2018年9月6日(木) 272日目(米国 トゥーソン→ソノイタ)

  • 2018.09.06 Thursday
  • 23:26

日付:2018年9月6日(木) 天気:晴れ

移動距離:66km 総移動距離:14,497km

本日の移動:Tucson→Sonoita

 
お世話になっているStacieは今日も5時に起きて仕事。
ぼくもそれに合わせて起きるよと伝えていたものの起きたのは6時。
彼女が車で出発していく音で目を覚ました。

別に早起きしなくてもいいよと言われていたので、
気持ちにゆとりがあるとこうしてゆっくりと寝てしまう。
のんびりと朝食をすませて9時過ぎに走り出した。

 

今日もここに泊まるので荷物はなし。
軽い自転車だから約60km先のSonoitaまで走るのは余裕だろう。

朝からやや風が強いのが気になるが、
車の多い町なかはサイクリングロードがあるので走りやすい。

Tucsonの町を抜けて山の中へと入っていく。
ここからは砂漠地帯というよりは緑の多い山の中を走っていくようだ。

けっこう上ると教えてもらっていたが、荷物なしの自転車なので余裕だろうと完全に甘く見ていた。
走っても走っても次から次へと上り坂が出てくる。

出発が遅かったので気温はけっこう高い。
食料も水も少なめにしていたこともあり、軽い自転車でたったの60kmなのにかなり追い込まれている。
きれいな景色なのに、考えているのは「町まであと〇km」ということばかり。

これじゃ全く景色を楽しめていない。

 
やっとの思いで走り切りSonoitaの町にたどり着いた。

飲み物を買って日陰で一気に飲み干した。久々に追い込まれてしまった。
あたりにはのどかな牧場が広がっている。

 

明日はこの山の方へ走っていくことになりそうだ。

 

さて、ここからTucsonまで戻るわけだが、自転車で走って帰るのは過酷すぎる。
どうしたのかと言うと、ここまでStacieが車で迎えに来てくれた。
そもそも、彼女からこの提案をしてくれた。
彼女が徒歩でアメリカ横断をした際にはよくこの手段を使ったらしい。
泊っている場所から軽い荷物で片道を歩き、迎えに来てもらう。
翌日、歩いたところまで車で送ってもらい再び歩くという裏技だ。
つまり、明日の朝一でぼくの自転車と荷物をここSonoitaまで載せてきてくれる。
なんだかちょっとズルをしている感じでもないが、まぁいいか。

 
それに今日の夜には大切な予定があるのだから。
車でTucsonに戻る時には雨もぱらぱらと降ってきた。

大切な予定とは中学校との授業。
StacieはTucson生まれのTucson育ち。
この辺りはスペイン語の会話もけっこう耳にするけど、
彼女は生まれてから英語で育ってきている。
そんな彼女にSkypeでの授業の参加をお願いしており、中学校側とも打ち合わせを行っていた。

 

いつもの流れでぼくが英語で自己紹介。
その後、Stacieに登場してもらって日本の中学生から英語で彼女に質問。
事前に彼女のことを少しだけ伝えており、
その情報をもとに生徒が質問を作っている。
質問する順番を決めてくれていたのでかなりスムーズに進んでいった。
彼女の英語はぼくにとって本当に聞き取りやすい。
ということは、中学生もけっこう聞き取れたんじゃないだろうか。
彼女が南米、ヨーロッパ、アジア、アフリカと各地を訪れていること、
日ごろからスペイン語を母国語にする人と関わっていることが要因だろう。
彼女の方も中学生が話す英語もわりとすんなり理解していた。

 
彼女のアメリカ横断の話や、海外への旅の話なんかもしてくれて、
最後には自分の家を紹介するわと言って家の中をカメラで写しながらウロウロと歩き回った。

Skypeの画面を通してだと子どもたちの反応がそこまではっきりとわからないのが残念。
どこまで聞き取れていたのだろうか。
最後にぼくから話をする予定だったけど、時間がなくなってしまったのでカット。
でも、彼女の話が盛りだくさんだったからむしろなくて良かったかも。

 

彼女が旅をよくする理由がぼくのそれととても似ていた。
海外のことをニュースでしか見ていない。本当の姿を見てみたい。
実際に行ってみると海外は怖いところばかりじゃない。
そう語ってくれた。

ぼくはアメリカに入ってもうすぐで3ヵ月が過ぎる。
人に対して怖さを感じることはほとんどなかった。(まぁ、0ではないけど・・・)
「銃社会」というが、それを目にすることは一度もないし、
家や自転車だって鍵をかけていないことがちらほら。
ニュースなどでその世界の「一部」を見て、それが「全て」だと思ってはいけない。
もちろんぼくだってアメリカのほんの一部しか見ていない。
ぼくが走ったエリアはアメリカでも人口が少ない場所だと言っていいだろう。
(それだけ自然が残っていたということ。)
人が社会を作っている今の時代、そこが安全かどうかは「人」によって決まってくる。

 

と書いているぼくは、1週間もすればメキシコ入りするわけで、
それにかなりびびっている。
 

 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

 

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

スポンサーサイト

  • 2020.10.12 Monday
  • 23:26
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • マラウイ湖畔ラストライド 2020年3月11日(水) 824日目(Nkhotakota→Salima)
      yasu (03/27)
    • 帰国の決断
      yasu (03/27)
    • 帰国の決断
      biei (03/25)
    • マラウイ湖畔ラストライド 2020年3月11日(水) 824日目(Nkhotakota→Salima)
      中田 (03/18)
    • のんびりサファリ準備 2020年1月31日(金) 784日目(Arusha)
      yasu (02/14)
    • 飛行機移動はやっぱり苦手 2020年1月20日(月) 773日目(Lisbon⇒Dubai)
      yasu (02/14)
    • のんびりサファリ準備 2020年1月31日(金) 784日目(Arusha)
      中田 (02/07)
    • 飛行機移動はやっぱり苦手 2020年1月20日(月) 773日目(Lisbon⇒Dubai)
      ネコシバ (01/29)
    • 痛みと共に初走行 2020年1月2日(木) 755日目(Sevilla→Huelva)
      yasu (01/28)
    • 痛みと共に初走行 2020年1月2日(木) 755日目(Sevilla→Huelva)
      中田 (01/22)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM