スポンサーサイト

  • 2020.05.09 Saturday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    世界最大の滝へpart1 2019年7月19日(金) 588日目(フォズドイグアス⇔イグアスの滝)

    • 2019.07.19 Friday
    • 23:09

    日付:2019年7月19日(金) 天気:くもり

    移動距離:0km 総移動距離:25,781km

    本日の移動:フォスドイグアス⇔イグアスの滝(バス)

     

    寒いような暑いようなよくわからない夜で
    うまく寝ることができなかった。
    おかげでのどに違和感がある。
    「国境を越えると体調を崩す」という
    よくわからないぼくのからだの性質が
    早くもお目見えしているようだ。
     
    宿で休養をとるほどではないので 
    天気はいまいちだけどイグアスの滝を見に行くべく
    8時には宿を出発し近くのバスターミナルへ向かった。

    メキシコからかなり年季の入った路線バスばかりを見ていたので
    ここのバスがきれいなことに驚く。


    AEROPORTO(空港)を経由してCATARATAS(滝)に向かうバスに乗車。

     

    30分ほどバスに揺られてナショナルパークの入り口にたどり着いた。


    チケット売り場にはすでに列が出来ている。
    朝早くに来たつもりだったけど世界一の滝には
    やはり多くの人が集まってきていた。

     

    チケットを購入して公園内へ。
    すぐバスに乗り込むことになる。
    人の多さといい、公園内のつくりといい
    どっかのネズミのテーマパークを思い出される。
    せっかく大自然の壮大な景色を楽しみたいのに
    これはちょっとよくないな・・・。

     

    バスを降りて遊歩道を進むといよいよ滝が見えてきた。
    ブラジル側はイグアスの滝を少し離れたところから
    見ることになる。
    川の向こう側に白い筋が何本も見えている。

     

    最大落差は約80mで滝の幅には約4kmにも及ぶイグアスの滝。
    一度に滝の全貌を見ることは出来ず、
    遠くの方までどこまでも滝が続いているのが何となくわかる。

     

    川に沿って遊歩道は続いていて
    進んでいくと少しずつ見える場所が変わる。

    場所によって滝は2段、3段になっているところもある。

     

     

     

     

    ここもあたりではハナグマがウロウロしていて
    観光客にすり寄ってエサをねだるやつもいた。

     

    ブラジル側の最大の見どころだろうという場所が
    おそらくあそこ。

     

    面白い植物もちらほら。

     

    水量が多い場所に近づくとその音と共に
    水しぶきが白い湯気のように立ち上っている。

    滝に差しかかるまではゆっくりと穏やかに進んでいる水が
    突然白い泡となって飛び出していく。
    その泡をじっくり見ると
    落ちていくスピードはそこまで速くない。
    何かから解き放たれたようにも見えるし
    少し不安な気持ちがあるようにも思える。


     

     

     

     

     

     

    たくさんの人々がぼくの後ろを通り過ぎては
    写真を撮っていく。
    ぼくはしばし鉄格子に肘を置き、
    ボーっと水の動きを眺め続けた。

     
    満足することも飽きることもやってこないようなので
    人が増えてきたタイミングでナショナルパークを後にした。

     

    暗くなるまでにはまだ時間があるので
    すぐ近くにあるバードパークへ。

    南米の鳥を中心に自然の中に溶け込むようにして
    たくさんの鳥を見ることができた。

    鳥の色鮮やかな姿には驚かされる。

     

    仲良く寄り添う2羽。
    親子なのか夫婦なのか。

     

    頭がおしゃれ。

     

    トゥーカンという鳥。

    大きなくちばしで器用にえさをつまんでいた。

    飲み込むときはくちばしをわざわざ上に向けなきゃいけないようで
    それがちょっと大変そう。
    なんであんなに大きくしちゃったのだろうか。
    きっと理由があったんだろうけど
    やりすぎた感は否めない。

     

    こいつはオーストラリアの一部やインドネシアに生息している大型の鳥。


    和名は「ヒクイドリ」。
    (オーストラリアではCassowaryと呼ぶ。)
    ドスドスと地響きを立てながら走りまわっていたと思ったら
    目の前で行儀よく座って動かなくなった。


    座った時の脚の曲げ方が面白い。

     

    他にもいろいろ。

      

     

     

     

     

    イグアスの滝でもそうだったが、ここでの案内板は3種類の言語が

    書かれている。

    上からポルトガル語、スペイン語、英語。

     

    思っていた以上に楽しめたバードパークを後にして宿に戻った。
    パラグアイに比べると物価が上がっているので
    夕食は簡単に済ませて早めに就寝。

     

    明日は国境を越えてアルゼンチンへ向かう。
     

     

    HPはこちらから→自転車世界一周の旅〜Feel the real, Tell the real〜

     

     

     

    ランキングに登録しています。

    クリックをお願いします。

     

    にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
    にほんブログ村

     


    世界一周ランキング

     

     

     

    JUGEMテーマ:世界一周の旅

    スポンサーサイト

    • 2020.05.09 Saturday
    • 23:09
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      コメントする








          

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      • マラウイ湖畔ラストライド 2020年3月11日(水) 824日目(Nkhotakota→Salima)
        yasu (03/27)
      • 帰国の決断
        yasu (03/27)
      • 帰国の決断
        biei (03/25)
      • マラウイ湖畔ラストライド 2020年3月11日(水) 824日目(Nkhotakota→Salima)
        中田 (03/18)
      • のんびりサファリ準備 2020年1月31日(金) 784日目(Arusha)
        yasu (02/14)
      • 飛行機移動はやっぱり苦手 2020年1月20日(月) 773日目(Lisbon⇒Dubai)
        yasu (02/14)
      • のんびりサファリ準備 2020年1月31日(金) 784日目(Arusha)
        中田 (02/07)
      • 飛行機移動はやっぱり苦手 2020年1月20日(月) 773日目(Lisbon⇒Dubai)
        ネコシバ (01/29)
      • 痛みと共に初走行 2020年1月2日(木) 755日目(Sevilla→Huelva)
        yasu (01/28)
      • 痛みと共に初走行 2020年1月2日(木) 755日目(Sevilla→Huelva)
        中田 (01/22)

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM