スポンサーサイト

  • 2020.05.09 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    2018年6月7日(木) 181日目(カナダ ウォーターフォウルレイクスキャンプ場)

    • 2018.06.07 Thursday
    • 23:04

    日付:2018年6月7日(木) 天気:晴れ

    移動距離:81km 総移動距離:9,374km

    本日の移動:Wilcox Campground→Waterfowl Lakes Campground

     

    5時半に目を覚ましてさっそく行動開始。
    キャンプ場から丘の上へと続いている往復3.4kmのトレッキングルートへ向かった。
    うっすら明るくなってきているが陽の光が届くにはまだ時間がかかる。
    半分だけ照らされた月が静かに空に浮かんでいる。
     
     

    しばらくは森の中を歩いていく。こういう山歩きはやはり静かなのに限る。
    鳥のさえずりや水の流れが遠くから聞こえてきて、自分だけがその自然に入り込んでいるような感覚。
    でも、本当に誰もいなかったし、
    朝一番なので熊がそのあたりにいてもおかしくない状況ではあるような気もするので、
    周囲をしっかり警戒しながら自然を満喫することにした。
     
    森を抜けると展望が開ける。
    走ってきた道が眼下にあり、その先に氷河がたたずんでいる。
     
    そして、一番のビューポイントには赤い物体が。
    それはこの赤いイス。
    アイスフィールドパークウェイの特に景色がいい場所のいくつかに置かれてるらしい。
    そういえば他のビューポイントでも見たような気がする。
    誰も人がいないのでどっしりイスに座って景色を堪能した。
     
    そろそろ太陽が出てきそうなのうでそれまで待つことにする。
    風が吹きつけてけっこう寒い。ここは標高2,000mを越えている。
    じっと座っていると余計に寒いので写真を撮ってみたり、ちょっとお菓子を食べてみたり。
    コーヒーセットを持ってくれば良かったな〜と後悔。
    30分ほどで向こうの山肌に光が届きだした。空も青く見えてとてもきれい。
     
     
     
    自分の方まで光が届くにはまだ時間がかかりそうなので、諦めてキャンプ場へと引き返した。
     
    準備を終え走り出したのは10時ころ。
    今日は一気に坂道を下っていくところからスタートだ。
    道がほぼ真下に見えている。ぐるっと山肌にそってカーブして下っていく。
    山の間を抜けていくようだ。
     
    ゆるやかなカーブなのでとっても走りやすい。
    ブレーキをかける必要もなく滑り降りていくように一瞬にして下っていった。
     
    下り終わったところで対向車のドライバーが窓を開け
    「この先に熊がいるぞ!」と声をかけてくれた。
    先を確認すると何台かの車が停まっていて、その間に黒い大きな塊がある。
    昨日のグリズリーに続き、今日はブラックベアだ。
    とりあえず50mほど距離をあけ自転車を停めてしばし状況把握に努める。
    熊はどっちかに向かって移動しているわけじゃなくその場に留まっているようだ。
    すると前から来た車が反対側の路肩に停まり、助手席からマダムが降りてきた。
    「ブラックベアよ!!」と言ってカメラを片手に小走りでずんずん熊のいる方へ向かっていく。
    まるで大好きなアイドルを追い求めているようだ。
     
    いや、いや、ちょっとお待ちなさい。あなた。
    車の外に出て近づいていったら危険じゃないのか!?
    それとも通過してきたときに見た様子から全く危険性はないと判断したのか?
    とにかく、ぼくもこのままずっと待機しているわけにもいかないので、
    そのマダムの後ろにつけていくことにした。
    いよいよ車が何台も停まっている場所まで近づいた。
    隙間から確認するとブラックベアはすぐそこにいて、もしゃもしゃ何かを食べている。
    周りを気にする様子はいっさいない。
    だからと言って決して安全なわけじゃない。
    なおも車の間を進んでいくマダムについて行くことはせず、
    ぼくは反対車線へと渡り距離をとることにした。
     
    よく見ると熊の近くにはナショナルパークのレンジャーがいて、
    車の中からようすを見ている。
    レンジャーがここにいるということは、通報があって来ているわけだから
    この熊はけっこう長い時間ここでこうしてもしゃもしゃしていることが予想される。
    それはそれは、そうとう空腹なのだろう・・・。
    近寄っていったマダムは一番近くにある車の影から撮影を試みている。
    それを見たレンジャーがそのマダムに向かって声を荒げている。
    「何やってんだ!?近寄るんじゃんねぇ!!」とでも言っているようだ。
    ぼくはそれを反対車線から恐るおそる見ながら、
    熊の写真をパシャリ。顔が下がっていたのでよくわからない。
    でも、においに気がついてこっちにダッシュしてきたらまずいのですぐに走り出した。
    ここにはいるのである。本当に。
     
    その先、数キロも走らないうちに再び不自然に車が停まっているのが確認できた。
    「またですか・・・?」
    正直、最初に見た時は怖いながらもかなり興味もわいてわくわくしていたが、
    ここまで立て続けに熊に遭遇するのはちょっと勘弁してほしい。
    距離をあけて停車する。
    すると森の中から出てきたのは、なんとこいつら。
    ビッグホーンシープ!!
    道路標識では見ていたがついに本物を見ることができた。
    写真を撮っていたらぼくの前に車が一台入ってきた。
    「おい!これじゃ見えないじゃねぇーか!」と心で呟き反対車線へと移動する。
    すると数頭だと思っていた羊たちがあとから次々に出てくるではないか。
    しかも、黄色いベストのせいか、彼らと同じくらいの乗り物のせいか、
    全員が揃いもそろってぼくの方を見つめている。
    無表情に見えるのがけっこう怖い。
    何を思ったかゆっくりとぼくの方に向かって歩き出してきた。
    「ちょっと、待ってくれよ・・・。」
    熊ほど危険性は感じないがそれでも野生の動物である。
    羊と聞けば穏やかなイメージだ。
    でも、その大きく発達した角は何のためでしょうか?
    割り込んできたドライバーに心の中で文句を言ったのを撤回し、
    ぼくは再び元の車線へ戻って車の影へと回り込んだ。
    彼らは道路を斜めに悠々と横切っていき森の中へと姿を消していった。
    おしりが白いのがやたらとキュートだった。
     
    その後もしばらくはゆるやかに道は下り続けた。
    でも、相変わらず左右に絶景が見られるのは変わらず、
    写真を撮りながらのんびりと進んでいった。
     
     
     
     
    途中、このパークウェイの途中に唯一あるガソリンスタンド兼小さなショップに立ち寄る。
    昼食にそれなりのものが食べたくなりホットドック、ポテトサラダ、オレンジジュースを注文。
    もちろんいつでも空腹のぼくにとってはとってもおいしかったが、
    やっぱり観光地価格でちょっとびっくりした。
    再び上りに差し掛かったところで今日は走行終了。
    きれいな湖の近くの静かなキャンプ場。

    熊は気になるけど、それでもテントで寝るのも慣れてきたしゆっくりと休むことができた。

     

     

    ランキングに登録しています。

    クリックをお願いします。

     

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
    にほんブログ村

     


    世界一周ランキング

     

    JUGEMテーマ:世界一周の旅

    スポンサーサイト

    • 2020.05.09 Saturday
    • 23:04
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • マラウイ湖畔ラストライド 2020年3月11日(水) 824日目(Nkhotakota→Salima)
        yasu (03/27)
      • 帰国の決断
        yasu (03/27)
      • 帰国の決断
        biei (03/25)
      • マラウイ湖畔ラストライド 2020年3月11日(水) 824日目(Nkhotakota→Salima)
        中田 (03/18)
      • のんびりサファリ準備 2020年1月31日(金) 784日目(Arusha)
        yasu (02/14)
      • 飛行機移動はやっぱり苦手 2020年1月20日(月) 773日目(Lisbon⇒Dubai)
        yasu (02/14)
      • のんびりサファリ準備 2020年1月31日(金) 784日目(Arusha)
        中田 (02/07)
      • 飛行機移動はやっぱり苦手 2020年1月20日(月) 773日目(Lisbon⇒Dubai)
        ネコシバ (01/29)
      • 痛みと共に初走行 2020年1月2日(木) 755日目(Sevilla→Huelva)
        yasu (01/28)
      • 痛みと共に初走行 2020年1月2日(木) 755日目(Sevilla→Huelva)
        中田 (01/22)

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM