2017年8月12日(土) 62日目(オーストラリア Hartley vale)

  • 2017.08.12 Saturday
  • 23:08

日付:2017年8月12日(土) 天気:晴れ

移動距離:83km 総移動距離:3,581km

本日の移動:Winmalee→Hartley vale

 

早起きして散歩に出かけるというTania夫妻。
ぼくも誘われたが、今日は長い上り坂があり、時間が読めないのでお断りした。
そして、ぼくも2人が散歩に出かけるのと同じ7時過ぎには出発することにした。
  
朝の7時だとまだけっこう寒い。標高が上がってきている証拠。
上り坂で必死に自転車を進めていると少しずつ暖かくなってくる。
しかし、顔や手と足の先っちょは冷えたまま。
だからと言って冬装備にするほどでもないかな。
  
勾配はそこまで急ではない。
車はすぐ隣をものすごいスピードで走っていくし、
大きなトラックも上っていく。さらに道の横には電車も走っている。
そう。シドニーから電車で来ることも出来るのだ。
2階建ての電車が時々ぼくの横を通り過ぎていく。
中の様子は見えないけど、きっと観光で来ている人がたくさん乗っているんだろう。
だったら電車で来ればよかったのでは?と思うかもしれないが、
そんなことは決してない。
その場所がどこにあって、どんなところなのか、
より感じられて、より楽しめるのは、間違いなく自転車の方である。
ただ、そんなこと考えてはみるものの距離が長い。
どこまでも上り坂が続く・・・。
  
出発してから約4時間かかってKatoombaという
ブルーマウンテンズ観光の中心となる町に到着した。
これまで木々に遮られていて全く景色は見えていなかったが、
Lookout(日本でいう展望台みたいな場所)がいくつか出てきた。
Taniaからおすすめのコースを聞いていたので、
ハイウェイをそれてそっちに向かった。
  
さてさて、どんな場所なんでしょうか。
自転車で上る時間が増えてくる分、その景色に対する楽しみは増していく。
テーブルみたいに大地がドンと一段高くなっているという話は聞いている。
写真も少しは目にしている。でも、写真ではわからない部分の方が多い。
シドニーから日帰りできる場所なだけに、
ただ単にアクセスがいいから有名になっているのかもしれない。
わくわく。
  
遠くの方に茶色い大地がむき出しになった崖が見えてきた。
ほほーう。確かに見ごたえのある景色。
眼下にユーカリの森も広がっている。
  
きれいなビーチをたくさん見てきて素敵だな〜と思うことも多かったが、
個人的にはやはり山が好き。
Echo Pointでは、有名な(ここに来るまで知らなかったけど・・・)スリーシスターズが見られる。
岩がもこもこっと3つ並んでいるところ。
父の魔法により3姉妹が岩に変えられたというアボリジニの伝説があるらしい。
    
その岩よりも遠くの景色の方がよっぽど素晴らしい。
はるか遠くの森のあたりはぼんやり青みがかっている。
ブルーマウンテンズという名前の由来でもある。
ユーカリの木から揮発されるオイルが太陽光に反射して青く霞んで見えるという。
残念ながらぼくが持っているスマホのカメラではうまく写すことができないが、
確かに空の色と森の色が近い。

でも、ここにはたくさんの観光客がいてどっぷりと楽しむことが出来なかった。
  
もう少し人が少ない場所を求めてさらに先へと進んだ。
Katoombaを抜けて、10kmほど走ると新たなLookoutにたどり着く。
長い坂道を下っていく。あ〜ここを戻っていかなきゃならないのに。
その道の終わりが崖になっていた。
さっきのEcho Pointとは反対側の景色が楽しめる。
  
おおー!こっちの方がはるかにいい!
眼下に広がるユーカリの森。
  
  
遠くに大地がにょきっと浮き出ている。
しかも、崖の隙間からさらーっと流れ落ちる滝まで見ることができた。
水の量が多くないからだろうか、風に吹かれてさらーっと揺れ動いている。
しばし景色を堪能。人もそこまで多くないからのんびりできる。
カメラがスマホしか使えないのが返す返すも残念である。
  
と、ゆっくりしていたら14時を過ぎていた。
でも、ここからは少しだけ上って、あとは目的地まで下り坂。問題ないはず。
地図を確認し走り出した。
  
ちなみに今日の目的地はHartley valeというところ。
Mount Victoraからハイウェイを外れていく。
車が一気に減って走りやすい。この道は左右に崖がある。
つまり、さっき遠くから見ていた崖の上を走っていくような感じだ。
木々に遮られて基本的には見通しは悪いが、
ところどころで迫力のある岩場を目の前にすることができる。
今走っている道を左に曲がって約15kmで目的地。
  
その曲がり角まで来て、一気に不安が押し寄せてきた。
道幅はせまく、ブレーキを思いっきり握らないと危険なほどの下り坂。
しかも両サイドは完全なる森。
  
  
これまでの経験上、この雰囲気の道はダートになると予想できる。
いや、もはや間違いない。ただ、引き返しても道はない。
ブレーキを強く握りながら下り始める。
道には折れた木の枝が散乱している。
そして、案の定舗装されていた道は終わり、ダートが始まった。
果たして、家までたどり着けるのだろうか。
  
15時半をまわって少しずつ日が傾いて気温も下がってきている。
不安が膨らみ始めた時、ついに下り坂が終わった。
そして、そこには素晴らしい牧場が広がっていた。
  
カンガルーが見える。
町中じゃなくて、こういったところにいるのが正しい姿である気がする。
今までもたくさん牧場を見てきたが、
丘や山と一緒に見えるこんな牧場が最も美しく感じる。
  
しばらくするとダートも終わり家がぽつぽつと現れだした。
さらに10kmほど走って無事にMartinの家にたどり着いた。
いや〜一時はどうなるかと思ったよ〜と伝える。
できればもう少し事前情報がほしかった・・・。
  
広い牧場の中にあるお宅。
もっと年上かと思っていたMartinはぼくと大して変わらない青年(?)。
普段はシドニーに住んでいて、いわゆるここは実家らしい。
両親のお友達が遊びに来ていて、週末だけ彼もこっちに来ていた。
お風呂の準備ができているという。
お風呂?基本的にこっちはシャワーなので、旅が始まってから一度も入っていない。
こんなところでお風呂に入れるなんて、思ってもみなかった。
しかも!そのお風呂は外に設置されていて、
森と山を見ながら入ることができる。つまり露天風呂!
さらにさらに、そのお湯はまきで炊いたものだ。
まきで炊いたお湯は柔らかいとよく言う。
柔らかいのか固いのか、それはよくわからないが、確かに少し特別な感じがした。
場所とタイミングがそうさせているのだろう。
まきの匂いがほんのりと漂っているのが、これまた気分を盛り上げた。
  
ニュージーランドやアメリカ、ヨーロッパを走ったことがある彼と、
しばらし自転車トーク。
自転車旅好きは、やはり同じような感覚を持っている。
彼は、ぼくがWarmshowersの自己紹介文に載せているこの文章が本当に良かったと言ってくれた。
“Why do I travel by bicycle?”
Not too fast, not too slow.
I can reach somewhere on my own. What is important in journey is on your way to the destination. It’s not to get to the destination.
I can stop anywhere I want for as long as I wish.
There is not lines between me and others there. It’s not like cars.
After riding, beer and foods really taste good.

 

ランキングに登録しました。

クリックをお願いします。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 

スポンサーサイト

  • 2020.10.12 Monday
  • 23:08
  • 0
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    • マラウイ湖畔ラストライド 2020年3月11日(水) 824日目(Nkhotakota→Salima)
      yasu (03/27)
    • 帰国の決断
      yasu (03/27)
    • 帰国の決断
      biei (03/25)
    • マラウイ湖畔ラストライド 2020年3月11日(水) 824日目(Nkhotakota→Salima)
      中田 (03/18)
    • のんびりサファリ準備 2020年1月31日(金) 784日目(Arusha)
      yasu (02/14)
    • 飛行機移動はやっぱり苦手 2020年1月20日(月) 773日目(Lisbon⇒Dubai)
      yasu (02/14)
    • のんびりサファリ準備 2020年1月31日(金) 784日目(Arusha)
      中田 (02/07)
    • 飛行機移動はやっぱり苦手 2020年1月20日(月) 773日目(Lisbon⇒Dubai)
      ネコシバ (01/29)
    • 痛みと共に初走行 2020年1月2日(木) 755日目(Sevilla→Huelva)
      yasu (01/28)
    • 痛みと共に初走行 2020年1月2日(木) 755日目(Sevilla→Huelva)
      中田 (01/22)

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM