある!? 2019年9月9日 640日目(サンルイス)
    中田 (09/18)
  • 穏やか過ぎる休日〜ナマズと酒とマテ茶〜 2019年8月25日 625日目(パラナ)
    yasu (09/10)
  • 穏やか過ぎる休日〜ナマズと酒とマテ茶〜 2019年8月25日 625日目(パラナ)
    中田 (09/04)
  • 鳥たちの楽園 2019年8月14日 614日目(イトゥサインゴ→ロレト)
    yasu (09/02)
  • 鳥たちの楽園 2019年8月14日 614日目(イトゥサインゴ→ロレト)
    中田 (08/25)
  • パンクというスパイス 2019年8月9日 609日目(サンイグナシオ→コロネルボガド)
    yasu (08/24)
  • パンクというスパイス 2019年8月9日 609日目(サンイグナシオ→コロネルボガド)
    中田 (08/24)
  • 自転車整備記録(随時更新)
    yasu (08/10)
  • 自転車整備記録(随時更新)
    shogo (08/08)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM