結論は「牛肉がうまい国」 2019年9月7日 638日目(サンタロサデコンララ→ラ・トマ)

  • 2019.09.07 Saturday
  • 23:04

日付:2019年9月7日(土) 天気:晴れ

移動距離:105km 総移動距離:27,813km

本日の移動:Santa Rosa de Conrala(サンタロサデコンララ)→La Toma(ラ・トマ)

 

昨日から続いているあまり変化のない道を
今日も進んでいく。

 

農地が目立ってきていて
アメリカではよく目にしていた
大型のスプリンクラーを久しぶりに見かけた。

 

道ばたで一心不乱にお食事中。

 

こちらは団体さんが木の上で休憩中。

 

お昼を過ぎても景色はほとんど変化がない。

 
このままだとアルゼンチンの印象が
かなり薄いままで終わりそう。
アルゼンチンを1ヵ月も自転車で走って
「牛肉がうまい国」だけで終わっていいものか。
まぁ、最後にアンデス越えがあるから
そこで一気に印象も変わるんだろうけど。

 

そんなことを思っていたら80kmほど走ったところで
面白いかたちの山に近づいていった。

この辺り、南北にいくつかの山脈ができている。

 

今日も緩やかな上りだったが走行距離100kmを越えた。
La Toma(ラ・トマ)という町で昨日に引き続き
そこそこ安い宿を見つけたので投宿。

アルゼンチン序盤戦に比べてキャンプが減った。
ここのところだいぶ贅沢しているかも。

まぁ、食事は全部自炊しそこで調整している。
今日も町のお肉屋さんで牛肉を買ってステーキ。
硬くならない赤みの肉。

やっぱりアルゼンチンは「牛肉がうまい国」ってことで間違いはない。
 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

 

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

最高の安宿発見 2019年9月6日 637日目(ミナクラベロ→サンタロサデコンララ)

  • 2019.09.06 Friday
  • 23:20

日付:2019年9月6日(金) 天気:晴れ

移動距離:98km 総移動距離:27,718km

本日の移動:Mina Clavero(ミナクラベロ)→Santa Rosa de Conrala(サンタロサデコンララ)

 

早めに出発しようとドミトリーの部屋で静かに準備を始めた。
ところが自転車を確認すると後輪のパンクが発覚。
結局、他にもいろいろと調整したので
出発は10時を過ぎてしまった。

 

昨日越えてきた山を近くに見ながら
序盤はアップダウンが続く。

 

 

大きな町は出てこないが宿泊施設が目に付く。
日本でいうところの民宿やペンションの雰囲気に近い。
休みを利用してここに来て
リラックスするんじゃないだろうか。

 

昼を過ぎてVilla Doloresという比較的大きな町に到着した。
いつもパンにパテとはちみちという組み合わせなので
たまには違うものを・・・と思ったが
手ごろな場所は見つからず、
気がついたら町を抜けてしまっていた。

 

道ばたでいつもの昼食をとり、
そこからはどこまでも真っすぐに続く道を
南へと走っていった。

 

風はやや向かい風。
そして、気がつかないくらいの勾配で少しずつ上っている。

西の方にも山脈のようなものが見え始めた。
左右を山に挟まれているエリアということになる。

 

16時過ぎにサンタロサデコンララという町に到着。
キャンプ場のマークがあったのでそちらを目指す。
町の外れには川が流れていて
キャンプ場もその近くにあった。
夏場じゃないのでとっても静か。
周囲には宿も何軒か並んでいた。

 

試しに一軒の宿で料金を尋ねてみた。
約800円だと言う。あ、それなら泊まってもいいかな。
案内された部屋に入るとびっくり。
ベッドだけがあるのかと思っていたら
そこにはシャワー、トイレはもちろん、
簡単なキッチン、冷蔵庫まで完備されていた。
もう完全に家。何の問題もなく住める。

 

 

「ここ、そんなに安いの!?」と思わず確認してしまった。
アルゼンチンの宿は高いと思っていたけど
探せばけっこういろいろあるもんだ。
 
洗面所も気にすることなく自由に使えるので
洗濯をちゃちゃっと済ませて
夕食の買い出しへ。

 

こちらはセントロの教会。

 

部屋での料理も何の問題もないので
牛肉をたっぷり購入してステーキにした。

 

ちなみにアルゼンチンではこんな鍵が使われていることがほとんど。
ちょっとレトロな雰囲気を感じるけど
これってセキュリティは大丈夫なんだろうか。

 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

岩山ダウンヒル 2019年9月5日 636日目(ケブラダデルコンドリト国立公園→ミナクラベロ)

  • 2019.09.05 Thursday
  • 23:33

日付:2019年9月5日(木) 天気:曇りのち晴れ

移動距離:56km 総移動距離:27,620km

本日の移動:Parque Nacional Quebranda del Condorito(ケブラダデルコンドリト国立公園)→Mina Clavero(ミナクラベロ)

 

本格的に冷え込んだ朝になった。
昨日に続いて雲が広がっていて
太陽が顔を出す気配はない。

鍋に水を入れようとしたらボトル中のからは
シャリシャリと音がした。薄く氷ができている。

 

コーヒーや簡単なスープを作って温まっていると
鳥たちが近寄ってきた。

こうして人間の近くに来るってことは
ここで食べ物をもらえそうだと思うから。
こんな何にもないキャンプ場にもそれなりに人はやってきて
キャンプを楽しんでいるってことなのだろうか。

それにしても近すぎ。捕まえられそな距離だ。

 

太陽が出ないのでしばらくしても気温は上がらず
顔にあたる冷たい風に耐えながら準備を終えた。

 

しばらくは自転車を押して歩いていく。

 

 

その後、昨日下ってきた砂利道へ。
さっそく息を切らせながら走り舗装路へと戻っていった。

 

 

昨日の時点でほぼ上りは終わりだと思っていたが
その先も予想以上に上り坂が続いていく。
そして、今日はかなり風が強く
うねうねと曲がりくねった道なので
向かい風や横風になるとふらつくことすらある。

 

 

 

下りに入ったと思ったら再び上り。
そんなアップダウンをしばらく繰り返した。

 

 

 

青空が少しずつ見え始めたタイミングで
頂上だと思われるポイントに到着。

激しく踊っているような旗は
怖くなるほどバタバタと音を立てていた。

 

そこからは一気に下っていく。
下りは体が冷えるので厚手の手袋、
ニット帽、ネックウォーマーを装備し、
風向きに注意しながら走りだした。

 

山の東側よりもごつごつした岩が目立つ。

 

はるか下には町並みも見えている。

 

 

 

久しぶりに景色を見て「うぉー」と叫んで興奮した。
やっぱり山の中を走る方が景色は楽しめる。

 

そんな岩山の途中にポツンと一軒家。
誰か住んでいるのか?

 

 

ほぼ坂道を下り切って南北に延びる幹線道路に合流。
1,500m近く標高を下げて太陽も出てきているので
今朝の寒さが嘘だったかのようなぽかぽか陽気に変わっていた。

 

ちょうど観光案内所があったので立ち寄り情報収集。
色々と考えた結果、やや早めだけどこの近くの
ミナクラベロという町の宿に泊まることにした。
観光地らしくドミトリーの安宿もあるし。

 

この町で2つの川が合流している。
そのポイントの近くは水の力で岩が大きく削られていた。

 

これだけでもなかなか見応えはある。

 

宿でビールを飲みつつリラックス。


キッチンは夜8時からしか使えなかった。

 
早寝早起き派のぼくにとって、
アルゼンチンの生活リズムに馴染んでいくことは
なかなか難しい。
  

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

キャンプ場はどこだ!? 2019年9月4日 635日目(ビージャカルロスパス→ケブラダデルコンドリト国立公園)

  • 2019.09.04 Wednesday
  • 23:34

日付:2019年9月4日(水) 天気:くもり

移動距離:55km 総移動距離:27,564km

本日の移動:Villa Carlos Paz(ビージャカルロスパス) →

Parque Nacional Quebranda del Condorito(ケブラダデルコンドリト国立公園)

 

今日は本格的な上りになる。
早めに起床して準備に取り掛かった。
夕飯の残りのカレーを食べて栄養をしっかり補給し、
自転車に荷物を取り付けたところで
宿の朝食時間になった。
(朝食付きだとは知らなかった。)
が、その朝食が小さなクッキーだけだったので
むしろ知らなかったことが幸いした。
もちろんそれでもコーヒーとクッキーを
ちゃちゃっと胃袋に流し込んで走り出すわけだが。

 

町なかからさっそく上りが始まる。
曇り空で気温が低かったが30分も走ると
ジワリと汗をかき始めていた。

 

標高が高い道だと知らせる標識。

「ABIERTO」は英語の「OPEN」という意味だから
場合によっては雪や凍結によって閉鎖されることがあるんだろう。

 

じわじわと上っていく。

 

町が少しずつ小さくなってきた。

 

引き返せということか?


いや、上のねじが外れて180度回転している。

 

これは凍結注意という意味だろう。

 

寒いことばかり気にしていたが
道ばたには花が咲いていた。


南半球には確実に春がやってきている。

 

そこからもひたすら標高を上げていく。
植物も背丈の低いものに変わってきた。

黒くなっている部分は山火事があったんだと思われる。

 

 

 

岩がむき出しになっている場所も多い。

 

上り続けて約50km走ったところでナショナルパークの入り口に到着した。
ここにキャンプ場があると聞いているので
道路からそれて公園内へと進んでいく。
道は未舗装路に変わりせっかく上ってきたのに
下っていってしまう。

 

 

 

明日の朝のことを考えるとあまりに下るのは勘弁してほしい。
ただ、標高を上げた分、気温は確実に下がっており
早めに寝床を確保してテントを張ってしまいたい思いがあり

とにかく先を急いだ。

 

こんな標識もあったけど。

 

たどり着いたビジターセンターで尋ねると
そこから1km先にキャンプ場があるとのこと。
ただ、キャンプを許可するためには
バーナーの所持を確認する必要があると言う。、
後ろのパニアの奥にしまい込んでいるので
取り出すのはかなり面倒くさいが従うしかない。
見るからに乾燥しているエリアなので
山火事の対策だろう。

 

無事に受付を済ませて先へと進んでいく。
「1km先にある」という説明だけだったので
簡単に見つかると思ったが
それがどこなのかさっぱりわからない。

そのまま進んでいくと民家らしき場所に入ってしまい
散々犬に吠えられてしまった。

 

自転車を停めて「まさかこっちじゃないよな?」と
思った急な坂道を駆け上がる。
ちょっと離れたところにキャンプ場らしき場所が見える。
そこは明らかにトレッキングルートと呼べる道。

重たい自転車を運んでいくような場所ではない。

 
誰もこんなところ来ないだろうし、
その辺でキャンプしちゃうか。
そう思ったところにレンジャーの車がやってた。
聞くとやはりキャンプ場はこの先のようだ。

 

キャンプ場以外でのキャンプは禁止されていると言われてしまい
仕方なく自転車を押して坂道を進んでいった。

 

 

 

やっとの思いでキャンプ場にたどり着いた。

風が強くかなり冷え込んでいる。

ここで標高約2,000m。

この先、チリへ行くためにはその倍の高さまで

上っていくわけだけど、果たして大丈夫だろうか。
とにかく急いでダウンを着込んでテントを設営した。

  

昨日のうちに買っておいたビールを片手にパスタを茹でる。

 

 
珍しい鳥が近づいてきた。

 

いや、それはさすがに近づきすぎ。

 

この季節にこんなところでキャンプするもの好きは
ぼくの他にはいないようだ。
明日は太陽が顔を出してくれることを願いつつ
寝袋に包まって早々に眠りについた。
 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

上っていくかと思ったが 2019年9月3日 634日目(コルドバ→ビージャカルロスパス)

  • 2019.09.03 Tuesday
  • 23:08

日付:2019年9月3日(火) 天気:晴れ

移動距離:43km 総移動距離:27,509km

本日の移動:Cordoba(コルドバ)→Villa Carlos Paz(ビージャカルロスパス)

 

結局、コルドバには4泊した。
アルゼンチンに入ってからは
走り続けることが多かったから
久しぶりに1ヵ所に長居したことになる。

 

ここからさらに西へと進んでいく。
これまでは真っすぐな道が目立っていたが
一気にグネグネと曲がりくねった道が始まる。
コルドバの東にある山脈を越えていかなければならない。

 

コルドバの町を抜けるのに苦労するかと思ったが
ちょっと裏道に入れば車は少なくて走りやすい。
民家が減ったところから見るからに高速道路へと入っていった。
自転車が走っていいのかちょっと怪しいところ。

でも、この道しかないんだから行くしかない。

ややガタガタだけど路肩もあるし問題ないか。

 

ここから緩やか上り始めたわけだが
思ったほど急ではなくすぐに下り始めて
覚悟していたぼくにとってはちょっと拍子抜け。

 
ただ標高を上げていくのは間違いないわけで
本格的な上りは明日になるんだろう。

その証拠に遠くにうっすらと高い山が見えてきている。

 

結局、同じような道が続いてあっという間に
Villa Carlos Paz(ビージャカルロスパス)という町に入っていった。

お昼を少し過ぎた頃でぽかぽかしていて心地いい。
湖が近くにあって観光地となっているが
冬場の今は観光客は少ないようだ。

 

 
やはり本格的に上るのはこの町を過ぎてから。
ここにはいくつも宿が並んでいるが
上り始めるとそんな宿もなくなるだろう。

というわけで、時間はだいぶ早いけど
今日は早々に切り上げてこの町の安宿に泊まることにした。

 
ドミトリーの宿はここでも貸し切り。
キッチンも充実していた。

ちなみに、アルゼンチンでは湯沸かしポットに
温度調整機能付きのものをよく見かける。
マテ茶はストローみたいなのやつで飲むので
熱すぎると飲めないのだ。

それでも、ここのところよく飲ませてもらっているマテ茶は

熱すぎてびっくりすることがある。

 

夕食は明日からの本格的な上りに備えて
具がたっぷり入ったカレーを作った。

 

 

明日の朝食用に少し残したが
それでもお腹はパンパンに膨らんだ。

ここ最近、食べている量と運動量が釣り合っていないような・・・。
重たい体で果たして上り坂を越えていけるんだろうか。
 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

無題 2019年9月2日 633日目(コルドバ)

  • 2019.09.02 Monday
  • 23:05

日付:2019年9月2日(月) 天気:晴れ

移動距離:なし 総移動距離:27,466km

現在地:Cordoba(コルドバ)

 

アルゼンチンではなかなか日記の更新が追い付かない。
キャンプが多く、宿を使った時も
自炊することがほとんどだから
なかなか時間が取れないという状況だからだろう。

 

今日はため込んでいる日記を更新していく。
そんなわけで午前中はあっという間に過ぎ去り、
午後は自転車整備に時間を割いた。

後輪のスポークテンションはやはりおかしくて
ここ数日は再びカチカチと嫌な音が鳴り出している。
自分である程度は調整できるが
どこかでスポークを全交換した方がよさそうだ。

 

18時頃に夕食の買い出し行く。
ところが近くのスーパーのレジには長蛇の列が出来ていた。
仕事終わりに買い物をして行く人が多く
レジのスピードも日本とは比べ物にならないほど遅い。
全く進んでおらずレジだけで30分以上はかかりそう。

小さな商店、八百屋、肉屋、パン屋を渡り歩き
必要なものを取り揃えた。

 

明日からしばらくは山道に入っていく。
平坦な道に飽きてきていたからちょうどいい。
どんな景色が見られるか楽しみにしながら
今日も貸し切りの部屋で眠りについた。
 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

 

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

チェ・ゲバラと自分 2019年9月1日 632日目(コルドバ⇔アルタグラシア)

  • 2019.09.01 Sunday
  • 23:33

日付:2019年9月1日(日) 天気:晴れ

移動距離:自転車ではなし 総移動距離:27,466km

本日の移動:Cordoba(コルドバ)⇔Alta Gracia(アルタグラシア)

 

今日は潔さんと中村さんに案内されて
コルドバから車で1時間弱の場所にある
Alta Gracia(アルタグラシア)という町へ向かった。
全く聞いたことのない町だったが
チェ・ゲバラの博物館があるとのことで興味を持った。

 

昼前に近くの公園で待ち合わせ。
日曜の朝の公園はゆったりとした空気が流れている。

 

 

 

そこからコルドバの町を抜けアルタグラシアへ。
しばらくは住宅街が続いたが
ふと気がついたら牧場の中を突き進んでいた。

 
45分ほどでたどり着いたのは静かな町。
「コルドバのイエズス会伝道所とエスタンシア群」ということで
世界遺産にも登録されている。

町の中心に印象的な時計台があった。
1階部分が観光案内になっているので立ち寄る。

 
塔の上部も見学することができた。
4面共に時計がついているが
どれも時間が10分ほどずれている。

聞くとブエノスアイレスにいる職人にしか
この時計の時刻を合わせることが出来ないんだとか。
そんなことってこの時代にもあるの?
だいぶ古い時計なのか、作りが複雑なのか。

 

チェ・ゲバラの博物館に行く前にまずは腹ごしらえ。
おすすめのスペイン料理屋さんへと案内された。

白ワインを飲みながらパエリアの完成を待つ。

 

昨日のペルー料理もうまかったが
ここのパエリアも絶品。

魚介の旨味をここまで感じるのは久しぶりだ。

 

その後、チェ・ゲバラの博物館へ向かった。
ゲバラが幼少期を過ごしたのがここアルタグラシアだ。

そのかつて暮らしていた家が博物館になっている。

 

裕福な家庭で生まれ、医学を学び育った彼。
中南米をバイクで旅する中で革命家として目覚め、
カストロらと共にキューバ革命を成功させた。

 

 

 

 

政治家として活動している時期には世界各国を訪問している。

 

日本にも訪れていてその際の写真も展示されていた。

車の工場のようだ。

 

その後もアフリカのコンゴ、ヨーロッパのチョコスロバキア、
南米に戻りボリビアでも活動し、
最終的にはボリビアで命を落としている。

 

旅を始めるまでは名前くらいしか知らなかったが、
中南米では至る所で彼の足跡・功績を見てきている。
アメリカからすれば彼は今でいうところのテロリストになるんだろう。
ただ、中南米の人々にとっては間違いなく英雄である。

 

ぼく自身がこれまでに勉強してこなかっただけなのかもしれないが
日本でいわゆる普通の生活をしていたら彼のことを
詳しく知ることもなかっただろう。
それは日本で得られる情報はどうしても
アメリカの視点が強く影響しているからだと思う。

そんなことを改めて考えさせてくれるだけでも
ここに来た意味はあったような気がする。

 

そもそもゲバラ自身も南米をバイクで旅した時に
色々な地域の現状を目の当たりにしたことが
革命家として歩むきっかけになったわけである。

 

「自分探しの旅」という言葉を聞くことが多く、
それに対しては否定的な考えを持っているぼくではあるが、
自分の知らない世界を自分の目と耳で見聞きしていくことで
様々な角度からより深く物事を考えられるようになることは
自分をより豊かにしてくれている。

ゲバラの旅も最初はただの興味本位だっただろう。
それはぼくも同じ。
「見たことのない世界を見てみたい」というただの興味。
それでもこうして旅の中で得られることは
お金やものではないけれど、
自分の中の確かな財産である。

と、勝手ながら英雄に少しだけ親近感を覚えてた。

 

 

 

興味持った人はぜひwikipediaでも。
https://ja.wikipedia.org/wiki/チェ・ゲバラ

 

博物館を後にして小高い丘にある教会へ。
メキシコでもよく見てきたが、
グアダルーペに関係しているらしく
たくさんの人が訪れていた。
入口近くには神聖な水。
大きなペットボトルを抱えた人々が列を作っていた。

 

この岩窟にグアダルーペが浮き出るとかでないとか。

チェ・ゲバラの博物館の後だけに
より現実からかけ離れたところにあるような気がしてしまう。

 

 

 

夕方にコルドバに戻り
お世話になった2人にお礼を言ってお別れした。

 

昼食がたっぷりだったので夕食は軽めに済ませる。
自転車の整備もしたいのでもう1泊して
山道への準備をするとしよう。

 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

 

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

食べすぎる1日 2019年8月31日 631日目(コルドバ)

  • 2019.08.31 Saturday
  • 23:15

日付:2019年8月31日(土) 天気:晴れ

移動距離:なし 総移動距離:27,466km

現在地:Cordoba(コルドバ)

 

今日はパラグアイの民宿小林で出会った
コルドバ在住の潔さんと再会予定。
彼はもう10年以上もこの町に住んでいる。
コルドバに来たらぜひ連絡してと言ってくれていて、
アルゼンチン入国した辺りから
到着予定を何度か連絡していた。
ちょうど金曜日に到着できたので
土曜日の今日は昼からお会いすることができた。

 

10時過ぎに待ち合わせをしたので
町をふらふらと歩いていく。
けっこう冷え込んでいるので
ダウンやコートを着込んでいる人が多い。

 

 

 

約1ヵ月ぶりに潔さんと再会し、
昼食までは近くを案内してもらった。

 

セントロ近くにある市場へ。
アルゼンチンではあまり市場を見ていなかったので
ぼくにとってはけっこう新鮮。
市場のイメージはペルーやボリビアの
ごちゃごちゃしたものだったが、
ここはわりとすっきりしていて
生の肉や魚にぶんぶんとハエがたかっているようなことはなかった。

 

豚がこうして丸々一頭が売られているのは珍しい。
パーティーとかで丸焼き用にするんだとか。

 

その後、近くの潔さん行きつけペルー料理屋さんへ。
職場の上司の中村さんも加わり
3人で昼からビールとペルー料理を堪能する。
ペルーはメキシコと共に料理に大満足した国。
久しぶりに食べたロモサルタードは最高だった。
こっちの方が味は圧倒的に上品な感じだけど。

 

昼間だったけどけっこう飲んだ。
潔さんとはいったん解散して夜再び会う約束をする。
ここはアルゼンチンだし、
ドミトリーには他の客はいないから
せっかくなのでひと眠り。

 

夜の8時に潔さんと郊外の知り合いのお宅へと向かった。
「貧乏な家庭だから」と何度も念を押された。
確かにアルゼンチンではきれいで大きなお宅が多い。
ただ、ちょっと郊外に行ったりすると
場所によっては足を踏み入れないほうがいいかなと
思えるようなところもある。
ペルーやボリビアあたりでは当たり前だった家並みも
周囲がちょっときれいだと印象が変わってくる。

 

たどり着いたお宅は若い旦那さんと奥さん、
そして、3人子どもが暮らしていた。
今日は旦那さんと奥さんの誕生日お祝いということで
家でアサードをするらしい。
そこにぼくがお邪魔したという具合。
聞いていた通りに確かに裕福ではないとわかる。
それでも突然現れたぼくを笑顔で歓迎してくれた。

 

さっそく買い出しへ。
近くの肉屋さんへ車を走らせる。
大きな肉屋でたくさんの客で賑わっていた。

店内にはアサード用の炭まで積まれている。

 

 

色んな部位の肉をこれでもかってほど購入。

 

八百屋にもよって野菜も仕入れた。

 

サラミをつまみつつ肉が焼きあがるのを待つ。

 

 

 

炭焼きなのでじっくりと慌ててはいけない。

肉が焼きあがってくると次から次へと皿に運ばれて
食べるので大忙し。
みんなお腹が破裂寸前まで食べ続けた。

 

それにしてもアルゼンチンの牛肉はうまい。

味付けは塩だけなのにそれで十分。

赤みでも硬くならずに旨味が凝縮されている感じ。
日本では見かけないけど
ここの牛肉が世界一だと言われるのは納得できる。
 
ビールの後はこちらの酒も堪能。


FERNET BRANCAという酒。
アルコール度数が40度もあって
色んな薬草が使われている。
お腹に良かったり、疲れがとれたりするらしいが
あまりに苦いのでコーラで割って飲む。
その時点で体にいいとは言えないのではと思ってしまう。

 

最後にみんなで記念撮影。

 

2人の娘はすでにベッドでスヤスヤお休み中。

前の列の左側の親子は後からやって来たお客さん。

何はともあれ食べすぎ飲みすぎで
帰路についたのは1時近かった。

 

もちろんアルゼンチンではそのくらいが普通なわけで
ぼくの旅のスタイルもこの国では
少し変化していくことになるのは仕方ない。

 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

第2の都市コルドバへ 2019年8月30日 630日目(リオプリメロ→コルドバ)

  • 2019.08.30 Friday
  • 23:19

日付:2019年8月30日(金) 天気:晴れ

移動距離:59km 総移動距離:27,466km

本日の移動:Ro Primero(リオプリメロ)→Cordoba(コルドバ)

 

昨日のトラック移動のおかげで
今日は余裕を持ってコルドバにたどり着ける。
同じような景色に飽きてきていたので
トラックで一気に進めたのはありがたかった。
グアテマラでも何度か車に乗っているし、
自転車が壊れたボリビアのサンタクルスから
パラグアイのアスンシオンまではバスに乗っているから
何が何でも自走したい!という気持ちは全くない。

じゃ、バスで旅すればいいのにと思われそうだが
それはそれでまた違ってくるわけで。
自転車旅をする者ならばなんとなく真意はわかってくれるだろう。

 

宿を出てしばらく走ると高速道路のような道になった。
まだ工事中みたいな雰囲気ではあるが
片側二車線なのでとっても走りやすい。

 

雨予報の昨夜だったが結局雨は降らなかったようで。
でも、雲は多め。

 

昼を過ぎるといよいよ民家が目立ちだし、
車の量も増えてきた。
コルドバの町に入ってきたということだろう。
するとサイクリングロードが出現するから
アルゼンチンはありがたい。

 

行けるところまでこの道で進もうと快適に走っていたら
コルドバのセントロ近くまで入っていくことができた。

 
いくつか安宿を調べておいたので順番に見て回る。
外観からではほとんど判断できないけど
自転車が入れやすそうとか、
なんとなく雰囲気を見たいので予約はしていない。

 

そんな風にウロウロしていたら自転車屋通りを発見。
特に必要なものはないけど覗いてみたくなってしまう。

 

 

セントロからちょっと離れた宿にチェックインし
買い出しがてら辺りを散策。
アルゼンチンの第二の都市だが
ごみごみした感じもなければ都会というわけでもない。
スーパー、商店、パン屋さんはどこにでも見つけられる。
これだけの規模の町なのに「コンビニ」と呼べそうなものは
一切見当たらず個人商店が多い。
八百屋や肉屋も目に付くのがアルゼンチンの特徴。

 

 

教えてもらった日本食材を売っている店で味噌を見つけたので
今日は味噌鍋もどきを作る。
〆にうどんといきたいがさすがに高いのでパスタで代用。
これが悪くはないな〜と思っている今日この頃。

 

宿のドミトリーの部屋には客がぼく一人。
キッチンは使いやすく、部屋も広々しているのに
他にお客さんは来ないみたい。
こりゃ、ありがたい。
 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

トラックワープ 2019年8月29日 629日目(サンフランシスコ→リオプリメロ)

  • 2019.08.29 Thursday
  • 23:40

日付:2019年8月29日(木) 天気:晴れ時々くもり

移動距離:35km(自転車) 総移動距離:27,407km

本日の移動:San Francisco(サンフランシスコ)→Ro Primero(リオプリメロ)

 
風は夜には落ち着いたように思えたが
朝になってみるとやはり強い。
今日も風と闘いながら進んでいくことになりそうだ。

 

テントをはったのはこの芝生?の上。
これだけ見ると完全にキャンプ場だが
反対側にはガソリンスタンドがあり
たくさんのトラックが並んでいる。

 

近くの木の上には鳥の巣らしきものを発見。

 

今日の風は昨日以上に強烈。
風向きは変わってほぼ真南から。
西に進んでいるぼくにとっては左側からの風になる。
向かい風じゃないのはいいが、
左側からの風は車の影響をもろに受ける。
大きなトラックが横を通り過ぎると
ものすごい風圧が襲いかかってくる。

 

そんな中をふらふら走っていたら
前方で大きなトラックが路肩に停まった。

「風が強いから乗っていくかー?」と
運転席から出てきた兄ちゃんが声をかけてくれた。
この強風の中を走り続けるのは危険も伴うので
お言葉に甘えて乗せてもらうことにした。

 
超大型のトラックだが今は荷台が空っぽ。
乾燥したとうもろこしがぽろぽろと転がっているところに
自転車を載せこみ、ぼく自身は助手席へ乗り込んだ。

 

真っすぐな道をトラックはガンガン飛ばしていく。

 

対向車との距離が縮まり、トラック自身も時速100km近くで走っているので
向こうもトラックだと風圧がフロントガラスにぶち当たる。
ブォン!!とすごい音がなっている。
よく見るとフロントガラスにはヒビが入っているけど、
この風圧で割れたりしないよね・・・。

 

ドライバーの兄ちゃんはよく話しかけてくるんだが
その度にこっちを向いて話すから怖い。
カメラを向けるとポーズまで決めてくる。

頼むから前を向いて安全運転をしてくれ。

 

1時間ほどトラックに乗り、
今日たどり着く予定だった町をあっという間に過ぎて
Rio Primero(リオプリメロ)という町で降ろしてもらった。
天気予報で今晩は雨となっていたので
宿がある町がいいと話したら安い宿まで紹介してくれた。

 

14時を過ぎたところなのでちょっと早いけど
強い風の走るのは嫌なので
教えられたホテルにチェックイン。
確かにお手頃価格だ。

 

コルドバ到着まであと2日はかかると思っていたが
今日のトラックワープのおかげで
明日には問題なくたどり着くだろう。

コルドバではパラグアイの民宿小林で会った潔さんと再会する予定。
少しだけのんびりしようかな。
 

 

HPはこちらから→自転車世界一周の旅〜Feel the real, Tell the real〜

 

 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

 

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

PR

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • マラウイ湖畔ラストライド 2020年3月11日(水) 824日目(Nkhotakota→Salima)
    yasu (03/27)
  • 帰国の決断
    yasu (03/27)
  • 帰国の決断
    biei (03/25)
  • マラウイ湖畔ラストライド 2020年3月11日(水) 824日目(Nkhotakota→Salima)
    中田 (03/18)
  • のんびりサファリ準備 2020年1月31日(金) 784日目(Arusha)
    yasu (02/14)
  • 飛行機移動はやっぱり苦手 2020年1月20日(月) 773日目(Lisbon⇒Dubai)
    yasu (02/14)
  • のんびりサファリ準備 2020年1月31日(金) 784日目(Arusha)
    中田 (02/07)
  • 飛行機移動はやっぱり苦手 2020年1月20日(月) 773日目(Lisbon⇒Dubai)
    ネコシバ (01/29)
  • 痛みと共に初走行 2020年1月2日(木) 755日目(Sevilla→Huelva)
    yasu (01/28)
  • 痛みと共に初走行 2020年1月2日(木) 755日目(Sevilla→Huelva)
    中田 (01/22)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM