スポンサーサイト

  • 2020.05.09 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ヒッチハイクは楽じゃない 2019年6月29日(土) 568日目(タタレンダ⇒サンタクルス)

    • 2019.06.29 Saturday
    • 23:11

    日付:2019年6月29日(土) 天気:晴れ

    移動距離:なし(自転車では) 総移動距離:25,781km

    本日の移動:タタレンダ→サンタクルス

     

    朝はかなり気温が下がった。
    その影響でテントの外は濃い霧に包まれている。

     
    もちろんテントも水滴でびっしょり。
    しばらく乾燥したエリアだったので
    こんなのも久しぶりだ。

     

    さて、改めて自転車を確認する。
    ん〜、壊れたのは夢ではなかったようで。

     

     

    自転車での移動はやはり不可能。
    ヒッチハイクを決意するも
    辺りは霧に包まれているという最悪のコンディション。
    そのうち晴れるだろうと、
    とりあえず朝食を作ってコーヒーも堪能する。

     

    テントを乾かしながら荷物をまとめる。
    (と言っても霧が晴れないので乾くわけがない。)
    昨日の夕方、最初に声をかけたおばちゃんがいた掘っ立て小屋は、
    小さなレストランのような場所で
    道行く人が時々やってきてはそこで朝食をとっていた。

    特にやれることもないのでボーっとしていたら
    そこにいたおっちゃんから手招きされた。

     

    「朝ごはん食べな!」と言うので
    まだ霧も濃いからいいかと本日2回目の朝食とした。
    別におごってもらおうと思っていたわけじゃないが
    結果としてぼくの分の支払いもしてくれた。
     
    食べながら状況を説明。
    サンタクルスへヒッチハイクすることを伝える。
    彼はここで仲間のトラックを待っているようだ。
    ぼくの自転車と荷物を見ると、
    ここに荷物を預け、
    ホイールだけサンタクルスに持っていた方がいいと提案してくれた。

    確かにそれもひとつの手だが、
    新たなものが手に入らなかった場合、
    その後の動きがかなり厄介になってしまう。

     

    「全部持っていきたいんだ」と伝え
    自転車と荷物を路肩に並べた。
    荷物運びを手伝ってくれるおっちゃん。
    なんともありがたい。

     
    店のおばちゃんとそのおっちゃんが
    バスや乗合バンに自転車も載せられると言うので
    とにかくやって来る大きめの車には手を上げることに。
    が、そもそも車が頻繁に通る場所ではない。
    30分に2〜3台がいいところ。

    乗合バンもたまに走ってくるがことごとく首を振られてしまう。

     
    仕方ないので道路に座ってアリの観察。
    こんなプラスチック片を何に使うのか。

     

    次第に空の霧も晴れて青空が姿を見せた。
    気温も上がっていく。


    なかなか車が捕まらない様子を見て
    おっちゃんからはまさかのアドバイス。

     

    「自転車を隠せ!」

     

    彼によると荷物が多いと面倒くさくて車が停まらないんだと。
    「いや、それで停まってくれてもダメじゃない?」と思ったが
    素直に従うことに。
    おばちゃん経営の掘っ立て小屋へと自転車を動かしたところ
    次にやってきた乗合バンがすぐに停まってくれた。
    なんてこった。自転車隠す作戦大当たり。
     
    「うおー!やった!!」
    急げ急げと荷物を運ぶ。
    おっちゃんが「自転車もあるから。」と伝えた瞬間、
    「それは無理だ。」と非情な一言。
    車はブーンと走り去ってしまった。

     

    「No・・・」とぼくもややうなだれる。
    そんなところにサンタクルス方面から自転車旅人が登場。
    コロンビアとスペイン出身の2人。
    突き抜けるように明るい彼らもパラグアイを目指しているようだ。
    ぼくの状況を知るとやってくる車に一緒になって手を上げてくれた。
    小さい車や荷物満載のトラックにも手を上げている。
    いや、それ停まっても無理だと思う・・・。

     

    「自転車を逆さまにして壊れているのをアピールしな!」と
    おっちゃんとは正反対のアドバイスをぼくに伝え
    どっかでまた会おうな!と走り去っていった。

     

    その後も何台か車は来たが停まる気配はない。
    「やっぱりホイールだけにした方がいい。」と諭されるぼく。
    が、色んな可能性を考えたら全てを運んでおくべきなのは間違いない。
    数十分してからやってきた車も停まったが
    自転車の存在を知らせると首を振られてしまった。

     

    さすがにこれは諦めるかと、
    ホイールだけ運ぶ準備を始めた。
    大きなバックパックに必要な荷物を移し始めたところで
    新たにやってきた1台が停まってくれた。
    しかも奇跡的に乗客ゼロという状況。
    サンタクルスまでは行かずに途中の町までらしいが、
    自転車も載せられるようだ。
    その町まで行けば新たなバスは見つかると言うので
    乗り込むことにした。

     
    ぼくの「どうしても移動したい」オーラが察知されたのか
    ドライバーは値段を吹っかけてきたが
    ここでもおっちゃんが値段交渉をしてくれて
    結果、最初の言い値の半額でお願いできた。

     

    時間はすでに12時を過ぎていた。
    約3時間で捕まったからこれはいい方なのかな。

    昨日、暑い中を必死に走ってきた道を戻っていく。
    昼食をとったAbapo(アバポ)という町に入ったところで
    このバンはストップ。
    サンタクルスに行きたいと散々言ったので
    ドライバーの運ちゃんはしっかりとバス乗り場の前で降ろしてくれた。

     

    サンタクルス行きはすぐに見つかった。
    自転車も問題なく載せられるようで一安心。

     

    恰幅の好いドライバーが自転車をしっかり?と括り付けてくれた。

     

    客が集まらないのですぐには出発せず。
    そこでも30分ほど待ってついにサンタクルスに向けて走り出した。

    途中でエンジントラブルで停まったり、
    パンク修理を手伝ったりと、
    色んな要因で止まりつつ、
    3時間ほどでサンタクルスに到着。

     
    町なかまでは入っていかないようで
    ちょっと離れたところで降ろされてしまった。

    荷物を自転車に付けて歩くこと約1時間。
    3日前に出発した宿に舞い戻ってきた。

     

    体はほとんど動かしていないのに
    今日は本当に疲れ果ててしまった。
    全身からストレス物質がうじゃうじゃ出てきた感じ。
    その証拠に午後から嫌な頭痛に襲われていた。
    自転車の旅がいかに自由かってのを
    改めて思い知った。

     

    とりあえず明日は日曜日なのでやれることはない。
    ゆっくり休んで月曜になったら自転車屋さんを回ってこよう。
     

     

    HPはこちらから→自転車世界一周の旅〜Feel the real, Tell the real〜

     

     

     

    ランキングに登録しています。

    クリックをお願いします。

     

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
    にほんブログ村

     


    世界一周ランキング

     

    JUGEMテーマ:世界一周の旅

    スポンサーサイト

    • 2020.05.09 Saturday
    • 23:11
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • マラウイ湖畔ラストライド 2020年3月11日(水) 824日目(Nkhotakota→Salima)
        yasu (03/27)
      • 帰国の決断
        yasu (03/27)
      • 帰国の決断
        biei (03/25)
      • マラウイ湖畔ラストライド 2020年3月11日(水) 824日目(Nkhotakota→Salima)
        中田 (03/18)
      • のんびりサファリ準備 2020年1月31日(金) 784日目(Arusha)
        yasu (02/14)
      • 飛行機移動はやっぱり苦手 2020年1月20日(月) 773日目(Lisbon⇒Dubai)
        yasu (02/14)
      • のんびりサファリ準備 2020年1月31日(金) 784日目(Arusha)
        中田 (02/07)
      • 飛行機移動はやっぱり苦手 2020年1月20日(月) 773日目(Lisbon⇒Dubai)
        ネコシバ (01/29)
      • 痛みと共に初走行 2020年1月2日(木) 755日目(Sevilla→Huelva)
        yasu (01/28)
      • 痛みと共に初走行 2020年1月2日(木) 755日目(Sevilla→Huelva)
        中田 (01/22)

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM