2018年8月30日(木) 265日目(米国 フェニックスの中心)

  • 2018.08.30 Thursday
  • 23:06

日付:2018年8月30日(木) 天気:晴れ

移動距離:なし 総移動距離:14,122km

本日の移動:Phoenixの中心

 

グランドキャニオンへ5時前には出発するというLauraを見送ろうと思っていたのだが、
たいして疲れてもいないのに6時頃までしっかり睡眠をとっていた。
起きた時にはぼくとねこのPisicaしか家には残っていなかった。

 

今日はメキシコに向けてしっかり準備を進めた。
午前中はたまっていた日記の更新と今後のルートの確認。
午後はタイヤ(昨日のうちに買っておいた。)を交換したり、
ホイールの調整をしたりして、自転車の整備をした。

 

暗くなる前に夕食の買い出しを済ませ、家に戻って準備をする。
家にて一人の夜を過ごすなんて旅に出てから一度もなかった気がする。
もちろんキャンプ場に一人だけということは何度もあったけど、
それとは違ったちょっとした孤独感のようなものがある。

そう思っていたら外をふらついていた猫のPisicaが猫用の小さな扉から家に戻ってきた。
ぼくの気持ちを察したのか、にゃーにゃーと近づいてきて足にまとわりつく。
人懐っこい猫である。

  

ぼくが寝ようとしたらベッドに上がってきてウトウトしている。

 

今日で準備はだいぶ進んだけど、あとちょっとだけやっておきたいことがあるので
明日も走らずにPisicaと一緒に過ごすとしよう。
 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

 

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

2018年8月29日(水) 264日目(米国 フェニックスの北→フェニックスの中心)

  • 2018.08.29 Wednesday
  • 23:47

日付:2018年8月29日(水) 天気:晴れ

移動距離:49km 総移動距離:14,122km

本日の移動:Phoenixの北→Phoenixの中心

  

明日は簡単なアボカドトーストじゃなくて、しっかりとした朝食を作るから!と
昨日のうちに告げられていた。
いや、今朝食べたアボカドトーストでも十分しっかりした朝食だけどと伝えると、
自転車旅にはもっとカロリーとプロテイン(タンパク質)が必要よ!と返されてしまった。
そして作ってくれた朝食がこちら。


好きなだけ食べてと言ってくれたので、朝からこのボリュームを2皿食べてしまった。

 

暑くなってしまうので8時頃にはAmandaに別れを告げて走り出した。

今日はPhoenixの中心部へと入っていく。
フリーウェイを避けてなるべく車の通りが少ない道を選んで走り続ける。
途中までは閑静な住宅街といった雰囲気だったが、
町の中心が近づいてくると車の数が増え、路肩が急激に狭くなっていった。
うまい具合にサイクリングロードを見つけて走ることもできたが、
最終的には車がビュンビュン通る真横をすり抜けるように走るしかなかった。

 

今日は1週間ほど前にフラッグスタッフのBrewingで偶然知り合ったLauraの家にお世話になる。
自転車で旅している話をしたら、フェニックスに来たらうちに泊まりなよと言ってくれたのだ。
ただ、フラッグスタッフから大回りした上に、
昨日は連泊までしているので以前に告げていた到着日より遅れてしまった。
そのため彼女は不在。それでも好きに使っていいからと連絡をくれた。
教えてもらった場所から鍵を見つけ出し、誰もいない家へお邪魔する。
ここが彼女の家で間違いはないのはずだが、誰か知らない人の家だったらどうしよう・・・。

なんて不安を抱いていたぼくを安心させるものを発見。

(鍵があった時点で彼女の家に間違いはないんだけど。)

 

 


メールのやり取りではLauraは帰宅しないと思っていたぼくだが、
夕方の6時頃になって彼女が帰ってきた。
玄関を開けて人が入ってきたことにかなりびっくりしたが、
よくよく聞けば、いないのは明日からとのこと。
良かった・・・。荷物をそこまで広げていなくて。

 

「ご飯食べた?何がいい?食べに行きましょう。」と言って、
近くのアジアン料理のレストランへ案内してくれた。

日本のビールもあるとのことでそちらを注文。

 

アメリカも終盤に差し掛かったタイミングでキリン一番搾りを飲むことになるとは。

料理はご飯に牛肉を甘辛く炒めたものが添えられているもの。
やや味は濃いめだったが肉は柔らかくてうまい!

 

ちなみに彼女はビーガンなのでビーガン用のメニューを注文していた。
ビーガンとは、日本語にすると完全菜食主義者となり漢字が7文字も並ぶ。
日本では少ないが、海外ではベジタリアンやビーガンというのはごく普通。
レストランのメニューやスーパーで売られている商品にも
ベジタリアン向け、ビーガン向けなどという表示が記載されている。
実際にぼくがこれまでにお世話になった人たちの中にも
ベジタリアン、ビーガンはたくさんいる。
理由はさまざまなのでぼくから聞くことはないが、
別に修業をしているわけでも、自分を追い込んでいるわけでもない。
動物性食品からでなくてもタンパク質は補えるってわけだ。

 

明日の早朝から彼女は5日間ほどグランドキャニオンへトレッキングに行くらしい。
年季の入ったバックパックには食料や水の他にボートまで入っているという。
南側の崖を下り、川を渡って北側の崖を上っていくんだとか。

好きなだけ泊っていっていいからという言葉に甘え、
少なくともここに2泊するつもり。
自転車整備とその他もろもろ。ここで一気に終わらせてしまいたい。

 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

 

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

2018年8月28日(火) 263日目(米国 フェニックスの北)

  • 2018.08.28 Tuesday
  • 23:06

日付:2018年8月28日(火) 天気:晴れ

移動距離:なし 総移動距離:14,063km

本日の移動:Phoniexの北

 

今日は走りもしないのにAmandaが朝からアボカドトーストを作ってくれた。
「簡単でごめんね〜」と言うが、全くそんな風には見えない。

 
彼女は料理が好きで、友達を呼んで家でパーティーをすることがけっこうあるみたいだ。
そんな彼女もサイクリスト。
数年前にはアメリカを自転車で横断している。しかも、たった6週間で。
ぼくは南北を走り切るのに3ヵ月かけているんですが・・・。
まぁ、旅のスタイルはひとそれぞれだ。

 

話を聞いているだけではよくわからないが、何やらHorseがいる場所に連れていってくれるとのこと。
車に乗って数十分。たどり着いたところは厩舎のようだ。
人間が観光用や荷運び用に飼っていて怪我をしてしまった馬や、
もともと野生で弱ってきてしまっている馬を保護し育てているみたい。
英語の説明なので全てを把握することは出来なかったが、
確かに体に傷を負っている馬が多いような気がした。

 

 

こんなに近くで馬を見て、にんじんをあげたり撫でたりするのは初めての経験。

温かくて弾力がある。

走っている姿を想像することが多い馬だけど、意外とのんびりしている。
そして、彼らはとにかくよく食べる。ひたすらにむしゃむしゃしていた。
でも、干し草よりもにんじんの方が好きらしい。

 
その後、Amandaがお世話になっている自転車屋さんへ。
スプロケット、チェーン、ワイヤーの交換を行った。
まぁ、自分でもできることではあるが、プロにやってもらった方が安心。
それに料金もかなり良心的だった。ありがたい。
タイヤはなかったので町の中心の自転車屋で手に入れよう。

 

午後、ぼくはため込んでいる日記を更新。
Amandaは仕事。と言っても彼女はライターなので、家で仕事をしている。
こうして日記を書くのにも苦労しているぼくにとって
「書くこと」を仕事にしている彼女を本当に尊敬してしまう。

人にインタビューしてそれを記事にしたり、お店の紹介の文章を書いたりしているらしい。
ぼくにもいろいろと質問をしてきていたのは、そういう仕事をしているからか。
妙に納得してしまった。彼女は本当にたくさん話しかけてくれるのだ。
英語ではなかなか自分から話題を切り出しにくいのでけっこうありがたい。

 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

 

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

2018年8月27日(月) 262日目(米国 ピープルズバレー〜フェニックスの北)

  • 2018.08.27 Monday
  • 23:31

日付:2018年8月27日(月) 天気:晴れ

移動距離:118km 総移動距離:14,063km

本日の移動:Peeples Valley→Phoenixの北

 

良かったら途中まで一緒に走らせてくれというArtと共に走り出した。

 
彼はエレクトリックバイクに乗っている。
こんな時、大抵は地元の人が前を走りそうなもんだが、
彼は「先を走りな〜」と言ってぼくが前で走ることになった。

今日は雲一つない天気。
フェニックスは暑い!と色んな人から言われているので、今日の午後は厳しくなりそうだ。

うしろを走っているArtに気を使い、いつもよりのんびりと走った。
肩と腰を痛めているという彼。
エレクトリックバイクと言ってもどのくらいのスピードが出るのかよくわからん。

 

最初の長い上り坂に差しかかった。ぼくはギアを落としてペダルをシャカシャカ回す。
するとArtが声をかけてきた。

「この区間はあまり好きじゃないから先で待っているよ。」

「え?先って・・・?」とぼくが返事をしようとしていたら、
風のようにぼくの横を通り過ぎてあっという間に見えなくなってしまった。
「は、はやっ!!」
思わず日本語で叫んでしまった。恐るべき電気の力。

 

10kmほど一緒に走って彼とは別れた。
最初こそ上りがあったが基本的にフェニックスまで下りが続く。

 

 

崖に沿って長い下り坂をうねうねと走っていくと明らかに植生が変わった。
昨日までの緑に覆われた土地から乾燥した大地へが姿を見せる。

そして道の左右にはぼくの背よりも高いサボテンが目立ちだした。

 


いよいよメキシコが近づいてきていることを改めて実感する。
そして、気温は上昇し久しぶりに肌が焼けるように暑い。

途中の町で休憩をとりながら走り続け、
16時頃にフェニックスの北側にある住宅街へと入っていった。

 
1週間以上前に滞在したフラッグスタッフという町からここまでは、
フリーウェイを使えば自転車でも2、3日でたどり着く。
だが、車の多い道を避けたかったぼくはわざわざ遠回りをして、
山を越えて1週間もかけてここまでやってきた。

メキシコ前の最後の大きな町となるここフェニックスでは、
自転車の整備、スペイン語の予習、気持ちの準備などいろいろとやっておかねばならない。

 

今日はWarmshowersのHostであるAmandaのお宅にお邪魔した。
夜は友達も家にやってきて一緒に食事。
暑い中走ってきたのでまぁビールがうまい!
そして、作ってくれたこの料理がこれまた最高だった。

 

お言葉に甘えて明日も泊まらせてもらいます・・・。
しばらくキャンプをしていない。この先、またキャンプ生活に戻れるだろうか・・・。
 

 

※現在(8月31日)、いまだにフェニックスにいます。かなり暑いです。

 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

2018年8月26日(日) 261日目(米国 プレスコット〜ピープルズバレー)

  • 2018.08.26 Sunday
  • 23:57

日付:2018年8月27日(月) 天気:晴れ

移動距離:58km 総移動距離:13,975km

本日の移動:Prescott→Peeples Valley

 

「おれもYasuみたいな長い自転車旅がしたいよ。」と羨ましそうに話していたMark。
つい最近も自転車で1週間ほど旅をしてきたようだ。
ぼくのように長い旅をしていると感覚は麻痺してくるけど、
仕事をしていた時のことを考えると、1週間の自転車旅ってなかなかできない。
日本よりもこっちの方が長めの休みが取りやすいのだろうけど。

ありがとう!

 

今日は最初にちょっとだけ上りがあって、そこから森や草原の中をほとんど下っていった。
風がやや強いけど距離が短めだったのでそこまで気にならない。

  

 

ここは長めの上りだったけど・・・。

 

標高を下げていくにつれてじわりじわりと空気に熱を感じるようになってきた。

50kmちょっと走ったところでハイウェイをそれる。
牧場の間にのびる道を2kmほど進んだ高台に小さな集落があった。
まるで、他から隔離された島のような雰囲気。
そこに住むArtのもとを訪ねた。

「ここは物置みたいな場所だったんだ。」という彼。
仕事をリタイヤしてからは奥さんとキャンピングカーであっちこっち行っていたらしい。
時々、この場所に戻ってきてしばらく過ごして、また旅をするという生活だったとか。
そんな奥さんは2ヵ月前に癌が原因で他界した。
今はここで一人で生活していて、時々自転車で旅をするそうだ。

 

エレクトリックバイクは充電が必要だからそれが大変。
それに自転車で旅をする人からするとエレクトリックバイクは邪道だと思われると、
しきりにそのことを気にしていた。
ちなみに日本でよく見かけるママチャリスタイルの電動アシスト自転車ではなく、
かたちはマウンテンバイクのエレクトリックバイクである。
日本でも売られているのを時々目にするけど、こっちではそこそこ見かける。

 

料理はあまりしないんだよな〜と言いながらステーキを焼いてくれて、
それを小さなテーブルで2人で食べた。
小さな集落でとっても静かだった。満月がきれいな夜だった。

 

 

※現在(8月30日)、フェニックスという町にいます。

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

2018年8月25日(土) 260日目(米国 コットンウッド〜プレスコット)

  • 2018.08.25 Saturday
  • 23:51

日付:2018年8月25日(土) 天気:晴れ一時雨

移動距離:89km 総移動距離:13,917km

本日の移動:Cottonwood→Prescott

 

今日は大きな山越えがある。けっこう険しいらしい。
まぁ、これまでいくつも越えてきているから問題ないだろうと気楽に考えているぼくだが、
GeniとPeterの2人は自転車にくっついている大量の荷物をやや心配そうに見ていた。

気温が上がる前に山を越えてしまいたかったので早めに出発した。

 

いったん町まで下るが、そこから約25kmは上りが続く。
遠くには山が見えており、中腹にある町を通り過ぎていくことになる。

序盤こそ勾配は大した事なかったが、次第に急坂へと姿を変えていった。
つづら折りの道が続き、見上げて先に続く道を目指してひたすら進んでいく。


カーブが多いのに車がけっこう走ってくるのがやっかいだ。

中腹に見えていたJeromeという町に入った。


町に入れば少しだけ楽になるかと思ったが、
この町は坂の途中に作られていて、町なかの道は信じられない勾配になっている。
立ちこぎでなんとか進んでいけるレベル。
一気に汗が吹き出してきた。

この町で冷たい飲み物でも買って少し休憩しようと考えていたが、
いつの間にか町を通り過ぎて再び崖沿いの道が始まってしまった。
わざわざ上ってきた激坂を引き返してお店に行くのは嫌だったのでそのまま走り続けた。

 

が、予想以上に気温が上がり、勾配も急なためけっこう水を飲んでしまっている。
さらに、朝食をしっかりとったにも関わらず3時間も上り続けていたので
エネルギーが切れかかってきているのを感じる。
出発間際にいただいたバナナとリンゴを食べてそれをなんとか凌いだ。

8時半に出発して12時を過ぎてもいまだに上り続けていた。

  


そのころになると遠くで雷が鳴り出し、雨がぽつぽつと落ちてきてしまった。
最後の数キロを気合いで走り切って本降りになる直前に頂上にたどり着いた。

 
レストエリアがあって、これまたいい具合に屋根のある場所を発見。
しばらくここで雨宿り&休憩をとる。

下り坂で雨が降っているとスリップしやすいだけでなくブレーキの効きも悪い。

1時間ほどようすを見て、その後一気に山を下っていった。
そのままPrescottという大きな町まで下っていけるのかと思ったが、
下り坂はいつの間にか平坦な道へと変わっていき、
さらに強向かい風まで襲ってきた。
午前中の上りによって疲労がたまっている体にはそれがけっこうこたえる。

また、町に入る手前からショートカットできると思って進んだサイクリングコースは、
砂利道へ変わり、最終的には行き止まりとなって行く手を阻む。
1時間も無駄に走ってしまった。

 
いったん上がっていた雨が再び降り出して、
空のようすからして雷を伴う大雨になるだろうと予想できる。
疲れている体に鞭をうって何とか走り切った。

Prescottの町の周辺は面白い岩がけっこう見られたんだけど、雨が降っていたので写真はなし。
今日はなかなかハードな1日だった。
 

 

※現在(8月30日)、フェニックスという町にいます。

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

2018年8月24日(金) 259日目(米国 フラッグスタッフ〜コットンウッド)

  • 2018.08.24 Friday
  • 23:10

日付:2018年8月24日(金) 天気:晴れ

移動距離:92km 総移動距離:13,828km

本日の移動:Fragstaff→Cottonwood

 

2日間お世話になったSueに別れを告げて走り出す。


彼女ももちろんサイクリスト。アメリカ横断したり、ヨーロッパを旅したりしている。
来月はカリフォルニア周辺を走る予定だとか。

 

久しぶりに大きな町だな〜と感じたフラッグスタッフだが、
ちょっと走れば森の中へと入っていく。
しばらくは広い道だったが、次第に道は狭くなりさらにガタガタと荒れだした。
車も多いのでちょっと走りにくい。

  

セドナという町に近づいていくと道の両側に赤い大きな岩が目立ちだした。
モニュメントバレーやグレンキャニオンあたりの岩に近いような気がする。
ただ、ここには緑もけっこうあるのでまた違った雰囲気もある。

 

 

 

小さな町になっていて、建物は景観を損ねないように全て茶色で統一されていた。
ちなみに、マクドナルドのマークは黄色ではなく薄い緑色をしていた。

 

セドナを抜けて緩やかな下り坂をシャカシャカと快調に走っていく。
が、前方の天気はかなりあやしい。

建物がなく遠くの空まで見渡せるので、
大きな雲やそこから雨が降っている様子もはっきりと確認できる。
あの雲の中に突入するのは嫌だな〜と考えながら走っていたら
いつの間にか目的地のCottonwoodの町へとたどり着いてしまった。

 

お世話になるGeniとPeterは金曜日は町のBrewingに行くことが多いらしい。
昨日も地ビールを飲んで、今日も飲めるなんて幸せ。

カナダでもそうだったがそれなりの大きさの町には
クラフトビールを作っているBrewingが必ずと言っていいほどある。

そして、今日も彼らの仲間の中にぼくがお邪魔するかたちになった。
昨日もそうだったが、仲間とビールや食事を楽しむ場所に連れていってもらうことが本当に多い。
海外から来た旅人をそんな風にして仲間に紹介するのは日本ではあまりないような気がする。
そういえば、そんな場面でもそれなりに会話に入っていけているのは、
以前よりも英語が聞き取れるようになっているということだろうか。

ただ、あと数週間でメキシコ入り。必要なのはスペイン語だ。

 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

 

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

2018年8月23日(木) 258日目(米国 フラッグスタッフ)

  • 2018.08.23 Thursday
  • 23:27

日付:2018年8月23日(木) 天気:晴れのち雨

移動距離:なし 総移動距離:13,736km

本日の移動:Fragstaffに滞在

 


「ゆっくりしていっていいわよ。」というSueの言葉に甘えて2泊させてもらうことにした。
体調も決して良くはなかったので本当にありがたい。

 

近くに(と言っても自転車だと1日以上かかる距離)に2つのナショナルモニュメントがあるということで、
ドライブに連れていってもらった。
1つ目がWupatki Narional Monumentというところで、
12〜13世紀ころの先住民の住居跡を見ることができる。
日本では平安から鎌倉時代か、とそのへんの知識はあまりないけどぼんやりと考える。
そんな住居跡は、砂漠の中にポツンと残っていて、
こんな場所に暮らしていたの!?と驚いてしまう。

 

それに日干しレンガを積み上げて作られているとっても簡単な作りなのだ。
でも、確かに日陰になるだけで十分に涼しくなるような気もする。

このあたりで農業も行っていたみたいだ。

 

そんな道の途中にはカラフルなこいつがじっとほとんど動かずに遠くを眺めていた。

 

 

遺跡はいくつか保存されていて高台にあって周囲を見渡せるものもある。
日本ならお城を作りそうな場所。

  

みんなが集まって農作業をする場所だったとか。

 

そして、ビジターセンターの近くにあるここが一番大きな遺跡が残っていた。

レンガを積み上げているが、自然の岩をそのまま活用している場所もあった。

 

 

この子どもたちは「Lizard(トカゲ)!!」ととってもきれいな発音で叫んでいた。
こんな子どもたちでもぼくより英語が堪能だ。

 

続いて近くにあるSunset Crater Volcano National Monumentへ。
こちらは火山の噴火によって流れ出た溶岩の跡が残っている。

流れ出した溶岩が固まってゴツゴツとした黒い岩になっている。

 

周辺を歩くトレイルがあってそこをちょっとだけ歩いた。
Sueのペースがけっこう速いのでついて行くのが大変。

 

遠くの方で雷がなっているな〜と思っていたが、
一通り見学を終えて車で家に戻っているところでその雲の中へと突入した。

ものすごい勢いの雨。ワイパーをフルスピードで動かしても前方を確認できない。

でも、車で走っていたら5分ほどでその区間は抜けていってしまった。
自転車だったらずぶ濡れになっていたことだろう。

 

お昼を過ぎて家に戻り、ぼくはため込んでいた日記を更新する。
ふと外に目をやると、住宅街になっている家の外には鹿がのんびり散歩していた。

 

夕方になって町のBrewing(地ビールが飲めるバー)へと連れていってもらった。
ぼくを入れて7人の仲間で飲んだのだが、
知り合いだけじゃなく初めて会う人もいるようでなかなか面白い空間だった。

 

その後、ぼくとSueとフェニックスから来ているLauraの3人はメキシコ料理のお店に移動。
ぼくがお腹を空かせているだろうということで気を使わせてしまった。
事実、こっちではそういったバーではあまり食事はとらない。

メキシコ料理のお店は日本よりも圧倒的に数が多い。
個人的にけっこう好き。ここのタコスもおいしかった。


が、そこまで辛くないものを注文したのに食べてみるとけっこう辛い。
あとちょっとで本場のタコスを食べることになるだろう。
果たして大丈夫なのだろうか・・・。

 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

 

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

2018年8月22日(水) 257日目(米国 ウィリアムズの手前〜フラッグスタッフ)

  • 2018.08.22 Wednesday
  • 23:35

日付:2018年8月22日(水) 天気:晴れ時々雨

移動距離:58km 総移動距離:13,736km

本日の移動:Williams手前の森→Fragstaff

 

近くに湖があったので夜明けとともに見に行った。
鳥まで飛んでいてなんだかいい感じの朝。その鳥はからすだけど。

  

キャンプ時の料理に使っている魔法の粉part2。


以前はカレー粉を紹介したけど、このガーリックパウダーもかなり重宝している。
ラーメン、パスタ、チャーハンなんかに使えてグッと食欲が増す。

息が臭くなるとか、そんなことを気にするような生活ではないのでそのへんは問題ない。

 
しばらくはフリーウェイを走らざるをえない。
できれば避けたかったが道が他にないんだから仕方ない。
ところが、その道が工事中で路肩が消えていた。

最初は道路の端っこのアスファルト部分を走っていたが、
あまりにトラックが多いのでそれは諦めて、
大きめの石が敷き詰められている場所をふらふらと走る。

 
ところどころで深い砂利になっているから押して歩かなくてはならない。
でも、そんな路肩には黄色いきれいな花が咲き乱れていた。

お昼を過ぎてフラッグスタッフという町が近づいてきた。
今日はこの町でWarmshowersを使ってお世話になるわけだが、
あとちょっとというところで雨が降り出した。
無理矢理走り切ってしまおうと思ったが、
その雨粒は次第に大きくなってきてしまい走れるレベルじゃなくなった。
大きな木の下に逃げ込みしばらく様子をみる。

 
服が濡れてしまったので寒さすら感じる。

ここ数週間、暑さ&乾燥と闘ってきたのに今日は雨と寒さに耐えなければならない。
小雨になったところでレインウェアを着込んで走り出すも、
再び大雨になり木の下に退避。そんなことを数回繰り返して町へ入っていった。

このフラッグスタッフという町だが、かなり大きな町で驚いた。
この規模の町はソルトレークシティ周辺を離れて以来だろう。
つまり、アメリカといえども1ヵ月以上は小さな町を通ってきたわけだ。

 

宿泊をお願いしていたSueの家へ向かった。
夕食に豆腐を使ったヘルシーでとってもおいしい料理を作ってくれた。

サイクリストが来たらたくさん野菜を出しているのよという彼女。
そうなんです。完全に野菜不足なんです。
でも、この3ヵ月は体調をほとんど崩していない。
ひょっとしたら野菜は必要ないのかも。炭水化物とタンパク質で生きていけるかも。
いや、こうしてお世話になっている家庭でたくさん補給しているからか。
 

そんなぼくは急に寒くなったのでなんだか体調が良くないような・・・。

というわけでたっぷり食べて早めに寝かせてもらうことにした。

 

 

※現在(8月28日)、フェニックスの北の端にいます。元気です。

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

 

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

2018年8月21日(火) 256日目(米国 グランドキャニオン国立公園〜ウィリアムズの手前)

  • 2018.08.21 Tuesday
  • 23:05

日付:2018年8月21日(火) 天気:くもりのち晴れ

移動距離:110km 総移動距離:13,678km

本日の移動:Grand Canyon National Park→Williams手前の森

 

3泊もしたグランドキャニオンのキャンプ場を出発した。
あまりのんびりしていると「もう1泊・・・」と思ってしまうので、
朝早くから走り出すことにした。

 

ここに着くまでにけっこう上ってきたので今日は下りかと思ったが、
しばらくはこのまま標高を上げた状態が続くようだ。
アップダウンが繰り返す道を進んでいくことになった。
それにしても今日は風が強い。それも向かい風。
遠くの方で風力発電をしているようすを確認できることから、
風が強いエリアであるみたいだ。

 

途中で進路を変えてフラッグスタッフという町を目指すつもりだったがあまりに風が強いので断念。
そのまま南へ走り続けてウィリアムズという町を目指すことにした。
森が続いているのでどこでも野宿できそうだったが、
何たってビールの持ち合わせがない。できれば町へ入りたいのだ。

が、その途中でパンク。

タイミングよくガソリンスタンドがあったのでそこで飲み物を補給しつつ修理する。

 

太陽が沈みかけてきたところでウィリアムズという町に入った。
鉄道でのグランドキャニオン観光の拠点になっており観光客がけっこう多い。
さらにルート66というアメリカ西部の開拓をする際に重要だった道が通っており、
ところどころで面白い看板なんかを見かける。
が、そのあたりはあまり興味がないのでビールだけ購入し来た道を戻る。
そして、目をつけていた森の中へ。

 

ここなら静かにキャンプが出来そうだ。
 

 

※現在(8月28日)、フェニックスという町の北の端にいます。

 

 

ランキングに登録しています。

クリックをお願いします。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(自転車)へ
にほんブログ村

 


世界一周ランキング

 

JUGEMテーマ:世界一周の旅

PR

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • マラウイ湖畔ラストライド 2020年3月11日(水) 824日目(Nkhotakota→Salima)
    yasu (03/27)
  • 帰国の決断
    yasu (03/27)
  • 帰国の決断
    biei (03/25)
  • マラウイ湖畔ラストライド 2020年3月11日(水) 824日目(Nkhotakota→Salima)
    中田 (03/18)
  • のんびりサファリ準備 2020年1月31日(金) 784日目(Arusha)
    yasu (02/14)
  • 飛行機移動はやっぱり苦手 2020年1月20日(月) 773日目(Lisbon⇒Dubai)
    yasu (02/14)
  • のんびりサファリ準備 2020年1月31日(金) 784日目(Arusha)
    中田 (02/07)
  • 飛行機移動はやっぱり苦手 2020年1月20日(月) 773日目(Lisbon⇒Dubai)
    ネコシバ (01/29)
  • 痛みと共に初走行 2020年1月2日(木) 755日目(Sevilla→Huelva)
    yasu (01/28)
  • 痛みと共に初走行 2020年1月2日(木) 755日目(Sevilla→Huelva)
    中田 (01/22)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM