スポンサーサイト

  • 2020.05.09 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ホームページ引っ越しのお知らせ

    • 2020.05.09 Saturday
    • 11:30

    帰国してからあっという間に1ヵ月以上が過ぎた。

    新型コロナウイルスの影響で外出しないことが多く、

    家で色々と作業をする日々が続いている。

     

    時間が出来たらやりたいと思っていたことのひとつが

    ホームページをリニューアル(引っ越し)すること。

    まだまだ完全に仕上がっていないので

    読みにくい部分も多々ありますが

    それなりにカタチが出来上がってきたのでお知らせしておきます。

     

    こちらからどうぞ↓

    自転車世界一周の旅〜Feel the Real, Tell the Real〜

     

    ホームページの名前そのものは同じです。

    現在、2011年〜2012年に行った日本一周に関しての記録を

    こちらにまとめていっているところ。

    それが終わったら世界一周の日記も移動させていきます。

    ちらっと覗いてみてください。

     

    JUGEMテーマ:世界一周の旅

    トリップノートに記事掲載 part9

    • 2020.04.28 Tuesday
    • 09:26

    トリップノートへ記事を投稿した。

    今回はグアテマラのセムクチャンペイに関して。

     

    【グアテマラ】秘境セムクチャンペイで楽しむ驚愕のアクティビティ!

     

    グアテマラに行くまでは聞いたこともなかった場所。

    ここにたどり着くまでの山道がとにかく大変だった。

    でも、アメリカ人サイクリストのトムと一緒に旅していたこともあり

    セムクチャンペイ周辺はけっこう思い出深い場所になった。

      

     

     

     

     

     

      

    過去のトリップノート掲載記事はこちらから。

    ・氷河が生んだ絶景!ニュージーランド・ミルフォードサウンドのフィヨルドクルーズとさらなる魅力

     

    ・【ニュージーランド】エイベル・タスマン国立公園で海と森の大自然を満喫する!

     

    ・【ニュージーランド】大自然あふれる南島・ウェストコーストの奇岩パンケーキロックス

     

    ・【ニュージーランド】気軽に楽しめる2つの氷河「フランツ・ジョセフ」と「フォックス」

     

    ・【オーストラリア】世界遺産「ブルーマウンテンズ」の定番&超穴場ビューポイント

     

    ・【アメリカ】一生に一度は見たい絶景!時間と水の流れが作りだした芸術作品「アンテロープキャニオン」

     

    ・【アメリカ】絶景の宝庫!グランドサークルの絶景&穴場スポット

     

    ・【メキシコ】マヤ文明の美しき遺跡4選

     

     

    ランキングに登録しています。

    クリックをお願いします。

     

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
    にほんブログ村

     


    世界一周ランキング

     

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:世界一周の旅

    トリップノートに記事掲載 part8

    • 2020.04.17 Friday
    • 17:19

    日本に帰ってきて時間が出来たので

    久しぶりにトリップノートへ記事を投稿した。

    今回はメキシコにあるマヤの遺跡に関して。

     

    【メキシコ】マヤ文明の美しき遺跡4選

     

     

    ぼく自身、メキシコ、ベリーズ、グアテマラにいる時には、

    夢中になって遺跡を歩き回っていました。

    紹介している4つの遺跡では、

    どれも4、5時間は歩き回っていたんじゃないかな〜。

     

     

     

     

     

     

    今は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため

    外出は控えるべき時。

    もちろん旅行なんてもってのほかではあるが、

    記事を読むだけなら問題ありませんので。ぜひ。

     

     

    過去の記事はこちらから。

    ・【アメリカ】一生に一度は見たい絶景!時間と水と流れが作りだした芸術作品「アンテロープキャニオン」

     

    ・氷河が生んだ絶景!ニュージーランド・ミルフォードサウンドのフィヨルドクルーズとさらなる魅力

     

    ・【ニュージーランド】エイベル・タスマン国立公園で海と森の大自然を満喫する!

     

    ・【ニュージーランド】大自然あふれる南島・ウェストコーストの奇岩パンケーキロックス

     

    ・【ニュージーランド】気軽に楽しめる2つの氷河「フランツ・ジョセフ」と「フォックス」

     

    ・【オーストラリア】世界遺産「ブルーマウンテンズ」の定番&超穴場ビューポイント

     

    ・【アメリカ】一生に一度は見たい絶景!時間と水の流れが作りだした芸術作品「アンテロープキャニオン」

     

    ・【アメリカ】絶景の宝庫!グランドサークルの絶景&穴場スポット

     

     

    ランキングに登録しています。

    クリックをお願いします。

     

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
    にほんブログ村

     


    世界一周ランキング

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:世界一周の旅

    宿泊関係データ集計

    • 2020.04.09 Thursday
    • 10:03

    今回は宿泊関係のデータを集計した。

    自転車で旅する人の中には「基本的には野宿」って人も多い。

    ぼくはどちらかと言うと野宿は少ない方かもしれない。

    地域によってけっこう違いが出ているのでまとめてみた。

     

    以下が分類となる。

    どうやって分類するのがわかりやすいか検討して、

    5種類+その他というカタチとなった。

     

    ・キャンプ

     キャンプ場、レストエリア、公園、森、河原、道端などキャンプをした場合。

    ・キャンプ(お宅)

     人さまのお宅の敷地にてキャンプをさせてもらった場合。

    ・宿

     ホテル、ゲストハウス、ホステル、バックパッカーズ、モーテルなどに宿泊した場合。

    ・Warmshowers

     自転車旅行をサポートするための完全ボランティアで成り立つコミュニティで

     旅人に宿泊場所や食事の提供などをしてくれるもの。ホームステイという感じ。

     Warmshowersのサイトを通じて連絡をして泊まらせてもらった場合。

    ・お宅

     Warmshower以外でお宅にお世話になった場合。

    ・その他

     公共施設(消防署、警察署、役所など)、避難小屋など

     

     

    キャンプ

    キャンプ

    (お宅)

    宿

    Warmshowers

    お宅

    その他

    合計

    オーストラリア

    2017/6/12〜8/21

    20泊

    (29%)

    2泊

    (3%)

    0泊

    (0%)

    35泊

    (50%)

    13泊

    (19%)

    70泊

    ニュージーランド

    2017/8/21〜11/17

    44泊

    (51%)

    0

    10

    (11%)

    28泊

    (32%)

    5

    (6%)

    0 87泊

    カナダ

    2018/5/18〜6/17

    22泊

    (73%)

    (27%)

    0 0 30泊

    USA

    2018/6/17〜9/10

    47泊

    (55%)

    1

    (1%)

    7泊

    (8%)

    23泊

    (27%)

    7泊

    (8%)

    0 85泊

    メキシコ

    2018/9/10〜2019/2/3

    2泊

    (1%)

    3泊

    (2%)

    65泊

    (45%)

    71泊

    (49%)

    5泊

    (3%)

    0 146泊

    ベリーズ

    2019/2/3〜2/7

    1泊

    (25%)

    0

    3泊

    (75%)

    0 0 0 4泊

    グアテマラ

    2019/2/7〜4/4

    4泊

    (7%)

    0

    52泊

    (93%)

    0 0 0 56泊

    ペルー

    2019/4/5〜5/20

    3泊

    (7%)

    0

    36泊

    (80%)

    4泊

    (9%)

    0

    2泊

    (4%)

    45泊

    ボリビア

    2019/5/20〜/7/8

    5泊

    (10%)

    1泊

    (2%)

    43泊

    (86%)

    0 0

    1泊

    (2%)

    50泊

    パラグアイ1

    2019/7/9〜7/18

    0 0

    9泊

    (100%)

    0 0

    0

    9泊

    ブラジル

    2019/7/18〜7/20

    0 0

    2泊

    (100%)

    0 0 0 2泊

    アルゼンチン1

    2019/7/20〜7/23

    0 0

    3泊

    (100%)

    0 0 0 3泊

    パラグアイ2

    2019/7/23〜8/11

    1泊

    (5%)

    0

    15泊

    (79%)

    0

    3泊

    (16%)

    0 19泊

    アルゼンチン2

    2019/8/11〜9/23

    13泊

    (30%)

    0

    16泊

    (37%)

    3泊

    (7%)

    11泊

    (26%)

    0 43泊

    チリ

    2019/9/23〜11/4

    17泊

    (40%)

    0

    12泊

    (28%)

    8泊

    (19%)

    0

    6泊

    (14%)

    43泊

    アルゼンチン3

    2019/11/5〜11/13

    1泊

    (13%)

    0

    5泊

    (63%)

    0

    2泊

    (25%)

    0 8泊

    スペイン1

    2019/11/14〜12/8

    2泊

    (8%)

    0

    22泊

    (92%)

    0 0 0 24泊

    モロッコ

    2019/12/8〜12/26

    1泊

    (6%)

    0

    17泊

    (94%)

    0 0

    0

    18泊

    スペイン2

    2019/12/26〜2020/1/3

    0 0

    8泊

    (100%)

    0 0 0 8泊

    ポルトガル

    2020/1/3〜1/20

    0 0

    14泊

    (82%)

    3泊

    (18%)

    0 0 17泊

    ケニア

    2020/1/21〜1/29

    0 0

    7泊

    (100%)

    0 0 0 7泊

    タンザニア

    2020/1/29〜2/29

    6泊

    (19%)

    0

    25泊

    (81%)

    0

    0 0 31泊

    マラウイ

    2020/2/29〜3/16

    3泊

    (19%)

    0

    13泊

    (81%)

    0

    0 0 16泊

    ザンビア

    2020/3/16〜3/21

    0 0

    5泊

    (100%)

    0 0 0 5泊

     

    ・オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、USAは似たような割合になっている。

     キャンプする場所を簡単に見つけることでき、Warmshowerでお世話になることも多かった。

     

    ・オーストラリアでは無料でキャンプできる場所がかなり充実していた。

     幹線道路にレストエリアというものがあって、トイレや水道が設けられている。

     キャンピングカーで旅をする人々が多いので、大きな車に挟まれて小さなテントを張っていた。

     

    ・カナダ、アメリカではキャンプ場が多かったが、キャンピングカー向けのものがほとんどで

     自転車旅の場合は割高になってしまう。ただし、アメリカの国立公園の一部のキャンプサイトには

     「ハイカー・バイカーサイト」とうものがあり、予約で埋まってしまうような人気のサイトでも

     格安&飛び込みでテントを張れることがあった。グランドキャニオンのキャンプ場はオススメ!

     

    ・メキシコ以降は物価が下がったので宿を頻繁に利用した。料金、設備はピンキリ。

     

    ・メキシコでもWarmshowerでお世話になることが多かった。

     1週間近くお世話になることも多く、メキシコ滞在が長くなった要因でもある。

     (Villahermosaでは20泊もお世話になった。)

     

    ・アルゼンチン、チリではやや物価が上がるため再びキャンプの回数が増えた。

     特にアルゼンチンは無料(もしくは安い)のキャンプ場が多かった。

     週末はたいてい地元民がアサード(アルゼンチン流BBQ)をしている。

     

    ・アフリカでは基本的に宿を利用した。タンザニアの国立公園周辺やマラウイのマラウイ湖畔には

     観光客向けの宿にキャンプ場が併設されていることが多かった。

     

    ・どの国にも共通して言えるのは、首都やある程度の観光地に行けば

     バックパッカー向けの安宿は存在しているということ。

     そんな場所にはwifiがあることが多いので情報収集や旅の計画を練るために利用することが多かった。

     

     

    正直、もうちょっとキャンプしていると思っていたのでけっこう少ないことに驚いた。

    体調を崩したり、自転車のパーツが届くのを待ったり、病院に通っていたりと

    長期間の滞在を余儀なくされたタイミングが何度かあったが、

    何れも現地の人のお宅にお世話になっていた。

    「どうしてここまで優しくしてくれるの!?」と思うことも多く

    本当に感謝してもしきれない。

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:世界一周の旅

     

    日数、距離のデータ集計

    • 2020.04.06 Monday
    • 11:44

    これまでの旅のデータを国別に集計した。

     

    ・日数(a):滞在した日数の合計

     ※1日で2ヵ国に入った場合はどちらの国にもカウントしている

    ・走行日(b):自転車で走った日数の合計

     ※荷物を付けていない場合は含めていない

    ・走行日率(b/a):滞在日数のうち荷物を付けた自転車で走った日数の割合

    ・移動距離:荷物を付けて走った総距離

    ・平均距離(滞在日数毎):移動距離を滞在日数で割った値

    ・平均距離(走行日数毎):移動距離を走行日数で割った値

     

    日数

    (a)

    走行日(b)

    走行日率

    (b/a)

    移動距離

    平均距離

    (滞在日数毎)

    平均距離

    (走行日数毎)

    オーストラリア

    2017/6/12

    〜8/21

    71日 53日 75% 4,039km 57km 76km

    ニュージーランド

    2017/8/21

    〜11/17

    89日 68日 76% 4,313km 48km 63km

    カナダ

    2018/5/18

    〜6/17

    31日 26日 84% 1,831km 59km 70km

    USA

    2018/6/17

    〜9/10

    86日 69日 80% 4,678km 54km 68km

    メキシコ

    2018/9/10

    〜2019/2/3

    147日 76日 52% 5,844km 40km 77km

    ベリーズ

    2019/2/3

    〜2/7

    5日 4日 80% 292km 58km 73km

    グアテマラ

    2019/2/7

    〜4/4

    57日 17日 30% 735km 13km 43km

    ペルー

    2019/4/5

    〜5/20

    46日 26日 57% 1,739km 38km 67km

    ボリビア

    2019/5/20

    〜2019/7/8

    50日 26日 52% 1,771km 35km 68km

    パラグアイ1

    2019/7/9

    〜7/18

    10日 0日 0% 0km 0km

    0km

    ブラジル

    2019/7/18

    〜7/20

    3日 0日 0% 0km 0km 0km

    アルゼンチン1

    2019/7/20

    〜7/23

    4日 0日 0% 0km 0km 0km

    パラグアイ2

    2019/7/23

    〜8/11

    20日 6日 30% 393km 20km 66km

    アルゼンチン2

    2019/8/11

    〜9/23

    44日

    29日 66% 2,107km 48km 73km

    チリ

    2019/9/23

    〜11/4

    43日 25日 58% 1,419km 33km 57km

    アルゼンチン3

    2019/11/5

    〜11/13

    9日 4日 44% 297km 33km 74km

    スペイン1

    2019/11/14

    〜12/8

    25日 16日 64% 847km 34km 53km

    モロッコ

    2019/12/8

    〜12/26

    19日 14日 74% 814km 43km

    58km

    スペイン2

    2019/12/26

    〜2020/1/3

    9日 5日 56% 344km 38km 69km

    ポルトガル

    2020/1/3

    〜1/20

    18日 9日 50%

    407km

    23km 45km

    ケニア

    2020/1/21

    〜1/29

    8日 2日 25% 161km 20km 81km

    タンザニア

    2020/1/29

    〜2/29

    32日 24日 75%

    1,508km

    47km 63km

    マラウイ

    2020/2/29

    〜3/16

    17日 13日 76%

    872km

    51km 67km

    ザンビア

    2020/3/16

    〜3/21

    6日 2日 33% 21km 4km 11km

    ※数値の上から赤数字青数字緑数字

     

    ・滞在日数だけ見るとやはりメキシコの146日はちょっと長すぎた感じがする。

    約5ヵ月もいたってどういうことでしょう・・・。

    ニュージーランド、USAは90日近く滞在していて滞在日数の制限ギリギリまで満喫した。

     

    ・走行日率を見れば旅の序盤は休まずよく走っていたことがわかる。

    意外だったのは東アフリカのタンザニア、マラウイも高い値だということ。

    そのあたりは平均距離(走行日毎)の数値が低いので、

    走ってもあまり無理しないという意識だったのかもしれない。

    また、自転車に大きなトラブルがなかったというのも大きな要因だろう。

     

    ・自転車に大きめのトラブルがありパーツを入手するのに時間を要したため

    メキシコ、ボリビアは走行日率が低めだ。メキシコに関して言えば、

    平均距離(走行日毎)の値が10日以上滞在した国の中では最長なので

    「走る時は走る!」っていう感覚だったようだ。

     

    ・ほとんど走っていないザンビアを除くと

    平均距離(走行日毎)の数値が最も低いのはグアテマラ。

    急な山道、未舗装路の険しい道が多かったことを示している。

     

    ・グアテマラではスペイン語の勉強を約3週間したため

    走行日率が低くなっている。

     

    ・アルゼンチン2では足に寄生してきたスナノミ撲滅のため通院。

    足にメスを入れたのち、1週間は安静にしていなければならなかったので

    走ることが出来ない日が増えてしまった。

     

    ・チリではスナノミの症状が再発したため、再び病院へ行きメスを入れた。

    ここでも1週間以上の足止めとなった。

     

    ・自転車のパーツが来るまでの間でイグアスの滝を見に行ったので

    パラグアイ1、ブラジル、アルゼンチン1は走行距離が0kmとなっている。

     

     

     

    集計には時間がかかるがデータを見るとけっこう面白い。

    まぁ、これも時間がある今だからできることかな。

     

     

    ランキングに登録しています。

    クリックをお願いします。

     

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
    にほんブログ村

     


    世界一周ランキング

     

     

     

    JUGEMテーマ:世界一周の旅

    帰国 2020年3月23日(月) 836日目(Bangkok⇒Haneda→Chiba)

    • 2020.03.23 Monday
    • 23:02

    日付:2020年3月23日(月)  天気:晴れ

    移動距離:60km 総移動距離:34,421km

    本日の移動:Bangkok⇒Tokyo→Chiba

     

    バンコクから羽田までは約5時間のフライト。
    羽田に着くのは23日の早朝となる。
    ウトウトしながら数時間を過ごして
    そのうち食事が配られた。
    これは「朝食」ということになるんだろう。
    白身魚にあんかけがかかっていた。
    完全に日本の味。
    外を見ると眼下に雲が広がっていて
    その向こう側から太陽が昇ってくるところだった。

     

    日本時間の6時半、無事に羽田に到着した。
    コロナウイルスの影響で入国の検査に時間がかかると思ったが
    サーモグラフィーで体温を計測するだけでほとんど素通り状態。
    感染者が多い国からの帰国の場合は申告する必要があるようだけど
    果たしてしっかり確認できているのかは疑問である。
    1時間くらいかかるのを覚悟していたので拍子抜けだった。
    こんなんで大丈夫なのか・・・と心配になってくる。

     

    自転車と荷物も問題なく受け取けり
    パスポートにスタンプをもらった。
    「入国」ではなく「帰国」というスタンプが押される。


    今まで大して気にしたことはなかったが
    今回は何となくそれに目がいった。
    「帰ってきたのか・・・」
    いや、「帰ってきてしまったのか・・・」。

     

    空港の外に出て自転車を組み立てることにする。


    ニュージーランドから帰国した時も羽田だったので
    なんとく組み立てやすい場所は覚えていた。

    コロナウイルスの影響で厳戒態勢なのかと思っていたが
    普通の日常のようで逆に驚いた。
    確かにマスクをしている人は多いように感じるが
    この時期の日本は花粉症でマスクをしていることもあるので
    そんなに違和感はない。
    防護服姿の人は見当たらなかった。

     

    3月末の日本は意外と寒く、
    自転車を組み立てる間はダウンを着込んだ。
    雨もパラパラと落ちてきてしまった。

    特に問題なく自転車の組み立てを終え
    自宅に向けて走り出す。

     
    最初はまだ良かったが途中から車が多くなり
    それに合わせるようにして
    自転車が走るスペースもなくなっていく。
    道の端っこに自転車のイラストが描かれているけど
    この狭い場所をどうやって走れと言うのだろうか・・・。
    路駐の車はしっかりと進行方向を塞いでいるし。

     

     

    橋を通るためには歩道を行かなければならなかった。
    反対側に行くとこの状態。
    荷物を付けた自転車は通れないんですけど・・・。

    相変わらず自転車に優しくない国である。

     

    約2年間は海外にいたので何か変わったことがあるかな〜と
    ちょっと楽しみにしていたが
    そこまで「おっ!」と感じるものはない。
    ちょっと気になったのは歩道を凄まじい勢いで走る自転車。
    自転車も通行可となっている場所ではあるが
    けっこうなスピードを出している。
    電動アシスト付き自転車に乗っている人が増えたんじゃないかな。
    だから余計に気になるのかもしれない。
    ありゃ、危険だよ。

     

    ところどころで咲いている桜を眺めながら
    走りなれた江戸川の土手に入った。

     

     

    菜の花もきれいに咲いていた。

     

     

     

    暗くなる前に無事に実家に到着。
    予期せぬ帰国だからなのか
    長旅から帰ってきたという感じは全くしない。
    次、家に戻ってくる時は
    ちょっとした達成感でもあるかな〜と思っていたが
    さすがにこの状況じゃ無理だろう。

     

    最後にいたザンビアでは
    感染者はほとんど出ていなかったが
    飛行機の中や空港での感染の可能性はあるので
    これから2週間は自主隔離をする。
     
    こんなタイミングで帰ってくるなんて考えてもいなかったので
    今後どうしていくのか全くの未定。
    コロナウイルスはまだまだ猛威を振るいそうだから
    しばらくは日本にいることになるだろう。

     

    日記以外はほとんど放置状態だったHPを
    少しだけ更新していこうかな。
     
    HPはこちら↓
    https://feel-the-real-tell-the-real.jimdofree.com/
     

     

    ランキングに登録しています。

    クリックをお願いします。

     

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
    にほんブログ村

     


    世界一周ランキング

     

     

     

    JUGEMテーマ:世界一周の旅

    日本が近い 2020年3月22日(日) 835日目(Addis Ababa⇒Bangkok)

    • 2020.03.22 Sunday
    • 23:27

    日付:2020年3月22日(日)  天気:晴れ

    移動距離:なし 総移動距離:34,361km

    本日の移動:Addis Ababa⇒Bangkok

     

    アディスアベバ(エチオピア)⇒バンコク(タイ)の

    9時間のフライトでゆっくり眠ろうと思っていたが
    そううまくはいかないもの。
    眠れそうかな〜というタイミングで食事が出てきたりする。
    食べておかなきゃもったいないので
    出されるものはしっかり食べる。
    ただ、さすがに座っているだけでお腹はあまりすかない。
    それに、今後しばらく自転車で走ることはないわけで
    食べる量を減らさなくてはいけないと思い始めている。

     

    バンコクの空港に到着したのは現地時間のお昼過ぎ。
    ここからさらに約9時間は空港で過ごさなければならない。
    ネットのニュースによると
    バンコクではここ数日でコロナウイルスの感染者が急増しているらしい。
    空港内で感染する可能性も0ではないだろう。
    そんなわけで人ごみを避けたいと考えていたわけだが
    心配する必要は全くなかった。

     
    広い空港はガラガラ。
    ベンチもあちこち探さなくてもどこでも座りたい放題。

     

    それもそのはず。
    案内板を見るとほとんどのフライトがキャンセルとなっていた。

    これを見るとぼくが乗る便がキャンセルになっていないのが
    奇跡のようにも思えてくる。
    もうここまで来たらキャンセルはないだろう。

     

    ベンチに座って本を読んだり
    パソコンをかちかちしたりして時間を潰す。
    いや〜さすがに9時間は長い。つらい。

     

    気分転換も兼ねてせっかく来ているんだからと
    タイ料理のレストランへ。
    そして、ビールと軽いおつまみになりそうなものを頼む。


    食べる量を減らしていくのは日本に帰ってからにしよう。
    春巻きみたいなやつと野菜炒めを頼んだ。
    アジアに戻ってきた〜(戻ってきてしまった〜)と感じる味。

     

    羽田まではANAを利用することになる。
    ANAの国際線を使うのは今回が初めて。
    搭乗ゲート近くに行くと日本語があちこちから聞こえてきた。
    当たり前のように案内も日本語だ。
    それにちょっと驚いてしまう自分がいる。

     

    この飛行機もガラガラだった。
    コロナウイルスの影響で
    ぼくのように帰国を急ぐ日本人ばかりかと思っていたが
    7割ほどが日本人で3割は外国の人のようだ。
    乗り継ぎだろうか。でも、羽田便だしな〜。
    まさかこのタイミングで旅行ってわけじゃないだろう。

    機内はさすがはANAという感じ。
    他と比べるとやっぱりきれい。

     
    そして秀逸だったのが離陸前に流れる安全ビデオ。
    どの航空会社でも必ず流れるけど
    基本的にしっかりと見たことはない。
    あ〜やってるな〜と思うくらい。
    それが今回は5分弱の間、画面を見入ってしまった。
    歌舞伎仕立てになっていて本当に面白かった。

     

     

    離陸後すぐに飲み物と軽食が配られた。
    ビールを頼むと出されたのがこちら。


    あ〜、もう日本か・・・。

     

    約5時間後には羽田に到着する。
    キャンセルを恐れていた飛行機だったが
    とりあえず無事に日本までたどり着けそうだ。
    後は自転車と荷物が無事に出てきてくれることを祈るだけ。

     

     

    ランキングに登録しています。

    クリックをお願いします。

     

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
    にほんブログ村

     


    世界一周ランキング

     

     

     

    JUGEMテーマ:世界一周の旅

    帰路につく 2020年3月21日(土) 834日目(Lusaka⇒Addis Ababa)

    • 2020.03.21 Saturday
    • 23:42

    日付:2020年3月21日(土)

    移動距離:なし 総移動距離:34,361km

    本日の移動:Lusaka⇒Addis Ababa

     

    空港まではタクシーをお願いしていた。
    自転車が積み込めるのか不安だったが
    屋根に簡単だがキャリアが付いていて
    そこにロープを使ってしっかり固定してくれた。

     

    空港到着してまずは重さを確認する。
    自転車が約20kg。
    2つの荷物が18kgと16kgでほぼ予想通りの重さ。
    ばっちりである。
    今回で飛行機輪行も8回目だから慣れたもの。
    カウンターの近くまで移動してから
    テープでぐるぐる巻きにして最後の仕上げを・・・
    と、カウンターを探したが見当たらない。
    どうやら荷物検査をした先にあるようだ。

     

    コロナの対策で体温を測定され、その後荷物検査。
    一体ここで何を検査しているのだろうか。
    まだ荷物を預けていないので
    刃物だって液体物だって
    そのままかばんの中にある状態なんだけど・・・。

     

    検査の後は目の前に受付カウンターが出てきた。
    隅っこでテープを出してぐるぐる巻きにしようと思ったら
    気の強そうなおばちゃん係員が近づいてきて
    「ここで止まらずに先に進みなさい!」と一言。
    テープで補強したい旨を伝えると
    「ここではできません!」の一点張り。
    な、なんだ?このおばさんは。
    人が溢れていて邪魔になってしまうならわかるが
    今はほとんど人もおらずカウンターはガラガラ。
    後ろの方に十分スペースがあるから誰にも迷惑はかからない。

    「こっちの隅っこでやるから。」と伝えると
    しぶしぶ了解してくれた。

     
    もうテープを残しておく必要はない。
    荷物の重量にも余裕があったから
    しっかりと補強しておこう。
    なんたって、自転車は半分が段ボールからはみ出した状態なんだから。

    さっきのおばちゃんが近くにいるので静かに作業をしたいところだが
    テープをのばすときにどうしても「ビー、ビー!」と激しく音が出てしまう。
    こればっかりは仕方ない。
    作業を始めて10分ぐらいしたら
    さっきのおばちゃんが近づいてきて
    「もう時間切れよ。すぐにカウンターで荷物を預けなさい。」と言う。
    いやいや、搭乗までまだ3時間以上ある。
    小さな空港だからゲートまでの移動だってそんなにかからないはず。
    それにカウンターにだって人は全然いないのだ。

     

    「もうちょっとしっかり保護したい。心配だから。」
    「もう十分でしょう。早く動きなさい。」
    「じゃ、いったん戻って外で作業してくる。」
    「それも出来ない。ここから外には出られない。」

     

    はぁー!?いったい何なんだ、このおばはんは!?
    エチオピア航空はチケットの予約変更や電話での対応は
    とてもしっかりしていて印象は良かったんだけどな〜。
    「あなたの話は聞きません!」というオーラしか感じなかった。

     

    荷物を預けた後はすぐに出国手続き。
    やはり小さな空港だから特にやることもなく
    残ったザンビアのお金で軽い昼食をとった。
    待っている人の中にはマスクをしている人もちらほら。
    ぼくも日本を出発した時に
    念のため・・・と思ってかばんに入れておいたものがあった。
    だいぶしわくちゃになっているけどつけることにした。

     

    フライトまであと1時間というところで
    広い待合スペースから先へ進むように指示された。
    ゲートの直前に再び手荷物検査があって
    そこで買ったばかりの水が没収されてしまった。
    機内で飲もうと思っていたのに。
    その先にはもう買える場所はない。
    最初の荷物検査もこのゲート直前の荷物検査も
    タイミングが悪すぎる気がする。

    結局、機内に入るまではさらに1時間近く待機する必要があった。

     
    近くに大学生くらいの団体客がぞろぞろやってきた。
    話している声を聞く限りアメリカ人のようだ。
    学生の集まりなのか30人ほどがみんな仲間みたいだ。
    ぼくを含めて周囲ではマスクをして
    コロナウイルスのことを気にしている人も多いのに
    こいつらは大きな声でずっと話し続ける。
    40人の生徒を前に教室で授業している時のぼくと同じか
    それよりも大きな声だ。
    時に「キャー!!」と叫んだり
    久しぶりの再会なのかあっちでもこっちでもハグをしている。
    海外を旅してきて握手やハグには慣れてはいたものの
    さすがにコロナウイルスで世界中が大騒ぎしているこの状況では信じられない。
    ヨーロッパやアメリカで感染が急速に拡大している理由が
    なんとなく分かるような気がする。

    そんな調子で30分以上も騒ぎ続けていた。

     
    空港職員の案内を始めても静かにならず全く聞こえない。
    最終的に職員の女性が大声で注意して「少しだけ」静かになった。

    そんなわけでややイライラしながらも
    飛行機は無事に出発しすぐにジンバブエのハラレに到着。
    乗り換えの必要はなく1時間ほどそこで停まったのち
    エチオピアのアディスアベバに向かった。

     

    (食事が出るとは思わなかった。)

     

    エチオピア航空が拠点としているアディスアベバの空港は広い。
    ただ、運よく次に乗るバンコク行きのゲートはすぐ近くだった。
    荷物も羽田まで受け取る必要はないので楽でいい。
    そんな空港内では驚きの光景を目にした。
    それは防護服を着た人が普通に歩いているということ。
    空港のスタッフや清掃員ではなく普通の乗客である。
    それも1人や2人ではない。あちこち見かける。

     


    おそらく中国人と思われるが「ここまでするのか・・・」と
    思わず写真を撮ってしまった。異様な光景である。
    彼らはこのまま飛行機に搭乗していくようだ。
    それはそれでちょっと怖い・・・。

    でも、ここまでする必要があるってことなのかな。

     

    なるべく人ごみを避けて2時間ほど待機し
    バンコク行きの飛行機に乗り込んだ。
    機内はガラガラ。こんなに人が少ない飛行機は初めて。
    約9時間のフライトだがこれならリラックスできそうだ。

     

    あとはバンコクから羽田行きを残すだけ。
    それが急きょ欠航にならないことを祈るしかない。

    まぁ、バンコクの空港で乗り継ぎ9時間という試練もあるんだけど。
     

     

    ランキングに登録しています。

    クリックをお願いします。

     

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
    にほんブログ村

     


    世界一周ランキング

     

     

     

    JUGEMテーマ:世界一周の旅

    帰国準備完了 2020年3月20日(金) 833日目(Lusaka)

    • 2020.03.20 Friday
    • 23:46

    日付:2020年3月20日(金)  天気:晴れ

    移動距離:なし 総移動距離:34,361km

    現在地:Lusaka

     

    帰国のフライトが明日となった。
    あっという間だ。
    予定ではまだ1年以上は旅が続くと思っていたのに
    急に日本が近づいてしまった。

    あ〜帰ったらどうしようかな・・・。

     
    なんて、考えている余裕はない。
    とにかくまずはパッキングだ。
    自転車用の段ボールなしで飛行機輪行するのはこれが初めて。
    小さな段ボール、ラップ、テープを使って
    ぐるぐる巻きにするイメージは出来ているが
    試行錯誤しながら進めるしかないので
    どのくらい時間がかかるかわからない。

     

    ハンドル、ヘッドパーツ、ペダル、サドルを外し
    ラップでぐるぐる巻きにする。
    梱包用のラップが無かったので
    使ったのはスーパーにある食品用のラップ。
    50cmごとにミシン目が入っている優れもの。
    普通に使う分にはありがたいが、
    今回のぼくの使い方には完全に不適切で
    ちょっと引っ張ろうものならすぐ切れてしまう。
    苦労しながらもなんとか巻き終えた。

     

    続いて段ボールをつなぎ合わせる。
    全体を覆うことは難しそうなので
    下半分をカバーすることに。
    そして透明テープでぐるぐる巻きにしていった。

    思ったよりしっかりできたかな。
    空港で重さを測定してから
    もうちょっと補強しよう。

     

    自転車以外の荷造りも終えて一息つく。
    パスタ、ラーメン、調味料などなど、
    旅はもっと続く予定だったからけっこう余ってしまった。
    もったいなかったのはカレーのルー。
    大事に持ち歩いていたのに・・・。
    どっかで食べれば良かったな〜。

     

    テープを買い足しておきたかったので
    近くのショッピングモールへ。
    そこで最後の夕食も済ませた。
    残念ながらこういう場所には
    どこにでも食べられるものしかない。
    ハンバーガー、フライドチキン、ピザ・・・。
    やっぱり大きな町だけでは
    この国の本当の姿は全く見られない。
    それは食事ひとつでも言えること。

     

    明日のお昼にはザンビアから飛び立つことになる。
    最後まで慌ただしいので、帰国するってことが
    いまだに頭の中で整理できていない。
    無事に飛行機が飛んでほしいと願う自分がいるけど
    ちょっとだけ帰りたくないと思う自分もいる。

    でも、ザンビアで身動きがとれなくなるよりは
    日本に帰ってこの先のことを考えたほうがいいのかな。
     

     

    ランキングに登録しています。

    クリックをお願いします。

     

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
    にほんブログ村

     


    世界一周ランキング

     

     

     

    JUGEMテーマ:世界一周の旅

    帰国の決断

    • 2020.03.20 Friday
    • 00:08

    新型コロナウィルスの影響により
    この先の旅が困難な状況となってきました。
    アフリカ各国で感染者が確認されだし
    それぞれが国境を次々に閉鎖していっています。
    自転車であっても先へ進めない状況です。
    周辺の国では空港を閉鎖しているところも出てきて
    身動きが取れなくなりそうです。
     
    現在、ザンビアの首都ルサカ。
    これまで感染者の報告がなかった国ですが
    ヨーロッパから帰国した2名に陽性の診断が出たと
    昨日(3月18日)発表がありました。
    町なかでもマスクをしている人を見かけるようになり
    大型のショッピングモールでは
    入口で消毒液を手にかける人が待機しています。

     

    ぼくは新型コロナウィルスが発生する前から旅をしています。
    感染者が確認された国にいるのは今回が初めて。
    自転車で旅しているので人ごみに入ることは少ないし
    アフリカで感染が広がり出したここ1、2週間は
    マラウイのド田舎を「あち〜」と言いながら走っていたので
    ぼく自身が感染している可能性は低いだろうと思います。

     

    ただ、感染者が確認され始めている以上、
    これからアフリカで感染が拡大していくことは明白。
    楽観的に考えれば
    人ごみを避けて田舎ばかりを走っている自転車旅なら
    感染しない可能性は高く、
    仮にぼくが感染したとしても
    症状が出なかったり、軽い風邪程度の症状で
    回復するかもしれません。

     

    オーストラリア、ニュージーランドを走って一時帰国した後は、
    カナダからここまで走り続けているので
    旅を継続したい気持ちは正直強いです。
    それでもアジア人や欧米人には「コロナ!」と
    罵声に近いものをあびせられることもしばしばあり、
    仮に国境が開いたとしても
    この先を楽しみながら進んでいくことは
    しばらくの間は難しそうです。

     

    色々と考えた結果、帰国をするという決断に至りました。
    さっそく来週のフライトを予約。
    あとはゆっくりパッキング・・・と思っていたところ
    その日のうちに予約した便がキャンセルとなってしまいました。
    再び予約を取りなおし、さらに日程も早めてもらい
    とりあえず今は帰国の準備に大忙しです。

     

    今後に関しては完全に未定。
    とにかく予約した飛行機が無事に飛んでくれることを願うばかり。

    (日記は日本に帰って落ち着いてから更新します。)

    と、とりあえず報告だけ。

     

     

    ランキングに登録しています。

    クリックをお願いします。

     

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
    にほんブログ村

     


    世界一周ランキング

     

     

     

    JUGEMテーマ:世界一周の旅

    PR

    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • マラウイ湖畔ラストライド 2020年3月11日(水) 824日目(Nkhotakota→Salima)
      yasu (03/27)
    • 帰国の決断
      yasu (03/27)
    • 帰国の決断
      biei (03/25)
    • マラウイ湖畔ラストライド 2020年3月11日(水) 824日目(Nkhotakota→Salima)
      中田 (03/18)
    • のんびりサファリ準備 2020年1月31日(金) 784日目(Arusha)
      yasu (02/14)
    • 飛行機移動はやっぱり苦手 2020年1月20日(月) 773日目(Lisbon⇒Dubai)
      yasu (02/14)
    • のんびりサファリ準備 2020年1月31日(金) 784日目(Arusha)
      中田 (02/07)
    • 飛行機移動はやっぱり苦手 2020年1月20日(月) 773日目(Lisbon⇒Dubai)
      ネコシバ (01/29)
    • 痛みと共に初走行 2020年1月2日(木) 755日目(Sevilla→Huelva)
      yasu (01/28)
    • 痛みと共に初走行 2020年1月2日(木) 755日目(Sevilla→Huelva)
      中田 (01/22)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM