2017年11月17日(金) 159日目(ニュージーランド Auckland)

  • 2017.11.17 Friday
  • 23:19

日付:2017年11月17日(金) 天気:晴れ

移動距離:9km 総移動距離:8,147km

本日の移動:Queenstown町なか→Queenstown空港⇒Auckland空港⇒羽田空港へ

 

 

 

日本への帰国日となった。
旅の出発前からオーストラリア、ニュージーランドを終えて一時帰国することは決めていた。
出発したら終わるまで帰らないというこだわりがある旅人も多い。
その気持ちがわからないわけじゃない。
でも、いろいろと考えた時にオセアニアを終えたらいったん帰国して、
その後の旅に向けて準備をした方がいいかな〜と思ったわけ。
今回の一時帰国が最初で最後にしようとは思っている。
 
フライトは午後4時のものを予約していた。
時間は余裕があるものの全ての荷造りを空港でやらなければならない。
宿で荷造りを終わらせ空港までタクシーで行ったほうが気持ち的には楽だ。
箱が手に入るだろうか、荷造りに必要なものはあるだろうかという余計な心配をしなくて済む。
ただ、空港で箱を手に入れてそこで荷造りした方が安上がり。
そのためにわざわざ数日前に空港のカウンターで箱が手に入るのか、大きさはどのくらいなのか確かめておいた。
それでも、万が一箱が品切れだったらどうしようかな…と考えてしまうのがぼくの性格である。
そんなわけで9時には宿を出て、余裕をもって空港へ向かった。
 
自転車用の箱がほしいと伝えるとすぐに出してきてくれた。
ニュージーランド航空の箱でサイズも申し分ない。
やはりマウンテンバイクでも入れられる大きさになっている。
また、自転車屋さんでもらう箱は必ず一度は使われているものだが、
これは完全に新品。そのため段ボールそのものがしっかりしている。
空港の外にある自転車ラックの横で作業することにした。
なんとここには自転車用の工具まで置かれていた。
もちろん自分で全て持っているが、携帯用の小さなものばかりなので使いやすい大きさがあるのはありがたい。
 
自転車につけている荷物を全て外し、機内持ち込みと預け荷物に分ける。
自転車はサドル、ペダル、ハンドル部分を外して箱へと収納。
荷物の重量制限は一つあたり23kgだ。
通常だと一人一つの荷物しか預けられないのだが、
そんなんじゃ足りないので追加料金を払ってさらに2つの荷物を預けられるようにしている。
つまり、自転車の箱ひとつとその他に大きな荷物が2つとなる。
重量オーバーだと何かと面倒なので、テープでぐるぐる巻きにする前に重さを量りに行った。
どれもばっちり23kg以下。

その後、テープで袋と箱をぐるぐると補強し無事に荷物を預けることができた。
全てを終えるのに約3時間。思ったよりスムーズに進めることができた。
 
フライトまでまだ数時間も余裕がある。
キャッシュも少し余っていた。空港内のバーで本を読みながらビールを堪能する。
クイーンズタウンでは日本人観光客をちらほら見かけることがあり、日本語も耳に入ってくる。
到着ゲートの目の前には「クイーンズタウンマラソン〇日間」という案内を持ったツアースタッフも見かけた。
急に日本が近づいた。いや、近づいてしまったという感覚に近い。
せめてあと数時間はここの空気と音を味わいたい。
空港の外にある芝生の広場へ移動し太陽を浴びながら時間がくるまで読書をした。
 
クイーンズタウンから日本への直行便はないのでオークランドで乗り継ぎをする。
ニュージーランド最後の景色を堪能するために窓側の席を予約しておいた。
翼があって少し遮られてしまったが、それでも窓から見える景色は圧巻だった。

クイーンズタウン空港は山に囲まれている。空港としてはなかなか珍しいのではないだろうか。
そのためかわからないが、高度を上げていくときには湖の上をグルーっと旋回していく。
クイーンズタウンの町を見下ろしながら、少しずつ遠くの山々まで景色が広がった。
こりゃ、すさまじい景色だ。
 
 
そこからは、ぼくが走ってきた西海岸に沿って進んでいった。
湖が見え、小さな町が見え、氷河が見える。
あそこは風が強かったな〜、こっちはキャンプ場でこんな話したな〜と一日一日が思い出される。
もちろん旅の間が全て楽しかったわけじゃない。
トラブルがあって先に進めなくなることもあったし、寒い日や暑い日だってあった。
不安になることだってたくさんあった。
むしろ不安な気持ちを抱いていることなんてのは日常茶飯事だった気もする。
日本に帰るとその不安からは解放される。その日の寝床に不安を感じる必要はない。
帰りの飛行機に乗れば少しはホッするだろう。
そして、日本で少しくらいゆっくりしようかな〜と思うだろう。そう考えていた。
 
ところが、ニュージーランドの景色を空から見ているぼくの気持ちはそれとは全く正反対だった。
すぐにでも走り出したい。まだ見たことない景色を見てみたい。
まだ会ったこともない誰かと話してみたい。
まぁ、でも焦る必要はない。また、自分が動き出せばいいんだから。
 
今後の予定はまだ何も決めていない。とりあえず、アメリカへ渡りそこから南に走っていくつもり。
それまでこの日記も一時休止。HPの方は少しいじろうかなと思っています。
 
 
 
オークランドで羽田行きに乗り継ぎ、土曜日の朝に羽田に到着。
その後、空港で自転車を組み立てて自宅のある柏まで走って帰った。
やはり日本は車が多く走りにくい。
でも、久しぶりって感じはなく、2泊3日でその辺を走って帰ってきたような気がしている。

 

ランキングに登録しました。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

  • 2020.10.12 Monday
  • 23:19
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2018/01/21 1:35 AM
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • マラウイ湖畔ラストライド 2020年3月11日(水) 824日目(Nkhotakota→Salima)
      yasu (03/27)
    • 帰国の決断
      yasu (03/27)
    • 帰国の決断
      biei (03/25)
    • マラウイ湖畔ラストライド 2020年3月11日(水) 824日目(Nkhotakota→Salima)
      中田 (03/18)
    • のんびりサファリ準備 2020年1月31日(金) 784日目(Arusha)
      yasu (02/14)
    • 飛行機移動はやっぱり苦手 2020年1月20日(月) 773日目(Lisbon⇒Dubai)
      yasu (02/14)
    • のんびりサファリ準備 2020年1月31日(金) 784日目(Arusha)
      中田 (02/07)
    • 飛行機移動はやっぱり苦手 2020年1月20日(月) 773日目(Lisbon⇒Dubai)
      ネコシバ (01/29)
    • 痛みと共に初走行 2020年1月2日(木) 755日目(Sevilla→Huelva)
      yasu (01/28)
    • 痛みと共に初走行 2020年1月2日(木) 755日目(Sevilla→Huelva)
      中田 (01/22)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM